浮気調査 制度を悪用する妻たち

例えば、接見禁止、排除勧告、保護命令など

本来は夫のDVなどから弱者の妻(女性)を守る制度である。

でも、これを悪用する妻たちが急増している。

例えば、浮気をはじめた妻。

夫がなんとなく妻の不審な行動に気づく。

そして、夫が妻に問いただすと、妻は逆ギレをする。

妻は灰皿を投げつけたり、夫を殴ったりして暴れる。

夫は妻をなだめようと押さえつける。

妻はすかさず110番・・・・・・

警察官が何人も駆けつけてる。

妻はあたかも自分が被害者のように自分が暴れて、

夫に押さえつけられた腕を警察官に見せる。

警察官はその腫れている妻の腕を見て、夫に凄む。

警察官   「ご主人、暴力はダメだよ、逮捕になるよ」

夫      「いいえ、妻が暴れたものですから」

警察官   「そんな言い訳は通じないんだよ」

       「まずは署まで来てもらうよ」

もうこの時点で警察官の頭の中は「妻が被害者」で固まっている。

そうなると、いくら夫が「妻が灰皿を投げつけたんです」

「妻が僕を殴ったりして暴れるのを止めただけなんです」と

言っても聞いてくれない。

その後、夫は妻に対しての接見禁止命令が出てしまう。

このような展開を探偵はたくさん見てきています。

だか、このようなケースは痴漢の冤罪事件のように防ぎようがない。

唯一の方法はボイスレコーダーなどを用意し、

妻の暴言などを録音しておくことくらいであろう。

探偵はハッキリと言います。

妻の浮気問題が発覚した場合、決して妻の罠にハマッテいけません。

知らないうちに「接見禁止、排除勧告、保護命令」が出てしまいますよ。

(株)アイシン探偵社では
札幌・小樽・函館・岩見沢・美唄・砂川・滝川・深川・旭川・釧路  他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵社  北斗市ホームページ

カテゴリー: 北斗   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。