カテゴリー別アーカイブ: 北見

浮気離婚問題 覚悟のない言葉は届かない

例えば、夫の浮気が発覚する。

夫は開き直り、逆ギレ。

文句があるなら、離婚でも何でもすればいいだろう・・・

俺は浮気をする前から離婚を考えていたんだ・・・

お前と結婚したことは、人生の失敗だった・・・

夫は思いつく限りの悪態をついてくる。

このような状況に直面している奥さんたちは多いのです。

ここで重要な点が1つあります。

それは「覚悟のない言葉をいくら言っても意味がない」です。

浮気を止めなければ、私はアナタと離婚します・・・

キチンと謝らなければ、私は子供を連れて家を出ます・・・

相手の女性を訴えるわよ・・・

いくら妻が夫に対して言葉を投げかけても、

そこに「覚悟」がなければ意味がありません。

「どうせそんなことを言ってもできるわけがない」と

思われてしまえば、逆に夫を付け上らせてしまうだけです。

言葉は覚悟が伴ってこそ、相手に届きます。

覚悟のない言葉を100回言っても、夫を付け上らせるだけです。

(株)アイシン探偵事務所では北海道全域で
浮気調査・素行調査・盗聴器発見調査・家出人調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  北見市ホームページ

カテゴリー: 北見 | タグ: | コメントは受け付けていません。

浮気問題 されるのではなく、決断する離婚

身勝手な浮気をしたあげく、強引に離婚を要求してくる夫たちが多い。

自分の浮気がバレそうになると、妻にいろいろな文句をつけて離婚を迫る。

もう、お前のことは女として見れない・・・・

お前は子供たちの母親でしかない・・・・

もう、これ以上、お前を嫌いになりたくない・・・・

俺は離婚できなければ、死んだほうがましだ・・・・

今、黙って離婚すれば、養育費は払ってやる・・・・

夫婦というものは、当然のごとく一対一の関係である。

夫・・・・対・・・・妻

毎日、夫に理不尽な離婚要求をされ続けると、

離婚をしない自分が悪いのだと思えてくる。

このような思考になってしまうのです。

でも、妻はここが踏ん張りどころです。

離婚したのか?  離婚されたのか? では全く違います。

こんな夫、こっちから離婚だわ・・・・・

これだけ慰謝料を払わせたんだから離婚して正解だったわ・・・・

養育費も慰謝料も親権も財産分与も全部勝ち取ったわ・・・・ 等と

どこかで自分が納得できた上で離婚をする。

または、納得ができないのであれば、離婚などしなければ良いのです。

探偵はハッキリと言います。

離婚するのか? 離婚されるのか? では意味合いが全く違います。

当然のごとく、自分が納得できる離婚をするべきです。

もし、納得できなければ、「私はアナタと離婚しません」と言いきって下さい。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌市・北見・白滝・留辺蕊・紋別・網走・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵事務所  北見市ホームページ

カテゴリー: 北見 | タグ: | コメントは受け付けていません。

結婚相手は慎重に

探偵は仕事を通じ、たくさんの人と関わらせていただく。

その上で言わせていただくと、「他人の悪口を言う人とは結婚しない」

結婚は人生の大きな決断です。

できることであれば、幸せになれる相手と結婚したい。

結婚を決断するポイントとして「他人の悪口を言わない人」を選ぶことです。

他人の悪口をいつも言っている人は、

人の良いところを見ようとせず、悪いところを見ようとする。

ですから、そのような人との結婚はうまくいかない可能性が高い。

あの上司は本当にバカなんだ・・・

あの部下は使い物にならない、早く辞めればいいんだ・・・

アイツなんか死ねばいいんだ・・・ 

他人の悪口を聞いていることも嫌なものです。

探偵はハッキリと言います。

今、結婚を考えている方へ。

他人の悪口を言わない人と結婚しましょう・・・・。

(株)アイシン興信所では札幌市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・盗聴器発見調査・家出人調査・結婚調査 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  北見市ホームページ

