月別アーカイブ: 10月 2016

浮気問題  無責任な言葉を鵜呑みにする夫

浮気相手の無責任な言葉に人生を翻弄される人たちをたくさん見ます。

「私ならアナタを幸せにできる」と言われ、妻と離婚する夫。

だが、離婚したとたんにその女性は別な男性と交際を始める。

浮気相手の男性に僕は絶対に君を離さない・・・と言われた妻。

その言葉を信じて夫と離婚する。

だが、その男性は金の切れ目が縁の切れ目・・・と連絡が取れなくなる。

私はアナタがいなければ生きていけない・・・と浮気相手から言われた夫。

そんな彼女をいとおしく思い、妻と離婚した夫。

だが、その女性は、何人もの男性に同じ言葉を言っていた。

僕は妻と離婚し、君と結婚する・・・と浮気相手の男性に言われた妻。

自分は夫と強引に離婚をしたが、相手の男性は一向に離婚しない。

そもそも、浮気をしている人たちの自己責任でもあるため、

その浮気相手の無責任な言葉だけを責めることはできませんが・・・・

探偵はハッキリと言います。

浮気という刺激的な時間・・・刺激的な言葉・・・・

でも、それは無責任という幻想です。

大切な全てのものを失ってから、その幻想に気づいても遅いのです。

(株)アイシン興信所では北海道全域で
浮気調査・素行調査・失踪人調査・盗聴器発見調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所 名寄市ホームページ

カテゴリー: 名寄 | タグ: | コメントは受け付けていません。

浮気、離婚問題  感情は適度に吐き出す

喜怒哀楽・・・  人生においてできるだけ「喜」と「楽」を多くしたいものです。

そして、「怒」と「哀」を少なくしたいものです。

特に怒りは自分も苦しめるため、

怒りの多い人生より、怒りの少ない人生が幸せです。

ですが、もう一方で「怒り」を貯金してはならないことも忘れてはなりません。

探偵は色々な方々のご相談をお受けします。

そのご相談の中には、配偶者の浮気問題などにおいて、

必死に自分自身で怒りを我慢をされている方々もいる。

ですが、怒りは時間の経過で静まるものと、

時間が経つほどに増えるものもあります。

裏切られ、騙され、そして開き直られ、逆ギレされた相手に対しての怒りは、

その時に自分自身で我慢をしても、「その怒り」は何十年も増え続けます。

ですから、このような怒りの場合はできるだけ早い段階でぶつけるべきです。

探偵はハッキリと言います。

時間が経つほどに増える怒りがあります。

その場合は、怒りを貯金しても「怒りの利息」が付くだけです。

それでも、怒りを貯めておくと、自分の心が壊れてしまうことにもなります。

(株)アイシン探偵社では
札幌・石狩・留萌・稚内・紋別・網走・釧路・根室・富良野  他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵社  紋別市ホームページ

カテゴリー: 紋別 | タグ: | コメントは受け付けていません。

浮気問題 「彼女は関係ないから巻き込むな」??

例えば、夫の浮気が発覚する。

妻はその浮気を問いただすのだが、夫は開き直り、逆ギレを繰り返す。

妻は悩んだ末に離婚を決断し、

夫とその浮気相手の女性に慰謝料の請求をする。

だが、夫は浮気相手の女性に慰謝料を請求したことに対して

烈火のごとく怒る。

慰謝料を請求するのなら、俺にだけしろ・・・・・

俺が勝手に好きになったんだから、彼女は悪くない・・・・・

夫婦の離婚問題に彼女を巻き込むな・・・・・

とにかく夫は「彼女は悪くない」と繰り返す。

だが、浮気は「共同不法行為」である。

当然のごとく、妻に対しての責任は相手女性にもあるのです。

また、妻は家庭が破壊された怒りは夫に対してより、

相手女性に対しての方が強いのは当然である。

妻にとって一生懸命に浮気相手の女性をかばう夫の姿は腹立たしいものです。

探偵はハッキリと言います。

彼女は悪くない・・・・ それは倫理的にも、法律的にも通じません。

浮気の結果の離婚の責任は二人で償わなければならないのです。

(株)アイシン探偵事務所では
北海道・札幌市・恵庭市・千歳市・苫小牧市・函館市・旭川市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  北海道ホームページ

カテゴリー: 北海道 | コメントは受け付けていません。

浮気問題 子を放って他人の子を可愛がる夫

例えば、夫の浮気・・・・

この夫には、まだ小さな子供がいる。

だが夫は浮気相手に夢中になり、妻には開き直り、子供にも無関心になる。

浮気相手の女性は、バツ1で小さな子供がいるシングルマザー。

ある日、探偵が調査をしていると、

夫はその浮気相手の女性とその子供を連れて遊びに出掛ける。

三人はファミレスに入っていく。

探偵も隣のボックスに座り、会話を聞く。

夫    「遠慮せずに好きなものを注文してね」

女性  「ありがとう」

子供  「じゃ、私はハンバーグにする」

夫    「ポテトフライも食べてもいいよ」

子供  「ポテトフライも食べる」

     「おじさん、ありがとう」

女性  「○○さん(夫のこと)は本当に子供好きなんですね」

夫    「ハイ、僕は子供が本当に好きなんです」

     「昔は保育士になろうと思っていたんですよ」

     「ハ・ハ・ハ」

女性  「ハ・ハ・ハ」

子供  「ハ・ハ・ハ」

なんとも微笑ましい会話に聞こえるが、

事情を知っている探偵には、呆れた会話です。

夫には,その浮気相手の女性の子供と同じ年の子供がいる。

自分の子供に寂しいおもいをさせて、

浮気相手の女性の機嫌をとるために子供好きを演じる。

また、浮気相手の女性も、相手に子供がいることを知っている。

全くの茶番劇である。

探偵はこのようなケースをたくさん見てきています。

探偵はハッキリと言います。

自分の子供に寂しいおもいをさせて、

浮気相手の子供のご機嫌取りをしている夫たちへ。

アナタの子供たちは、小さな心でその全てを感じ取っています。

アナタは、その無責任な行動の責任を必ず、取らなければならなくなります。

(株)アイシン探偵では札幌市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・盗聴器発見調査・失踪人調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵・興信所   北広島市ホームページ

カテゴリー: 北広島 | タグ: | コメントは受け付けていません。

浮気問題 母よりも女を優先

例えば、妻の浮気問題。

夫は出張が多く、妻は夫の不在の日に浮気をしていた。

夜、小さな子供を寝かしつけ、浮気相手とラブホテルへ向かう。

それを知った夫は、夜に子供を置いて出かけていることより、

やはり、妻の浮気に対しての怒りでいっぱいになってしまう。

そうして夫婦は、骨肉の争いが始まる。

妻も、夫も、我が子に対しての配慮は二の次になってしまう。

このようなケースを探偵はたくさん見てきました。

子供にとって親は自分を守ってくれる絶対的な存在です。

でも、そんな親たちが、自分のことなど忘れて争いをしているを

子供たちはその小さな心で感じ取っているのです。

探偵はハッキリと言います。

配偶者の浮気問題。

せめて、どちらかは親であることを忘れないでほしいものです。

親の争いを子どもたちは敏感に感じ取っているのです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・赤平・芦別・富良野・帯広・根室・釧路・旭川・室蘭・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  函館市ホームページ

カテゴリー: 函館 | タグ: | コメントは受け付けていません。