カテゴリー別アーカイブ: 北海道

浮気離婚問題 悩むなら、過去より未来

例えば、夫の浮気問題に直面している奥さん。

夫は開き直り、逆ギレ。

文句があるなら調停でも、裁判でもすればいいだろう・・・・

俺は離婚してもかまわないぞ・・・・

俺は浮気をする前から離婚を考えていたんだ・・・・ と夫は悪態をつく。

そんな夫の態度に奥さんは悩み、考え込んでしまう。

こんな人とどうして結婚したんだろう・・・・

あの時にこの人と別れていれば・・・・

仕事を辞めなければよかった・・・・

でも、ここで過去のことや、変えられないことをいくら考えても、

なにも解決しません。

直面している問題を解決するためには、

未来のことや、変えられることを考えてください。

探偵はハッキリと言います。

今、夫の浮気問題に直面している奥さんたちへ。

過去のことや、変えられないことをいくら考えても、問題は解決しません。

未来や変えられることを考えて、夫の浮気問題を乗り切って下さい。

(株)アイシン興信所では
札幌市・小樽市・石狩市・留萌市・稚内市・紋別市・網走市・釧路市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  北海道ホームページ

カテゴリー: 北海道 | タグ: | コメントは受け付けていません。

浮気問題 「彼女は関係ないから巻き込むな」??

例えば、夫の浮気が発覚する。

妻はその浮気を問いただすのだが、夫は開き直り、逆ギレを繰り返す。

妻は悩んだ末に離婚を決断し、

夫とその浮気相手の女性に慰謝料の請求をする。

だが、夫は浮気相手の女性に慰謝料を請求したことに対して

烈火のごとく怒る。

慰謝料を請求するのなら、俺にだけしろ・・・・・

俺が勝手に好きになったんだから、彼女は悪くない・・・・・

夫婦の離婚問題に彼女を巻き込むな・・・・・

とにかく夫は「彼女は悪くない」と繰り返す。

だが、浮気は「共同不法行為」である。

当然のごとく、妻に対しての責任は相手女性にもあるのです。

また、妻は家庭が破壊された怒りは夫に対してより、

相手女性に対しての方が強いのは当然である。

妻にとって一生懸命に浮気相手の女性をかばう夫の姿は腹立たしいものです。

探偵はハッキリと言います。

彼女は悪くない・・・・ それは倫理的にも、法律的にも通じません。

浮気の結果の離婚の責任は二人で償わなければならないのです。

(株)アイシン探偵事務所では
北海道・札幌市・恵庭市・千歳市・苫小牧市・函館市・旭川市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  北海道ホームページ

カテゴリー: 北海道 | コメントは受け付けていません。

浮気調査 あちこち問い合わせる事のススメ

例えば、夫の浮気問題が発覚する。

その時、対応方法はそれぞれだと思います。

仮に探偵に夫の浮気調査を依頼する場合、

必ず複数の探偵社に問い合わせてください。

探偵社によって費用に相当の開きがあることに驚かれと思います。

当社は決して安さを売りにしている探偵社ではありません。

でも、当社の数倍の費用の案内をする探偵社も多いのです。

これは、何もその探偵社が法外な費用の設定をしているわけでもない。

理由は「経費」です。

探偵社のホームページにはあたかも

全国に営業所があるのような表現をしているケースが多い。

だが、実際は東京に会社があり、

北海道の場合だと調査員が飛行機で北海道にやってくる。

その経費だけでも、相当額になるのです。

やはり、北海道の調査であれば、地場の探偵社に依頼する方が良い。

探偵社に問い合わせをする際のポイントは3つ。

1.会社の所在地はどこにあり、調査員はどこから来るのか?

