カテゴリー別アーカイブ: 留萌

浮気離婚問題 迷いの時間が一番辛い

例えば、夫の浮気が発覚する。

そこで夫が素直に浮気をしたことを謝罪してくれれば良いが、

多くのケースでは逆ギレ、そして開き直りをすることが多い。

そのような場合、妻にはどのような選択肢があるのか?

人は迷っている時が一番辛いものです。

だからこそ、今選択できることを整理して考え、

決断すると迷っているより、気持ちは楽になります。

ここで妻が選択できる方向性は3つ。

1.夫と話し合いを継続する。

夫婦の基本的な関係において「浮気」は不法行為です。

ですから、夫がどんなに逆ギレしようが、開き直ろうが、

「浮気は許さない」といい続けること。

また、場合によっては自分の親や夫の親を交えての家族会議を持つ。

それでも夫の態度が酷い場合は、別居をしながら話し合いをする。

2.黙認する。

一切、夫の行動に関心を持たず、夫の浮気を黙認する。

このような選択をする方もいますが、これは妻の性格にもよりますが、

精神的な負担が多いのも事実です。

本来であれば、この世で一番に支えあう関係が夫婦というもの。

その関係を根底から否定し、夫の浮気を黙認する。

3.離婚をする。

夫婦の関係は互いに病んだときに支えあう関係。

その夫が別な女性と浮気をしている。

もし、自分が病気になった時、この夫は自分を支えてはくれない。

そんな夫と長い人生、共に生活はできない。

離婚をして、人生を再スタートさせる。

でも、離婚においてのリスクも当然、あるのも事実です。

夫の浮気が発覚する。

だが、夫は逆ギレ、そして開き直る。

その時のどんなに悩んでも、妻の選択肢は3つしかありません。

1.夫と話し合いを継続する。

2.黙認する。

3.離婚をする。

どれかを選択し、決断する。

人は迷っている時が一番、辛いものです。

(株)アイシン探偵では
札幌・石狩・留萌・稚内・紋別・網走・北見・釧路・根室・富良野 他
様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所   留萌市ホームページ

カテゴリー: 留萌 | タグ: | コメントは受け付けていません。

スイッチが入った時、女性は強い。

例えば、

結婚後、何年も夫のモラハラに傷ついていたS子さん。

そしてこのモラハラ夫は浮気も繰り返していた。

探偵が最初にS子さんとお会いした時、夫の話になると、手が震えていた。

とにかく、S子さんは、夫が怖かった。

ある時、お母さんがS子さんに優しく言った。

「大丈夫よ・・・家に帰っておいで・・・・」と。

その時、S子さんの「覚悟スイッチ」が入った。

私には、心配してくれる両親もいる・・・・

守らなければならない子供たちもいる・・・・

その後は、夫がどんなモラハラな言葉を投げつけてきても怖くなかった。

S子さんは離婚にむかって戦いきった。

浮気をして、暴力もふるう夫に悩んでいたY子さん。

3人の小さな子供がいるため、Y子さんはひたすらに耐えていた。

ある日、5歳の子供がY子さんに言った。

「ママはどうして笑わないの・・・・・」と。

その言葉を聞いたY子さんに「覚悟スイッチ」が入った。

子供に笑い顔を見せることもできない自分ではダメだ・・・

離婚しよう・・・

翌日、Y子さんは役所に行き、ひとり親手当てのことを聞き、

公営団地の申込みをしてきた。

何年も浮気をしている夫。

そして夫は自分や家庭のことに一切の関心を持たない。

そんな状況に悩んでいたE子さん。

ある日曜日、家の近くの公園のベンチに座っていた。

暖かい陽ざしを浴びていたE子さんに込み上げてきた気持ちがあった。

「こんな人生は嫌だ・・・離婚しよう・・・」と。

「覚悟スイッチ」が入ったのです。

翌日、E子さんは荷物をまとめて家を出た。

探偵はハッキリと言います。

今、浮気をしている夫たちへ。

アナタの奥さんの「覚悟スイッチ」が入ってしまいますよ。

「覚悟スイッチ」が入ってしまってからでは、取り返しが付きませんよ。

(株)アイシン興信所では
岩見沢・美唄・砂川・滝川・深川・旭川・帯広・北見・網走・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  留萌市ホームページ