カテゴリー: 北見 | タグ: | コメントは受け付けていません。

浮気調査と費用対効果

例えば、夫の浮気問題で悩まれている妻。

夫は逆ギレをして開き直る。

なんの証拠があってそんなことを言っているんだ・・・

お前のそういう疑りぶかいところが嫌なんだ・・・・

お前の性格が嫌だから離婚しろ・・・・  

このような時の選択肢は3つ。

1.夫の浮気問題には触れずに結婚生活を続ける。

2.夫の浮気問題を不問にして離婚を決断する。

3.探偵に調査を依頼し、夫の浮気証拠をつかみ、離婚する。

1については、当面は夫の浮気問題をあえて放置する。

3の証拠をつかみ、離婚をする決断をする・・・についての場合、

浮気調査の費用対効果を考えなくてはなりません。

夫の浮気と「財産分与」、「養育費」の金額は関係ありません。

つまり、夫の浮気問題において発生するのは「慰謝料」です。

ですが、浮気調査にかかる費用対効果の最たるものは

「事実関係をハッキリとさせる」ことだと思います。

アナタの浮気が原因で浮気をすることになりましたよね・・・と妻が言えること。

また、事実関係をハッキリとさせることにおいて、離婚の主導権を得る。

そのようなことも浮気調査における費用対効果であると考えます。

今、浮気調査をご検討の方へ・・・・

まずは、浮気調査における自分自身の費用対効果をお考えください。

(株)アイシン興信所では
苫小牧・登別・、室蘭・伊達・函館・札幌・江別・旭川・帯広・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  北見ホームページ

カテゴリー: 北見 | タグ: | コメントは受け付けていません。

浮気の言い訳など聞かない。

近年、本当に浮気がバレタ時の往生際が悪い。

ラブホテルから出て来るところを押さえられても、カラオケをしていただけだ・・・・

出張といって出かけ、浮気相手と旅行に行っているのがバレテも、

たまたま、出張先で偶然に出会っただけ・・・・

毎日、浮気相手の女性のところに宿泊しているのがバレテも、

相談事を聞いていただけだ・・・・

クルマの中で浮気相手と抱き合っているところを妻に踏みこまれても、

別れの挨拶をしていただけだ・・・・   等など。

とにかく、明日バレル嘘も、とりあえず言ってくる。

浮気をしていたか、どうかは当事者が一番、分かっているはずである。

以前の離婚裁判は、慰謝料の金額が争点だった。

300万円も払えない・・・・200万円なら払う 等と浮気の事実は認めたものです。

だが、最近の離婚裁判は、ラブホテルに行ったが浮気はしていない。

一緒に旅行に行ったが、セックスはしていない。

そもそも、浮気などしていないとの争点になる。

この原因については2つ。

一つ目は浮気当事者たちの往生際が悪くなってきたこと。

二つ目は弁護士の質の低下がある。

以前であれば、往生際の悪い依頼人を諭したものです。

弁護士  「ラブホテルに行っていて、浮気をしていないとは通じませんよ」

       「往生際の悪い言い訳をしていると裁判官の心象が悪くなるだけですよ」

だが、最近は弁護士も依頼人が明らかに嘘を言っているのに、

「ま! 依頼人がそういっているのだから、そのように主張しよう」と

以前のように依頼人を諭す弁護士が少ないように感じる。

探偵はハッキリと言います。

浮気をしている人たちへ。

浮気がバレたら、せめて往生際をよくしてください。

浮気をしたのか? セックスをしていたのか? を

自分自身が一番分かっているはずです。

浮気当事者を弁護する弁護士さんたちへ。

依頼人が明らかに嘘を言っている場合、その嘘を諭してください。

無用に裁判を長引かせるのが、弁護士さんの仕事ではありません。

(株)アイシン興信所では
釧路・根室・網走・北見・帯広・旭川・札幌・千歳・苫小牧・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  北見ホームページ

カテゴリー: 北見 | タグ: | コメントは受け付けていません。