株式会社アイシン探偵事務所 TOP  >   各種調査メニュー  >  調査事例: ‘盗聴器発見調査・盗撮調査’

調査事例

盗聴器発見調査・盗撮調査 調査事例

2009年12月10日 木曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。


 

旭川在住の小川 裕子さん(28歳)からご相談を頂いたのは、

旭川に初雪が降った11月。

 

ご相談の内容は盗聴・盗撮のご心配についてでした。

裕子さんはニュークラブのホステスをしている。

最近、匿名でラブレターが届いたり、空き巣に入られたりした。

一応用心のため盗聴・盗撮の調査を依頼したいとのことでした。

若い女性の一人暮らしのため、セキュリティーの観点からも調査依頼をされた。

 

翌日、裕子さんのお仕事が終わり自宅に帰られる午前1時に伺った。

様々な専用機材を持ち込み、調査を開始する。

探偵の盗聴波・盗撮波調査機材に不審周波数の反応がある。

裕子さんの部屋にある様々なものを確認する。

慎重に調査を続けるが盗聴器自体を発見するに至らない。

 

調査機材をレシーバーに変更し、盗聴波・盗撮波の受信確認を行う。

スタンダードな盗聴周波数にサーチオンする。

ノイズの調整、消去をすると女性の声を拾う。

 

音声から判断すると男女の性交渉の声であった。

 

調査の結果、依頼人のお隣からの盗聴波であった。

 

依頼人の裕子さんはお隣の方とは面識もあるようで、翌日盗聴されていることを

知らせすることに致しました。

 

裕子さんのような結果は特別なことではなく、特に札幌などの100室以上あるような

ワンルームマンションではよくあることである。

 

最近は盗聴器・盗撮器などがインターネットなどで匿名購入ができるため、

安易に購入して、使用するようである。

 

女性の一人暮らしの場合は、その後の犯罪を誘導する可能性もあるため、十分気をつけてください。

アイシン探偵事務所TOP
2009年12月9日 水曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。


 

小樽市在住の大泉 尚美さん(28歳)からご相談を頂いたのは小樽の潮風が心地よい6月

 

ご相談の内容は、尚美さんの住んでいるマンションの盗聴についてでした。

尚美さんは、1年間同棲をしていた健二さん(32歳)という彼がいる。

健二さんは地方公務員で、小樽市から釧路市へ転勤となった。

 

転勤辞令が出たとき、健二さんは尚美さんにプロポーズをしたのだ。

返事は「はい」だった。

だが、尚美さんがブティックの店長をしており、自分が退職する為の準備に、

1年位かかるため、尚美さんは退職後に釧路市に行き、結婚をする予定となった。

 

4月に健二さんが釧路市に赴任した。

その後は毎日のように電話やメールなどで交際を育んでいた。

 

健二さんが赴任した後、尚美さんは寂しさからある男性と出会った。

だが、健二さんのことは愛している。

 

ある日健二さんから電話があり、「別れよう、これ以上は僕も辛い」

「○○○クンと幸せになってくれ・・・」と一方的に別れを告げられた。

尚美さんは当初、興信所などに調査をされたと思ったが、

その男性との会話や独り言まで健二さんは知っているようだった。

 

相談を頂いた探偵は「盗聴?」と思ったが、釧路の健二さんが盗聴をするのは

物理的に無理である。

探偵はある仮説を立て、尚美さんの部屋の盗聴器発見調査を行った。

 

様々な調査機材を持ち込み盗聴器発見調査を行ったが、盗聴器の出す不審周波数の

確認はできない。

そこで部屋全体を細かく目視確認を行った。

「あった!」

タンスの裏に一台の携帯電話。

その携帯電話に外部マイクを接続し、タンスの下側に設置しているのを確認。

バッテリーはコンセントから電源を取り、常に充電状態になっている。

 

探偵の仮説通り、携帯電話を使った盗聴であった。

携帯電話であれば、電波式の盗聴器と違い、小樽の尚美さんの部屋の音声を

釧路で聞くことができるのである。

 

おそらくは転勤が決まった時、健二さんが設置したのであろう。

 

調査終了後、以上を尚美さんにお話をする。

 

その後、尚美さんは随分悩んだようだ・・・。

当然である。

いくら愛されていようと盗聴された事は不快である。

 

だが、尚美さんは自分の勤めているお店にお願いをし、早期退職をした。

小樽から釧路に行き、健二さんと結婚なさった。

 

健二さんも尚美さんの浮気を許し、

尚美さんも盗聴について、寛大な気持ちをの結果だった。

 

探偵は昔、先輩から言われた「結果オーライ」の言葉を思い出した・・・。

アイシン探偵事務所TOP
2009年9月27日 日曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。


 

盗聴器の犯人は、当社の過去のデーターにて推測しますと驚かれるかもしれませんが、
夫が最も多いように思います。


自分の留守の間に妻が浮気をしていないか心配なのでしょう。


12月の年末も押し迫った日、札幌市の児玉美穂さん(31才)から当社無料電話相談に
お電話を頂きました。

美穂さんは夫 児玉隆さん(42才)との二人暮らし。 結婚して2年目のご夫婦です。

夫 隆さんは不動産関係の会社を経営している。

美穂さんからのご相談内容はやはり夫 隆さんの言動でした。

美穂さんが夕飯の買い物に出かけ、近所の奥さんと偶然に会い、お茶をして帰る日は必ず
と言っていいほど、隆さんから「買い物はどこに行っていたの?」 
「真っ直ぐに帰ってきたの?」などの質問責め。

また、美穂さんが数人の友人と電話で食事会の打ち合わせをしていると、隆さんが仕事から
帰るなり「今度、友達と出かける予定はないの?」などと聞いてきたそうです。


美穂さんの頭にふと「盗聴器?」との思いが浮かんだそうです。

美穂さんからの正式な調査依頼もあり、まずは調査当日、美穂さんの自宅付近を確認。

やはり、ご主人の車が自宅付近の公園に止まっていました。

しばらくご主人を監視し、午後3時にご主人が公園から車を走行させ、会社の戻ったのを確認
したのち、自宅に伺い、調査開始をしました。

調査をした結果、2個の盗聴器の設置を確認し、撤去を致しました。


後日、美穂さんからご連絡を頂きました。

先日の調査した当日、夫といろいろと話をしたそうです。

隆さんも盗聴器を設置したことを認め、謝罪したそうですが、美穂さんはやはり複雑な気持ち
で現在は別居を検討しているとのことです。

アイシン探偵事務所TOP