株式会社アイシン探偵事務所 TOP  >   各種調査メニュー  >  調査事例: ‘所在調査(人探し)’

調査事例

所在調査(人探し) 調査事例

2009年11月28日 土曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。


 

札幌市に在住の木下 良子さん(62歳)から当社無料電話相談室にお電話を頂いたのは札幌に初雪が降った11月であった。

 

内容は次男 直人さん(28歳)を探してほしいとのご相談であった。

 

良子さんは9年前にご主人と離婚をした際、長男、次男がご主人と残り、

良子さんは、三男、長女と共に家を出たのであった。

その後良子さんは、2つの仕事を掛け持ち、朝早くから夜遅くまで仕事をして

生活を維持してきたようだ。

 

それから5年後、別れた元夫から連絡があり、直人さんが家出をしたとのこと。

既に1ヶ月間全く連絡が無く、手がかりもないとのこと。

その連絡を受け、良子さんも必死に探したそうである。

だが、全く直人さんの居所は分からなかった。

 

さらに2年後、良子さんが朝の仕事を終えた帰り道、大きな交差点の陸橋を渡っている時、偶然にも下を歩いている直人さんを見かけたそうだ。

着ているジャンパーが、離婚の時に良子さんが直人さんに買ったものであった。

「間違いない、直人だ」と思った良子さんは急いで陸橋を渡り、直人さんを追いかけたのだが雑踏の中、見失ってしまった。

 

その後、良子さんは時間をみつけてはその陸橋に立ち続けたが、

直人さんを見つけることはできなかった。

 

その時点で探偵社に調査の依頼も考えたそうだが、ギリギリの生活をしている良子さんに調査費用の余裕はなく諦めていたようである。

良子さんは更に仕事を増やし、調査費用を貯めていたそうである。

 

その2年後、知人に当社を紹介されご相談を頂いた。

良子さんの想いを受け止め、早速の調査開始となった。

 

まず、良子さんに直人さんの住民票を取得してもらう。

失踪後の9年間、全く住民票は移動をされていない。

探偵も知りえる限りの情報を元に友人、知人に聞き込みをする。

また様々な探偵調査を行う。

 

1ヵ月後、室蘭市で働いているとの情報が入る。

早速、探偵が室蘭市へ確認に向かう。

直人さんが勤めているであろう会社付近で張り込みを開始する。

夜7時、会社から出てくる直人さんを確認。

そのまま尾行し、直人さんのアパートを確認する。

 

翌日、良子さんを伴って再び室蘭へ。

昨日と同じ、夜7時に勤務先から出てくる直人さんを確認し、良子さんが駆け寄る。

一瞬走り去ろうとする直人さんであったが、良子さんの呼びかけに立ち止まった。

直人さんの振り返った顔は涙でいっぱいであった。

 

その後、直人さんの話では9年前、両親が離婚をし、良子さんが出て行った時、

自分は母親に捨てられたとの想いがあったようだ。

また、その時に働いていたアルバイトも人員整理のため辞めさせられた。

何もかもが嫌になり、札幌を出て室蘭に来たようだ。

以前、良子さんが札幌の陸橋から見かけた時は、たまたま札幌に買い物に来ていたときで、すぐに室蘭に帰ったそうだ。

 

良子さんが「夫婦は離婚しても、あなたの母親はこの世で私だけなの」と泣きながら言った言葉が、探偵に母親の想いを教えてくれました。

アイシン探偵事務所TOP
2009年11月28日 土曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。


 

函館在住の佐々木 健一さん(52歳)からご相談をいただいたのは、函館も風が冷たくなってきた9月中旬のこと。

2年間連絡の取れない息子、聡さん(24歳)を探してほしいとのご相談であった。

 

聡さんは3年前に就職のため、旭川に引越し生活をしていた。

数ヶ月に一度連絡があり、近況を話していたようだ。

だが2年前の8月、聡さんの携帯電話に電話したところ「現在使われていません」とのガイダンスが流れてきた。

その後、手紙を送ってみたが宛先不明で戻ってきた。

聡さんの会社に連絡してみたが1年前に退職をしているとのこと。

 

健一さんと洋子さん(健一さんの母親)が旭川に住んでいた聡さんの住まいを訪ねてみたが既に別の住人が住んでいた。

健一さんの友人などにも連絡を取ってみたが、有力な手がかりが得られなかった。

健一さんと洋子さんは、自分達で色々探し回ったが、2年を経過しても

聡さんを見つけることができなかった。

 

