カテゴリー別アーカイブ: 三笠

浮気問題  本当に婚姻関係の破綻?

例えば・・・

夫の不審な行動が続く。

帰宅が極端に遅くなり、また不自然な外泊も増える。

そして、自宅に帰ってこなくなる。

奥さんが夫のケイタイに電話をすると

「友達のところに泊まっている」と開き直る。

奥さんが迷い、悩んだ末に探偵に調査を依頼する。

調査をするとすぐに夫の状況が判明する。

浮気相手の女性のところに寝泊りをして、

当たり前のように会社に出勤している。

探偵の報告を受けて、奥さんが浮気相手のところに夫を迎えに行く。

夫は平然とあきれる言い訳をしてくる。

「いまさら何しに来たんだ」

「既にお前とは婚姻関係が破綻しているんだぞ」

「だから、俺には何の責任も発生しないんだ」と。

きっとネットで「婚姻関係の破綻」などの言葉を覚えたのだろう。

実際、このようなケースが多いのです。

婚姻関係が破綻していた・・・・

婚姻関係の破綻後の浮気は慰謝料を払わなくても良い・・・

別居が長ければ離婚が成立する・・・ など、

自分に都合の良い記事を読みあさる浮気当事者たち。

だが、実際の法律はそんなに都合よくできてはいません。

婚姻関係の破綻・・・についても自分が浮気をする。

そして妻と離婚したくなったから「婚姻関係が破綻している」などと

認められるわけがありません。

探偵はハッキリと言います。

今、浮気をしている当事者たちへ。

婚姻関係が破綻している・・・ などと開き直る前に

結婚という互いの人生に責任を持つことの約束を

破ったことの責任を取りなさい。

(株)アイシン探偵事務所では
帯広・釧路・根室・旭川・滝川・岩見沢・江別・札幌・三笠  他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵事務所  三笠ホームページ

カテゴリー: 三笠 | タグ: | コメントは受け付けていません。

幸せを比べる不幸をやめる

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。
当社は北海道全域で様々な調査を承っております。

ある日のこと、以前の依頼人のBさんからお電話をいただく。

Bさんは3月に転勤で札幌を離れた。

新たな赴任先での近況を知らせていただいた。

Bさん  「社長・・・お元気ですか?」

探偵   「お久しぶりです」

      「そちらの生活は慣れましたか?」

Bさん  「はい、子供も新しい学校で友達ができたと喜んでいます」

Bさんは父子家庭で一生懸命に子供を育てているお父さんです。

Bさんは以前、奥さんの浮気調査を依頼された方。

やはり、奥さんの浮気が確認され、紆余曲折があり、

Bさんは子供を引き取り離婚を決断された。

以前、Bさんがこんな話をしてくれた。

当初、Bさんも父子家庭の大変さで愚痴もでたそうだ。

そして、普通の暮らしている人たちを見ては自分を不幸だと感じていたらしい。

ある夕食のとき、子供が言ったそうだ。

子供  「パパ、このカレーライス、本当にオイシイネ」

     「僕、ママがいなくなったけれど、パパがいるから幸せだよ」と。

Bさんはそれを聞いたとたん、涙があふれて止まらなかったそうだ。

その時、Bさんは思ったそうだ。

この幸せな時間をかみしめて生きよう・・・・

そして、誰かと比べて不幸になるのはもう止めようと・・・と。

Bさんからのお電話でそんな話を思い出した探偵でした。

探偵は一生懸命に応援します。

ガンバレ、ガンバレ・・・  Bさん。

ガンバレ、ガンバレ・・・  世の中の父子家庭のお父さん。

(株)アイシン探偵事務所では北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴発見調査・結婚調査 など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  三笠ホームページ

カテゴリー: 三笠 | タグ: | コメントは受け付けていません。

浮気問題  当たり前の不幸

今の幸せを「幸せ」と思わず、

当たり前と思って「不幸」になっていく人をたくさん見てきました。

妻と子供がいる家庭を当たり前だと思い、

浮気相手にのめり込んで全てを失ってしまった夫・・・

子煩悩な夫のことを当たり前だと思い、

いい加減な男と浮気をして離婚をしてしまう妻・・・

一生懸命に節約し、家を買おうと頑張ってくれる妻を当たり前だと思い、

浮気相手にお金を騙し取られる夫・・・

自分の仕事(自営業)を一生懸命に手伝ってくれる妻を当たり前だと思い、

浮気三昧の夫、そして妻から離婚をされ、仕事も立ち行かなくなる・・・

幸せは感謝する気持ちから始まります。

不幸は当たり前と思うことから始まります。

(株)アイシン探偵事務所では
三笠・富良野・芦別・札幌・千歳・苫小牧・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  三笠ホームページ