2.調査プランの詳細と総額の費用

3.離婚における法律的知識のスキル 

  ※調査においては法律的視点で証拠を得る必要があるため。

探偵はハッキリと言います。

探偵に依頼する時は必ず、複数の探偵社に問い合わせをしてください。

(株)アイシン探偵では北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴器発見調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵・興信所  北海道ホームページ

カテゴリー: 北海道 | タグ: | コメントは受け付けていません。

家出、失踪人調査 どうしたの?どこにいるの?は後回し

ご家族の方が家出・失踪した場合、警察に「家出人捜索願い」を出すことになります。

ここでのポイントが警察は家出人・失踪人を探してくれるのか?

答えは「探してくれません」

家出・失踪は法的に言えば、犯罪ではないのです。

だから、警察は動いてくれません。

では、なぜ「家出人捜索願い」をだすのか?

例えば、変死体が発見された場合など、

警察はまず家出人捜索願いを出されている人物から照合をするのです。

ただ、その警察署によっては「Nシステムでの履歴」を調べてくれたり、

失踪者が所持している携帯電話のGPSを確認してくれる場合もある。

だが、この対応は警察においてはあくまでも特例的な対応です。

やはり、家族が家出・失踪した場合、自力で探すことが基本となります。

家族が家出・失踪した場合、出来だけ早く、初期捜索を行うことです。

当事者の友人、知人などから情報を得ること。

ただし、その場合はできるだけ、電話などではなく、

面談で話を聞くことが大切です。

電話では、その情報のニュアンスが分からない。

また、その友人が本人から「黙っててくれ」と頼まれていた場合など、

電話ではその嘘が見えにくいのです。

いずれにしても、家出人・失踪人の情報収集は足を使って集めるのが基本です。

家出人・失踪人が携帯電話を持っていなくなった場合、

家族は心配のあまり、何度も電話を掛けたり、メールを送ったりします。

これは逆に家出人、失踪人を心理的に追い詰めることになります。

電話やメールは一日に数回(回数を決める)にすべきです。

また、家出人・失踪人が電話に出た場合、

「今、どこにいるの?」

「何をしているの?」

「どうしたいの?」  等などと、追い詰めるような会話はしてはなりません。

これはメールを送る場合の文章にも同じことが言えます。

探偵はハッキリと言います。

大切な家族が家出・失踪してしまう。

その時、まずは焦らず、的確な情報を収集する。

また、電話、メールにおいて家出人・失踪人を

追い詰めるようなことをしてはなりません。

(株)アイシン探偵では北海道全域で
家出人調査・失踪人調査・所在調査・素行調査・現状把握調査など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  北海道ホームページ

カテゴリー: 北海道 | タグ: | コメントは受け付けていません。

浮気問題 離婚しない決断

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は開き直り、逆ギレをしてくる。

お前とは浮気をする前から離婚を決めていたんだ・・・

お前がちゃんと家事をしないから俺は浮気をしたんだ・・・

お前とは性格の不一致だから離婚するんだ・・・

お前の料理がまずいから離婚するんだ・・・ 等など。

浮気がバレタのなら離婚してしまえ・・・と妻に離婚を強要してくる。

妻は毎日、毎日、夫に離婚を迫られて悩み、戸惑ってしまう。

まるで浮気をした夫より、

離婚を承諾しない自分が悪いように言われ続ける。

実際、このような展開にいたっている奥さんたちは多いのです。

そんな奥さんたちはまず「離婚しない」と自分自身で決めていただきたい。

法律上、有責配偶者(浮気をした方)からの離婚要求などは

基本的に認められません。

また、一方的に「性格の不一致」といって離婚が認められることもありません。

ですから、夫が浮気をし、開き直り、逆ギレをして離婚を要求してきても、

妻はキッパリと「私は離婚をしません」と宣言すればよい。

夫が何を言ってきても、繰り返し「私は離婚をしません」と言うのです。

夫がどうしても離婚をしたければ、

妻の納得のいく条件を提示し、妻が承諾しなければ離婚は成立しないのです。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気が発覚する。

まずは「私は離婚などしません」と夫に言い切ってください。

(株)アイシン探偵事務所では北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴発見調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵事務所  北海道ホームページ

カテゴリー: 北海道 | タグ: | コメントは受け付けていません。