カテゴリー: 留萌 | タグ: | コメントは受け付けていません。

夫の愛人の悪質な自己主張

無言電話、怪文書など、夫の浮気相手から妻に対しての宣戦布告はありました。

ですが、最近の浮気相手からの戦線布告は更に呆れるものがある。

夫の車助手席に赤色の髪留めゴム

学校帰りの子供に「パパは浮気をしているのよ」と告げる。

あえて自分たちの浮気の証拠写真を妻に送りつける。

 ※自爆攻撃

ナイフの刃を入れた封筒を送りつける。

とにかく悪質なものが増えている。

このような場合、妻はどうすべきなのか?

妻は夫の浮気相手と直接的な対応はしないほうが良い。

夫の浮気相手は場外乱闘で戦おうとしてきているのです。

だからこそ、妻は正攻法で戦うことをお勧めします。

まずは弁護士を立て、相手の女性を訴えておくことです。

妻は法律的には絶対の立場です。

探偵はハッキリと言います。

浮気相手の「場外乱闘作戦」などに引き込まれずに、正々堂々と戦ってください。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌市・石狩市・留萌市・稚内市・紋別市・網走市・旭川市・函館市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  留萌ホームページ

カテゴリー: 留萌 | タグ: | コメントは受け付けていません。

興信所 留萌 浮気問題~愛と憎は裏表

例えば夫の浮気が発覚。

信じていた相手の裏切りだけに妻は愕然としてしまう。

そして愛していた分だけ憎さがこみ上げてくる。

だがその後も夫は開き直ったまま逆ギレをしている。

妻は憎い夫と離婚をしようか?を迷う。

だが相手のことが憎いうちはまだ夫を愛していることでもある。

仮に夫に全く愛情がなくなったとしたら憎さもなくなるはず。

だからまだ夫を憎いと思っているうちはいきおいで離婚をしない方がよい。

離婚は後戻りできないのです。

もし憎さの感情だけで離婚に踏み切ってしまうと後悔してしまいます。

探偵はハッキリと言います。

「憎い」と「愛情」は裏と表です。

まだ相手を憎いのであれば、それはまだ愛しているのです。

(株)アイシン探偵では
千歳・苫小牧・登別・室蘭・伊達・函館・札幌・旭川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  ホームページ

カテゴリー: 留萌 | タグ: | コメントは受け付けていません。

興信所 留萌市 浮気問題~判決は裁判官次第

例えば夫の不審な行動が続く。

妻は悩んだ末に探偵に夫の浮気調査を依頼する。

結果、夫の浮気の事実関係が判明した。

妻が夫にその事実を告げると夫は逆ギレ。

「裁判でもなんでもすればいいだろう」と開き直る。

妻は弁護士を雇い、調停を経て離婚裁判に臨む。

だが離婚裁判は非常に複雑に争点が絡み合う。

夫の浮気によっての離婚することの慰謝料・・・

子供の親権・・・

財産分与・・・

養育費・・・

場合によっては夫の浮気相手への慰謝料の請求・・・

単純に「夫が浮気をしたのだから・・・」と

全てが妻の望む結果が出るとは限らない。

また重要なことがあります。

離婚裁判において個々の裁判官の主観が大きく左右することです。

刑事裁判では過去の判例を元にある程度、予想される判決が出るのだが、

民事において、特に離婚の裁判などは予想もしない判決を出す裁判官もいる。

夫の不貞(浮気)の事実を重く見る裁判官もいれば

不貞の事実関係より、夫婦の破たん性を重視する裁判官もいる。

仮に全く同じ状況の離婚裁判を10人の裁判官が判決を出したとするなら

判断はそれぞれ違ってくるだろう。

探偵はハッキリと言います。

離婚裁判の結果は裁判官によって判決が変わってくる。

だからこそ離婚裁判を起こすのなら、

十分な準備とブレナイ覚悟を持って臨む必要があります。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌市を含め、北海道全域で浮気調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ

カテゴリー: 留萌 | タグ: | コメントは受け付けていません。