カテゴリー: 三笠 | タグ: | コメントは受け付けていません。

興信所 三笠 浮気と財産分与

例えば妻の浮気が発覚する。

夫は妻と何度も話し合い、「離婚をする」ことで決着がつく。

その後、離婚に向けて様々な取り決めをする。

親権・観護権は妻が得る。

養育費も○○万円と取り決めをする。

妻は慰謝料として○○万円を夫に支払う。

そして財産分与・・・ 

妻は「これが全ての貯金です」と妻が数冊の通帳をだしてくる。

合計の金額は○○○万円、その半分を互いに分ける。

全ての取り決めをして離婚に至る。

離婚後、妻がマンションを購入したのを夫が知った。

そして財産についてもかなりの金額を隠されていたらしい。

実際、このようなケースが多いのです。

妻に一切の家計を任せている夫は

家庭にいくらの貯金や財産があるのかを全く分からないのです。

妻の浮気が発覚・・・

そして妻に財産を隠ぺいされて離婚する。

夫の立場で考えればこれではあまりに悲しい。

探偵はハッキリと言います。

妻の浮気で離婚をする方へ。

アナタの財産は本当にそれだけですか?

(株)アイシン興信所では
札幌・恵庭・千歳・室蘭・函館・旭川・北見・網走・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

当社ホームページ

カテゴリー: 三笠 | タグ: | コメントは受け付けていません。

興信所 三笠 運命の出会い?

下記の調査事例は類似する複数の事例などを元に

創作したフィクションです。

所在調査 札幌  事例

札幌市のA子さん(28才)からお電話を頂いたのは2年前の6月の初夏の日。

日曜日の午後に当社の無料相談にお電話を頂いた。

内容はその年の4月に職場の人間関係の疲れから会社を退職され、

京都に一人旅に出かけたそうである。

心の癒しも兼ねて、宿泊先も決めずにゆっくりとした旅行である。

京都について二日目の夜、ふらりと入った居酒屋のカウンターで

一人の青年と隣り合わせになった。 

なにげない挨拶から、たあいのない話になり、

偶然にも同じ北海道からの旅行者であることが分かり、話がはずんだ。

その青年はBさん(33才)。

Bさんも会社の勤続10年のリフッレシュ休暇だそうである。

2時間ほど、その店で話をし、翌日は一緒に京都散策をすることになった。

翌日、待ち合わせをし、観光ルートを一緒にまわり、本当に楽しい時間であった。

明日、Bさんは北海道に帰る日。 

A子さんは一緒に飛行場まで見送りに行き、

今度、北海道で会いましょうとお互いの住所と名前の交換をし、再会を約束した。

その後、A子さんは京都観光をさらに2日間おこない、北海道に戻ったそうです。

自宅に帰り、さっそく、Bさんに手紙を書こうとしたが、

Bさんからもらった住所のメモがない。 

カバンの中を全て探したがみつからなかった。

宿泊先のホテルにも連絡したが、メモらしいものはなかったとのこと。

手紙を書きたくても、A子さんの方から出すことはできなくなり、

A子さんはBさんからの連絡を待ったそうである。

ですが、Bさんからの連絡は来なかった。

そうして一ヶ月が過ぎたが、Bさんの心には

「もう一度、Bさんに会いたい」との思いが日増しに強くなっていたそうです。

恋をしてしまったのです。 

A子さんなりに一生懸命、Bさんの話していたことを思い出し、

自分で探せないかと動いてみたのですが無理だったようです。

その話を友人に話したところ当社をその友人から聞き、ご相談いただいたそうだ。

相談員といろいろな話をし、A子さんからの正式な依頼となりました。

さっそく、探偵がA子さんからBさんの話していたことを詳細にお聞きした。

手がかりとしては名前、北海道の帯広に住んでいる、

会社員で車関係の営業をしている、以上である。

探偵が現地に飛び、調査を行った。

二週間後、Bさんの職場が分かり、探偵が勤務先にむかった。

Bさんに今回の依頼の内容とA子さんの気持ちを伝えた。

Bさんは驚かれると同時に嬉しそうであった。

実はBさんは京都に旅行に行ったのはリフレッシュ休暇を取れたのもあるが、

結婚を約束した女性と別れてしまった失恋旅行であったそうだ。

BさんもA子さんに手紙を書き、その手紙を何度かポストに入れようとしたが、

失恋直後のBさんは勇気を出せなかったそうである。

やはり、BさんもA子さんの手紙を待っていたのである。

A子さんは札幌、Bさんは帯広。

距離にして200キロの遠距離恋愛のスタート。

先日、探偵のところに一枚の招待状。

Bさん、A子さん、結婚おめでとう。

※ 人探しなどで悩まれている方の
   解決の糸口なってくれれば幸いです。

(株)アイシン探偵 ホームページ

カテゴリー: 三笠 | タグ: | コメントは受け付けていません。