カテゴリー別アーカイブ: 歌志内

歌志内市 興信所 浮気問題~相手の考えに合わせない

例えば妻の浮気が発覚する。

その時、アナタはたくさんのことを考えなくてはなりません。

離婚をするのか・・・・

親権・観護権はどうするのか・・・・

慰謝料の請求はどうするのか・・・・

養育費はどうするのか・・・・

財産分与などはどうするのか・・・・

ここで大切なことは「相手が何を考えているのか」を

考えないことです。

まずは自分がどうしたいのかです。

浮気問題において相手の腹を

読むことも時には必要です。

だが問題の責任が相手側にある場合、

相手の腹を読むより、

自分の主張を強く押し出す方が先決です。

親権・観護権は絶対に譲らないぞ・・・・

慰謝料は絶対に払わせるぞ・・・・

浮気相手の男も裁判にかけるぞ・・・・

自分の要求を強く主張することが

アナタの気迫につながるのです。

(株)アイシン探偵事務所では
稚内・留萌・石狩・札幌・千歳・函館・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 歌志内 | コメントは受け付けていません。

興信所 歌志内  幸せはどう見えるかではなく、気づくもの

探偵はたくさんの方々の人生の側面に関わらせていただきます。

そして、その中で学ばせていただいたことの一つ。

幸せは自分の心の中にしかないこと。

例えば、収入も高く、裕福な家庭。

周りからみたらきっと幸せに映るはず。

だが、この家庭の奥さんは常に渇望感を持ち、

夫に対しては常に疑心暗鬼になっている。

自分に既に与えられているたくさんのものに

気づき、感謝しようとしない。

別なある家庭。

奥さんは数年前に夫の浮気とDVが原因で離婚をされた。

奥さんは必死で仕事をし、4人の子供を一人で育てる。

年長の子供は下の兄弟たちの面倒をみる。

お母さんが仕事から帰ると、みんなで食事の用意をする。

決して贅沢なものは並ばない質素な食卓だが、

楽しい食事をあじわう。

この奥さんは毎日、こんなに幸せでいいのだろうかと

感謝の日々を過ごしている。

どちらの家庭が幸せかは言うまでもありません。

探偵はハッキリと言います。

幸せは周りからどう見えるかなど全く関係ありません。

幸せはその人の心の中にしかないのです。

心の幸せ者になりましょう。

(株)アイシン探偵事務所では

江別・岩見沢・美唄・滝川・旭川・釧路・函館・札幌 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 歌志内 | タグ: | コメントは受け付けていません。

歌志内市 探偵事務所 北海道・家出・失踪人調査

 
北海道においてはやはり、

 

 

札幌の家出人・失踪人が多いです。

また、北海道内各地域の失踪人・家出人も

札幌市に潜んでいるケースも多いです。

札幌市においての捜索の場合、

家出人の失踪時の状況にもよりますが

車を運転しての失踪の場合は

深夜の24時間スーパーの駐車場や

ゲームセンターの駐車場など

の確認が重要です。

家出人・失踪人の心理状況として

見つからないように行動しながらも

全くのひと気のないところは避ける傾向があります。

また、車を使用していない場合は

インターネットカフェや漫画喫茶などを

宿泊に利用しているケースが非常に多いです。

いずれにしても闇雲に探しのではなく、

夜の過ごし方の想定をして捜査していくことが重要です。

当社は北海道においての家出人・失踪人調査

に精通しております。

北海道の家出人・失踪人のご相談は

当社へお気軽にご相談下さい。

カテゴリー: 歌志内 | タグ: | コメントは受け付けていません。

歌志内市 探偵事務所 最悪の想定をし、最悪を回避する

配偶者の浮気問題や夫婦関係で

悩んでいる方。

今、悩んでいる問題においての

最悪な状況を想像し、その対処方法

を考えておきます。

例えば、配偶者の浮気問題。

離婚は回避したい。

そんなときこそ離婚になった時を

想定しておくのです。

具体的に離婚になった後の

収入や住居、仕事、子供の学校など。

その上で最悪な状況を考え、

覚悟を決める。

不安はより問題を悪化させ、

覚悟は解決に向かいます。

自分の人生です。

「なるようになる」ではなく

「なるようにする」のです。

カテゴリー: 歌志内 | タグ: , , | コメントは受け付けていません。

歌志内市 探偵事務所 今、失踪中の方へ・・・

数年前のあるご主人の家出・失踪人調査

 

ご主人を発見し、奥さんに現地に入ってもらう

そして、奥さんにご主人を保護してもらった。

その時ご主人は涙ぐみ、

何度も奥さんに謝罪をしていた。

奥さんは涙で顔がぐしゃぐしゃになりながら

ご主人の手を離さなかった。

ご主人も失踪をせざるを得ない悩みや

苦悩があったのだろう。

だが一番に辛いのはやはり残された奥さんであったはずだ。

ご主人が失踪し、一週間後に当社に依頼に来られた。

ご主人の最近の写真としてお持ちになられた

 

 

ご主人の横に写っている奥さんの姿が

目の前にいる奥さんとあまりにも違い過ぎた。

心配で夜も眠れず、食事も取っていなかったのだろう。

今、失踪中の方へ。

あなたも辛いが残された人もやはり辛いのです。

「自分は生きている」と電話で一言、連絡をしてください。

カテゴリー: 歌志内 | タグ: | コメントは受け付けていません。