株式会社アイシン探偵事務所 TOP  >   各種調査メニュー  >  調査事例: 2009年12月 のアーカイブ

調査事例

2009年12月 のアーカイブ

2009年12月23日 水曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。





名古屋市で自動車関連商品の輸入販売、会社代表をしている塚田 慎司さんからご相談を頂いた。

相談内容は取引先の入金がされないこととその会社の実状の件であった。



塚田さんの経営するTSコーポレーションは主に中国より自動車関連の商品を輸入し、販売をしているのだが、
3月に北海道にある会社からインターネットを見た。

と問い合わせがあった。

色々と電話で話をし、10万円程度の商品を代引きで送った。

翌月から売り掛けにて取引をしたいとの申し出に末締めの翌月末日支払いで塚田さんは了解をした。



5月に30万円の取引、6月に70万円の取引をし、期日には入金もされていた。

7月にその会社は北海道の同業社に卸しをしたいとのことで、

800万円の注文があった。

数ヶ月の取引をし入金も確認できていたので、塚田さんは商品を手配して、

その会社に発送をしたのであった。



8月の末日、その会社からの入金がない。

すぐに先方の会社に電話をした。呼び出しはするのだが電話にはでない。

翌日も電話をするが電話にでない。



それから3日後、当社にご相談を頂いたのである。

探偵は塚田さんに詳細をお聞きした。

あまりにも無防備な内容であった。

その会社の登記簿の確認もしていない。取引に関わる契約書も全く交わしていないのであった。



探偵はその会社の調査依頼を受けた。

早速、調査を開始する。

商品を発送したその会社の住所を訪ねた。

確かに古いマンション1階に事務所らしきものはあったが誰もいない。



法務局に行き、登記簿の確認をする。

やはり、その会社が名乗っていた会社名での届出はない。

その会社付近で張り込みを開始する。

翌日、その事務所前に一台の車が止まる。

車から男性が降りてその事務所に入る。

1時間後、宅急便の車が止まり、その事務所にダンボール7箱を運び入れる。



その後、その事務所より男性が出てきて、車に乗り走行を開始する。

探偵はその車を尾行。



あるマンション駐車場に入り、その男性はそのマンション内に入った。

そこは男性の自宅マンションであることを後日確認した。



やはり塚田さんは騙されていたのである。

その男性はインターネットを見たと言っては、東京、大阪など北海道から離れている地域の会社に連絡をし、
最初は小額の取引をして支払いをきちっと行う。

数ヶ月後に多額の注文をし、未払いのまま行方をくらますのであった。



探偵は同様の被害があるのを数件確認した。



塚田さんは探偵の進めもあり、同様の被害にあった方々に連絡を取って、

共同で弁護士を使い、未払い金の請求訴訟を起こしたのである。



今回の事案でもお分かりのように、取引に関しては相手の会社の登記簿の確認

取引に対しての契約書を交わすのは絶対に必要である。



また新規に取引をする場合には、その会社が遠方であっても、

訪ねることは必要である。



インタ−ネットの普及により、様々な距離感が無くなっているように思われるが、

やはり現地に行って判ることも大切にしなければならない。

アイシン探偵事務所TOP
2009年12月17日 木曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。




