調査事例

結婚調査 調査事例

2009年12月10日 木曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。


 

札幌市在住の森本 剛さん(42歳)から当社無料電話相談室にお電話を頂いたのは

札幌の大通公園にイルミネーションが点灯し、恋人達がざわめく12月。

 

相談の内容は、結婚を前提にお付き合いをしている彼女のこと。

その女性とは9月に、携帯電話の出会い系サイトで知り合い交際をしていた。

45歳の女性で、仕事は介護福祉士をしているとのこと。

 

剛さんは公務員で、若い頃は転勤が多く、そのためか出会いが少なく、

現在まで独身であった。

やっと札幌の勤務になり、振り返ると既に42歳。

当然結婚も考えており、結婚相談所に入会し、知人からの合コンの誘いも積極的に参加し、いわゆる婚活をしていた。

そんな時出会い系サイトの登録をしたそうだ。

そのサイトを通じて一人の女性と知り合った。

 

その女性との交際は順調に進み、剛さんは結婚も考え彼女にプロポーズをした。

だが返事は「ごめんなさい」だった。

「自分には病気の母がおり、その治療費の為の借金がある」

「この借金を返済しなければ結婚はできない」と彼女が話しをした。

剛さんはその借金の額を尋ねたところ彼女は「550万円」と答えた。

剛さんは彼女に「その借金は僕が立て替えます。そして僕と結婚をして下さい」と申し出た。

後日、550万円を彼女に送金をした。

 

翌日、仕事を終えいつものように彼女の携帯電話に連絡をすると、

電源を切っているとのアナウンス。

メールも送信してみたが返信はない。

次の日も同じ状態であった。

1週間も連絡が付かず、心配のあまり当社にお電話をしたそうだ。

 

剛さんに詳しく話しを聞くと、彼女との連絡はいつも携帯電話にしており、家は札幌市の西区に住んでいるとしか聞いていなかった。

勤務先の名前も聞いていない。

探偵は「騙されましたね」と言った。

だが剛さんは「そんなことはありません、彼女に何か事情があるのです。

事故か病気で入院しているのかも」と信じている。

 

調査についての説明をし、剛さんから彼女の状況確認の調査を依頼いただいた。

 

早速調査を開始する。

様々な特殊調査を行い10日後、彼女の住所が判明し、彼女の健在を確認する。

調査を進めて行くと彼女の名前、年齢、職業など全てが嘘だった。

そして独身ではなかったのだ・・・。

夫、子供の4人家族。

やはり騙されていたのだ。

 

以上を依頼人の剛さんに報告させていただいた。

剛さんのショックは相当のものであった。

探偵は剛さんがこの状況を受け入れるのを待った。

 

後日、剛さんから連絡を頂き、今後の方向性を話しあった。

弁護士を立て、その女性に550万円の返済と慰謝料の請求をした。

幸い、貸したお金については銀行送金をしており、メールの送受信において

彼女の虚偽の立証が可能であった。

 

結果、その女性は550万円の返済と、慰謝料の支払いを行った。

アイシン探偵事務所TOP
2009年12月9日 水曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。


 

札幌在住の金子和子さん(65歳)からご相談を頂いたのは、

札幌大通公園に観光客が賑わう5月。

 

ご相談内容は息子 清さん(37歳)の交際相手について、

清さんは現在、旭川の病院に勤務医として働いている。

先日、人づてに清さんの交際相手の女性についての話を聞いたそうだ。

清さんとその女性は交際をして1年。

二人の間では結婚の話も進んでいるようだ。

まだ和子さんと夫には正式な話は清さんからは一切無いのが心配である。

そして心配の一つに、その女性がバツイチらしいとのこと。

 

今まで和子さんのところに清さんのお見合い話は幾つかあったようだ。

だが清さんは「まだ結婚するつもりはない」と断ってきたようだ。

 

探偵は和子さんに調査に関する説明などをさせて頂き、調査の依頼となった。

 

清さんと相手の女性に調査を、一切気づかれたくない。

という和子さんの要望を受け入れ、事前情報が全くない状況での調査開始である。

 

早速、清さんの住んでいる旭川市に探偵が入る。

車で勤務先から出てくる清さんを尾行。

真っ直ぐに帰宅せずにあるマンションの前に停車し、そのマンションの玄関から一人の女性が出てきて、清さんの車に乗り込む。

その後、カレーショップで食事をして清さんのマンションに行く。

 

朝7時10分にその女性と清さんがマンションから車で出てきて、その女性を彼女のマンションに送り、清さんが勤務先に出勤する。

 

その後も調査を続ける。

その女性は清さんの勤務先の病院の看護師、

やはりバツイチの女性であった。

年齢は35歳、前の結婚は26歳の時で3年の結婚生活だった。

離婚の原因についても調査を進めたが、どうやら前のご主人の浮気が原因だったようである。

 

女性の出身地が探偵と同じであったため、秘密裏の聞き込みも容易であった。

風評などの聞き込みをすると高評価と逆の評価が入り混じるものなのだが、

彼女は聞き込みをした全ての人から好意的な話が入ってきた。

 

探偵がたまたま持病のヘルニアの悪化があったので、彼女と清さんの勤務している病院に入院をする。

探偵が入院患者として彼女を観察していたのだが、勤務態度も良く、

患者からも信頼の厚い看護師であった。

 

その他の調査結果も含め、依頼人の和子さんに報告をする。

 

和子さんは清さんとその女性に会うことになった。

和子さんもその女性の人柄を確認し、清さんに結婚の後押しをしたそうである。

 

半年後、探偵のところに一枚の招待状。

探偵は和子さんの昔の友人として、その女性のウエディングドレスを見てきました。

アイシン探偵事務所TOP
2009年9月27日 日曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。


 

釧路市の安部義男さん(56才)は公務員、妻 友子さん(54才)と、長女 加奈さん(27才)
との三人暮らし。


最近、加奈さんが会ってほしいと一人の男性を家に連れてきました。

その男性は山本俊夫(30才)さん。 仕事は中古車販売店に勤めているとのこと。


一時間ほど話して帰ったが、普段、人と接することが仕事の義男さんはどうにも納得のいか
ない気持ちになりました。


加奈さんは結婚も考えていると言っているし、自分の勘だけで反対するのも説得力がないと
悩んでいました。

そんな時、知人の紹介で当社に相談してきました。


相談員は「転ばぬ先の杖」と思い、調査をお勧めいたしました。

翌日、当社にご来社いただき、再度、調査のご説明、費用のご案内をした後、契約。

当日より早速、調査に入りました。


結果は義男さんの勘が当たりました。

俊夫さんの風評、批評は最悪のもので、友人、知人にお金を借りて、返済もしていない状況。

また、勤務状態も決して良くはなく、女性関係も複数が確認されました。

その結果を踏まえ、加奈さんと話し合いをし、一時は余計なことをしたと義男さんを恨むような
言葉も言う加奈さんでしたが、結局、加奈さんは状況を受け入れ、俊夫さんと別れました。


現在は仲の良い親子に戻っているとのこと。

アイシン探偵事務所TOP