月別アーカイブ: 4月 2017

浮気離婚問題 知識と実践

例えば、妻の浮気疑惑。

明らかなに不自然な妻の行動が目立ってくる。

女子会といっては、外出が増える・・・

実家に帰るといっては外泊をする・・・

男性とのラインのやりとり・・・・  等など。

また、妻が「性格の不一致」と言って離婚を迫ってきていた。

夫は事細かに妻の行動を記録する。

○月○日 午後8時より外出、帰宅は午前4時。

○月○日 実家に泊まりに行くと外泊、だが実家に妻のクルマはない。

妻の入浴中に妻のスマホ画面の男とのラインのやりとりを撮影する。

そして夫は離婚についての様々なことを調べる。

慰謝料について・・・

養育費について・・・

親権取得について・・・

財産分与について・・・

そうして妻の浮気が一年を経過してしまう。

このような展開のご相談を探偵はよく聞きます。

浮気の対処はできるだけ早いほうが良い。

でも、証拠が必要だ・・・あの点について調べておこう・・・と

頭でっかちになってしまい、身動きが取れなくなってしまう。

このような傾向は圧倒的に夫(男性)に多い。

探偵はハッキリと言います。

配偶者の浮気問題はできるだけ早い段階での対処が望ましい。

頭でっかちになって身動きが取れなくならないようにしてください。

(株)アイシン興信所では旭川市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・盗聴器発見調査・家出人調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所  室蘭市ホームページ

カテゴリー: 室蘭 | タグ: | コメントをどうぞ

現代の結婚にみる2つの傾向

探偵はたくさんの夫婦問題に関わらせていただく。

そして2つの傾向を実感しています。

1.できちゃった結婚の夫婦の離婚率は圧倒的に高い。

  結婚はいろいろな責任を自覚し、そして覚悟を持ってするもの。

  また、子供もいろいろな準備をして、授からせてもらうもの。

  やはり、できちゃった結婚の夫婦においては、

  その覚悟も準備もないのだろう。

2.避妊をしない男性の浮気率は高い。

  セックスに責任を持たない男性は、やはり浮気をする。

  まして、女性に対して妊娠の責任を考えない男性は、

  やはり、その他の責任も考えないのだろう。

  だから、結婚しても浮気に対してのハードルが低いのだろう。

できちゃった結婚の離婚率は高い・・・・

避妊をしない男性は結婚後も浮気をする・・・・

探偵はこの2つの傾向を実感しています。

(株)アイシン探偵では北海道全域で
浮気調査・素行調査・盗聴器発見調査・家出人調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵  富良野ホームページ

カテゴリー: 富良野 | タグ: | コメントをどうぞ

口約束は約束していないと同じ

様々な理由で離婚をされる夫婦。

その離婚時において決めなくてはならないことがたくさんあります。

親権・・・・・

養育費・・・・・

財産分与・・・・・

慰謝料・・・・・

仮に調停で決めたことについては、「調停調書」に書かれる。

また、双方で合意して取り決めた場合は「公正証書」にしておくことが必要です。

例えば、夫の浮気問題で離婚した夫婦。

夫は妻に慰謝料も300万円払う、養育費も月6万円払う等と約束する。

だが、離婚後、夫は慰謝料も養育費も払ってこない。

妻が夫に連絡をして、約束の支払いをするように催促するが、

夫は「そんな約束などしていない」と言い返してくる。

このような場合、妻はどうしたらよいのか?

結論から言えば、諦めるしかない。

調停を起こすこともできるが、離婚が成立してからでは、

夫も調停に出てこないことが多いのです。

探偵はハッキリと言います。

離婚時の口約束など、約束していないのと同じです。

離婚時の約束は調停で決めるか、公正証書にしてください。

(株)アイシン興信所では小樽市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・結婚調査・盗聴器発見調査 など
様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所  函館市ホームページ

カテゴリー: 函館 | タグ: | コメントをどうぞ

単身赴任と浮気問題

近年、夫の転勤において家族が一緒に行くことが少ないらしい。

探偵が小学生、中学生のころは転校してくる子や

転校していく子が珍しくなかった。

お父さんの転勤で家族そろっての引越しが普通だった。

今はお父さんだけが赴任先で小さな部屋を借りて単身赴任をする。

ここ10年、単身赴任に関わる浮気調査の依頼が多い。

赴任先での夫の浮気・・・・

夫が単身赴任で留守をしている間の妻の浮気・・・・

おそらく、この割合は50:50だろう。

でも、単身赴任・・・一方の浮気・・・離婚・・・ これは悲しい展開です。

単身赴任・・・での浮気防止に必要なことは、相手に関心を持つこと。

毎日の電話・・・・今日はどんな日だった?

休みの日はできるだけ帰省する・・・もしくは妻が夫の赴任先に赴く。

絆がなくなることの一番の原因は相手に無関心になることです。

探偵はハッキリと言います。

単身赴任で家族が壊れることはあまりに悲しいことです。

離れているからこその「絆」を築いてください。

(株)アイシン興信所では北海道全域で
単身赴任調査・浮気調査・家出人調査・失踪人調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  旭川ホームページ

カテゴリー: 旭川 | タグ: | コメントをどうぞ

浮気調査と費用対効果

例えば、夫の浮気問題で悩まれている妻。

夫は逆ギレをして開き直る。

なんの証拠があってそんなことを言っているんだ・・・

お前のそういう疑りぶかいところが嫌なんだ・・・・

お前の性格が嫌だから離婚しろ・・・・  

このような時の選択肢は3つ。

1.夫の浮気問題には触れずに結婚生活を続ける。

2.夫の浮気問題を不問にして離婚を決断する。

3.探偵に調査を依頼し、夫の浮気証拠をつかみ、離婚する。

1については、当面は夫の浮気問題をあえて放置する。

3の証拠をつかみ、離婚をする決断をする・・・についての場合、

浮気調査の費用対効果を考えなくてはなりません。

夫の浮気と「財産分与」、「養育費」の金額は関係ありません。

つまり、夫の浮気問題において発生するのは「慰謝料」です。

ですが、浮気調査にかかる費用対効果の最たるものは

「事実関係をハッキリとさせる」ことだと思います。

アナタの浮気が原因で浮気をすることになりましたよね・・・と妻が言えること。

また、事実関係をハッキリとさせることにおいて、離婚の主導権を得る。

そのようなことも浮気調査における費用対効果であると考えます。

今、浮気調査をご検討の方へ・・・・

まずは、浮気調査における自分自身の費用対効果をお考えください。

(株)アイシン興信所では
苫小牧・登別・、室蘭・伊達・函館・札幌・江別・旭川・帯広・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  北見ホームページ

カテゴリー: 北見 | タグ: | コメントをどうぞ