カテゴリー別アーカイブ: 千歳

浮気、離婚問題 慰謝料の額の低下

時代と共に変化するものはたくさんあります。

その変わったものとして探偵がしみじみ思うのは「離婚裁判」です。

昔の離婚裁判においての慰謝料の争点は「金額」だった。

夫が浮気をして妻が離婚を要求する。

妻の請求金額は500万円。

だが、夫は500万円の金額が高い・・・と争う。

夫は浮気をした自分が悪いのは認めるが、金額はもう少しまけてくれ・・・と

いうものが多かった。

だが、今の離婚裁判においての争点は「俺は悪くない」・・・が多い。

夫の浮気が発覚する。

妻が離婚を決断し、夫に慰謝料500万円を要求する。

夫は「そもそも浮気などしていない、俺は悪くない」と主張するのです。

一緒に旅行に行っていたが、浮気の関係ではない・・・

家を出て、その女性と暮らしているが、あくまでも同居人である・・・

ラブホテルに行ったのは認めるが、カラオケをしていただけ・・・

路上でキスをしていたのは認めるが、イタリアではみんなしている・・・・

とにかく延々と言い訳をするのである。

ある意味、昔の浮気人たちは往生際が良かったのです。

離婚裁判の今と昔を比べると、だんだんと人の質の低下を感じる。

探偵はハッキリと言います。

互いの人生に責任を持つことの約束が結婚です。

そして、その約束を浮気という形で破ったのであれば、潔くしなさい。

裁判でダラダラ、グタグタと言い訳するのはかっこ悪いですよ。

(株)アイシン探偵では
札幌・留萌・稚内・紋別・網走・北見・釧路・根室・千歳・室蘭・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  千歳市ホームページ

カテゴリー: 千歳 | タグ: | コメントは受け付けていません。

浮気問題 何でも食べて体力を維持する

配偶者の浮気で悩み眠れず、何も喉を通らずに

あきらかに短期間で痩せてしまった人たちと接する。

肌が荒れ、顔色もよくない。

世の中で一番、信頼するべき相手の裏切り(浮気)に

食欲がなくなるのも当然です。

でも、配偶者の浮気問題を解決するためには

「気力」「体力」が絶対に必要です。

だからこそ、食べなければならないのです。

食べることによって「体力」が維持されます。

「体力」があれば、「気力」も少なからず保てます。

探偵はハッキリと言います。

今、配偶者の浮気問題で悩んでいる方へ。

お腹が減るからご飯を食べるという感覚は捨ててください。

食欲がなくても、食べるのです。

浮気問題の解決の第一歩は「食べる」ことからがスタートです。

(株)アイシン探偵では
恵庭・千歳・苫小牧・登別・室蘭・伊達・函館・北斗・札幌・旭川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  千歳市ホームページ