そこで当社にご相談を頂いたのである。

調査方法の説明、ならびに費用のご案内をさせて頂き、依頼となった。

 

早速、探偵が旭川に行き、聡さんが勤めていた勤務先を訪ね、当時の同僚の人達に

お話を伺ったが、突然の退社で具体的な話は聞かれなかったが、

聡さんは一人の同僚に、「函館に帰ろうかな」と言っていたそうだ。

また、聡さんが函館に住んでいた時の友人にも聞き込みを続けた。

その中の一人が、函館市内で見かけたと情報が入った。

仮に函館に帰っているのなら、実家に連絡があってもよいのだが・・・・

 

2週間後、聡さんを発見。

やはり函館に帰ってきていたのである。

函館市内にアパートを借り、運送会社で働いていた。

 

探偵は健一さんと洋子さんを聡さんのアパートにお連れした。

3年ぶりの再会である。

聡さんが話した内容は「旭川で働いていた時に職場内での人間関係で辞めてしまったが両親には言えなかった」とのこと。

父親の健一さんから、聡さんに何事も「石の上にも3年」と聞かされていたようだ。

 

そんな事もあり、函館に帰ってきたが連絡ができなかったようだ。

 

現在、聡さんは実家に戻り生活をしている。

アイシン探偵事務所TOP
2009年9月27日 日曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。


 

札幌市の曽根まやさん(28才)からお電話を頂いたのは2年前の6月の初夏の日。

日曜日の午後に当社の無料相談にお電話を頂いた。

内容はその年の4月に職場の人間関係の疲れから会社を退職され、京都に一人旅に出か
けたそうである。

心の癒しも兼ねて、宿泊先も決めずにゆっくりとした旅行である。

京都について二日目の夜、ふらりと入った居酒屋のカウンターで一人の青年と隣り合わせになった。

なにげない挨拶から、たあいのない話になり、偶然にも同じ北海道からの旅行者であることが分かり、
話がはずんだ。

その青年の名前は小林次郎さん(33才)。次郎さんも会社の勤続10年のリフッレシュ休暇だそうである。

2時間ほど、その店で話をし、翌日は一緒に京都散策をすることになった。

翌日、待ち合わせをし、観光ルートを一緒にまわり、本当に楽しい時間であった。


明日、次郎さんは北海道に帰る日。 まやさんは一緒に飛行場まで見送りに行き、今度、
北海道で会いましょうとお互いの住所と名前の交換をし、再会を約束した。


その後、まやさんは京都観光をさらに2日間し、北海道に戻ったそうです。

自宅に帰り、さっそく、次郎さんに手紙を書こうとしたが、次郎さんからもらった住所のメモがない。

カバンの中を全て探したがみつからなかった。

宿泊先のホテルにも連絡したが、メモらしいものはなかったとのこと。


手紙を書きたくても、まやさんの方から出すことはできなくなり、まやさんは次郎さんから
の手紙を待ったそうである。

ですが、次郎さんからの手紙は来なかった。


そうして一ヶ月が過ぎたが、まやさんの心には「もう一度、次郎さんに会いたい」との思い
が日増しに強くなっていたそうです。


恋をしてしまったのです。

まやさんなりに一生懸命、次郎さんの話していたことを思い出し、自分で探せないかと動いてみたのですが無理だったようです。

その話を友人に話したところ、当社をその友人から聞き、ご相談いただいたそうだ。


相談員といろいろな話をし、まやさんからの正式な依頼となりました。

さっそく、調査員がまやさんから次郎さんの話していたことを詳細にお聞きした。


手がかりとしては名前、北海道の帯広に住んでいる、会社員で車関係の営業して
いる、以上である。


調査員が現地に飛び、調査を行った。

二週間後、次郎さんの職場が分かり、調査員が勤務先にむかった。

次郎さんに今回の依頼の内容とまやさんの気持ちを伝えた。

次郎さんは驚かれると同時に嬉しそうであった。

実は次郎さんは京都に旅行に行ったのはリフレッシュ休暇を取れたのもあるが、結婚を
約束した女性と別れてしまった失恋旅行であったそうだ。


次郎さんもまやさんに手紙を書き、その手紙を何度かポストに入れようとしたが、失恋直後
の次郎さんは勇気を出せなかったそうである。

やはり、次郎さんもまやさんの手紙を待っていたのである。

まやさんは札幌、次郎さんは帯広。距離にして200キロの遠距離恋愛のスタート。

先日、探偵のところに一枚の招待状。

次郎さん、まやさん、結婚おめでとう。

アイシン探偵事務所TOP