浮気調査と費用対効果

例えば、夫の浮気問題で悩まれている妻。

夫は逆ギレをして開き直る。

なんの証拠があってそんなことを言っているんだ・・・

お前のそういう疑りぶかいところが嫌なんだ・・・・

お前の性格が嫌だから離婚しろ・・・・  

このような時の選択肢は3つ。

1.夫の浮気問題には触れずに結婚生活を続ける。

2.夫の浮気問題を不問にして離婚を決断する。

3.探偵に調査を依頼し、夫の浮気証拠をつかみ、離婚する。

1については、当面は夫の浮気問題をあえて放置する。

3の証拠をつかみ、離婚をする決断をする・・・についての場合、

浮気調査の費用対効果を考えなくてはなりません。

夫の浮気と「財産分与」、「養育費」の金額は関係ありません。

つまり、夫の浮気問題において発生するのは「慰謝料」です。

ですが、浮気調査にかかる費用対効果の最たるものは

「事実関係をハッキリとさせる」ことだと思います。

アナタの浮気が原因で浮気をすることになりましたよね・・・と妻が言えること。

また、事実関係をハッキリとさせることにおいて、離婚の主導権を得る。

そのようなことも浮気調査における費用対効果であると考えます。

今、浮気調査をご検討の方へ・・・・

まずは、浮気調査における自分自身の費用対効果をお考えください。

(株)アイシン興信所では
苫小牧・登別・、室蘭・伊達・函館・札幌・江別・旭川・帯広・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  北見ホームページ

カテゴリー: 北見   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。