カテゴリー: 千歳 | タグ: | コメントは受け付けていません。

浮気問題 離婚したいが責任はとりたくない夫

当社は千歳市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

最近、浮気がバレた後の往生際が悪い。

突然、夫から離婚を離婚を迫られる奥さん。

お前とはこれ以上一緒に暮らせない・・・・

俺はこれから自分の人生を生きていきたい・・・・

君は子供が産まれてからは僕に無関心だった・・・・

互いに傷つけ合う前に別れよう・・・・  等などと離婚を迫ってくる。

だが、夫の言っていることに不自然さを感じ、

奥さんは探偵に調査を依頼する。

探偵が調査をするとやはり、夫の浮気が確認された。

浮気がバレルと夫は逆ギレ。

探偵なんか使ってお前のそういうところが嫌なんだ・・・・

この結婚は以前から破綻していたんだ・・・・

俺はこの家を出て行く・・・・ と言って家に帰ってこなくなる。

夫は奥さんからの電話にもでなくなり、メールも返信がこなくなる。

奥さんはやむを得ず、調停を申し立てる。

だが、夫は調停でも嘘を並べ立てる。

妻の方が先に浮気をしていたんです・・・

妻の方から離婚を要求してきたんです・・・・

妻は家事のことなど一切、しないのです・・・・ 等など、嘘を並べ立てる。

浮気がバレル前は浮気がバレないうちに離婚しようと画策。

そして浮気がバレルと強引に別居をする。

調停になれば、嘘をならば立てる。

このようなケースを探偵はたくさん見てきています。

でも、この夫はこれだけ往生際の悪いことをするくらいなら、

慰謝料くらいポンと払ったほうが楽だと思うのだが。

探偵はハッキリと言います。

結婚は互いの人生に責任を持つことの約束。

その約束を自分の浮気という身勝手な行動で破るのなら、

せめて慰謝料くらいポンと払いなさい。

(株)アイシン探偵事務所では
恵庭・千歳・苫小牧・登別・室蘭・伊達・函館・北斗・札幌・帯広・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  千歳市ホームページ

カテゴリー: 千歳 | タグ: | コメントは受け付けていません。

交際相手と結婚を留まる勇気

探偵は仕事を通じ、たくさんの方の人生に関わらせていただき、

色々なことを学ばせていただきます。

その学ばせていただいたことの一つに

「結婚は価値観が違いすぎると成り立たない」ことです。

結婚は互いの人生に責任を持つことの約束です。

その「約束」の解釈が大きく違えば、結婚自体が意味をなしません。

例えば、「浮気くらいは別にいいだろう」

「家庭をないがしろにしなければ、遊びの浮気はOK」

「離婚なんかいつでもできる」 等などの価値観の夫。

でも、奥さんの価値観はま逆である。

「結婚したのだから、きちんとしてもらう」

「浮気などは絶対に許さない」

「結婚したのだから、離婚などは考えられない」と思っている。

このような二人はいずれ、価値観の違いでやって行けなくなります。

探偵はハッキリと言います。

結婚は互いの価値観が共有できなければ無理です。

結婚をする前には今一度、立ち止まり、互いの価値観を確認してください。

(株)アイシン探偵社では
札幌・千歳・苫小牧・登別・室蘭・函館・北斗・滝川・士別・名寄  他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵社  千歳市ホームページ

カテゴリー: 千歳 | タグ: | コメントは受け付けていません。

浮気問題  怪文書の犯人は・・・

例えば夫 Aの浮気が発覚する。

相手は夫の職場の同僚女性 B子であった。

だが、妻は子供がまだ幼く、離婚はしない・・・と決断する。

当初、夫は浮気相手の女性にコントロールされ、離婚を迫ってきた。

妻は辛抱強く、何度も夫と話し合った。

夫も徐々に冷静になっていた。

数日後、夫の会社の社長宛に怪文書が届く。

アナタ会社の女性社員B子はAと不倫をしている・・・・

Aの奥さんはその関係に非常に悩んでおられる・・・・

B子はそれでもしつこくAに付きまとっている・・・

その他、当事者たちしか知らない内容のことが延々と書かれていた。

当然、AとB子は社長に呼ばれ、厳重に注意をされる。

Aは考える・・・・ いったい誰がこんな手紙を社長に送ったんだ・・・・と。

そしてAは一つの答えを出す。

犯人は「妻だ・・・・・・・・」と。

「Aの奥さんはその関係に非常に悩んでおられる」

「B子はそれでもしつこくAに付きまとっている」等と書くのは妻しかいない・・・。

だが、探偵はこのような展開にたくさん関わってきていますが、

たいていの場合、このようなケースの手紙の送り主はB子です。

いわゆる「自爆攻撃」である。

明らかに自分が一番悪いような内容の手紙を書き、

自分をあえて責められる立場に追いやり、Yの同情をかい、

Aが自分の妻を疑うように仕向ける。

実際、このようなケースは多いのです。

探偵はハッキリと言います。

不倫をばらす怪文書が届く。

その怪文書で一番に責められている人物がその手紙を書いた「犯人」です。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・士別・名寄・稚内・紋別・網走・釧路・根室・千歳・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  千歳ホームページ

カテゴリー: 千歳 | タグ: | コメントは受け付けていません。