浮気問題  勝因は作戦勝ちさせる前に手を打つ

例えば、妻の不審な行動が続く。

夫が問い詰めると、妻はこじつけの理由で実家に帰ってしまう。

夫も少し放っておこう・・・と思い、何の対処もしていなかった。

数ヵ月後、夫の耳に噂が入ってくる。

妻がある男と浮気をしているとの内容であった。

夫はすぐに探偵に妻の浮気調査を依頼する。

探偵が調査を行なうとやはり、妻には親密な関係の男性がいたのだ。

夫が妻に連絡を取り、浮気の事実を知っていることを告げるが、

妻は「婚姻関係が破綻し、別居をしてからその男性とは知り合ったのよ」・・・

と開き直ってきた。

客観的に考えれば、妻が浮気をして、それが夫にバレそうになった。

だから、完全に浮気がバレる前に実家に帰り、別居をした。

だが、妻の論理は婚姻関係が破綻状態にあり、別居になった。

その後、男性と交際を始めた・・・と言うのである。

このような展開は実際に多い。

このような場合、妻の「婚姻関係が破綻してから・・・」の

主張が通ることもある。

その場合、妻にも浮気相手の男性にも慰謝料が認められないのです。

探偵はハッキリと言います。

妻の不審な行動、そして実家に帰り、別居になってしまう。

そのような場合、早急に対応を考えて下さい。

放っておくと、妻の作戦勝ちになってしまいます。

(株)アイシン興信所では
札幌市・江別市・岩見沢市・美唄市・旭川市・帯広市・北見市 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  岩見沢市ホームページ

カテゴリー: 岩見沢   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。