千歳市在住の佐々木 真由美さん(29歳)からご相談を頂いたのは、

千歳に木枯らしが吹き出した10月。



ご相談の内容は、彼氏 近藤 武士さん(33歳)の不審行動についてであった。

武士さんは札幌市のある総合病院の精神科の勤務医をされている。

2年前に知人の誘いで出た合コンで知り合った。



真由美さんは千歳市で事務員として働かれている。

交際も2年になり、真由美さんも来年で30歳になる。

当然、真由美さんも結婚について考えだした。



何度か武士さんと結婚についての話をしたが、はっきりとした回答はない。

真由美さんも今後、結婚相手として自分に可能性が無いのであれば、

別れることも考えていたそうだ。



武士さんとの交際は2年間、ほぼ同じパターンで月曜日と木曜日に真由美さんのアパートに遊びに来て泊まり、
朝はそのまま勤務先に出勤する。



月曜日と木曜日以外には絶対に来ない。

また、他の曜日は基本的に携帯電話もつながらない。

武士さんいわく「他の曜日は遅くまで勤務しており電話には出られない」とのこと。

真由美さんの休みの土曜日、日曜日などゆっくりデートをしたいと誘うと

日曜日は学会に出なければいけないと、一度も会ったことはない。



最初はそんなものかと思っていたのだが、友達の交際の話を聞くとやっぱりおかしい。

何ヶ月も悩んでいたのだが、当社を友人に紹介されご相談を頂いたのである。

探偵も真由美さんの話を聞き、やはり違和感がある。

真由美さんも「はっきりさせたい」と探偵に依頼をされた。



早速、調査開始。

火曜日、武士さんの勤務先の病院から調査を始める。

午後6時45分、武士さんが病院通用口から出てくる。

駐車場に止めているポルシェターボに乗り、走りだす。

探偵は尾行を開始する。

武士さんのポルシェターボは猛スピードで走っている。

探偵はワゴンRターボで必死に追尾する。

同じターボ車でも相手はポルシェターボで、こちらは軽自動車。

探偵はパワーの差は腕でカバーと言いながら必死で追いかけた。



武士さんが着いたのは札幌の中心部にあるマンション駐車場。

自分の駐車スペースがあるようで、手馴れた感じでその駐車場に車を止める。

その後、そのマンションから女性と共に武士さんが出てくる。

再びポルシェターボに乗り、あるパスタ店に入る。

探偵も同店に入り、調査開始前に食事を済ましていたが、パスタを注文する。

運よく武士さんとその女性の隣の席に案内されたので、二人の会話を聞くことが出来たのと、
特殊マイクを使ったICレコーダーで会話を録音する。

やはり二人は恋人同士の関係であった。

その後、そのパスタ店を出て女性のマンションに宿泊し、勤務先に向かった。



翌日も同じく武士さんの勤務先の病院から調査開始する。

探偵は武士さんのポルシェターボのスピードに備え、知人より国産車最速のランサーターボを借り、
調査に備える。



午後6時50分、武士さんが病院通用口より出てきて、ポルシェターボに乗り走行を開始する。

探偵が追尾をするが、昨日よりは楽に行うことが出来た。



武士さんは江別市のあるマンション駐車場に駐車し、そのマンションに入る。

翌日の朝、マンションから勤務先に向かう。



探偵はその後も調査を継続する。

結果は真由美さんを含めた3人の女性と交際をしており、月木、火金、水土の各曜日で分けて交際をしており、
日曜日は自宅からほとんど出てこない。

たぶん1週間の疲れを取っているのだろう。



3日後、真由美さんは武士さんに別れを告げた。

アイシン探偵事務所TOP
2009年12月17日 木曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。




小樽在住の木下 知里(35歳)さんからご相談を頂いたのは、

小樽の町が雪で真っ白な2月。



ご相談の内容は夫 義弘(38歳)さんの浮気について。

義弘さんは公務員をしており、職場の女性と浮気をしているらしい。

狭い町なので、その噂は知里さんの耳にも入ってきたそうだ。



何度か知里さんは義弘さんと話をしたようだが、「そんなことは根も葉もない噂だ」

「俺を信じられないなら離婚しかない」などの言い訳と開き直り。



そこで確定的な証拠が欲しいとのことでした。



正式な依頼を頂いて探偵は調査を開始した。



金曜日、ご主人の退社時から調査を開始する。



午後6時15分、義弘さんは勤務先駐車場に止めている自分の車に乗り込み、

走行を開始する。

町外れの大型スーパーの駐車場に入る。

一台の車から女性が降り、義弘さんの車の助手席に乗り込む。

その後、義弘さんの車は走行を開始する。

札幌方面に義弘さんが車を走らせる。

ラブホテルに入り、2時間後に出てきた。

その後、待ち合わせた大型スーパー駐車場にて女性を降ろし、

義弘さんは帰宅をする。

やはり女性は、知里さんの情報通り職場の同僚であった。



継続的な不貞行為の証拠取得のため、探偵はその後も調査を続ける。

義弘さんとその女性の行動はパターン化しており、例の大型スーパー駐車場で

待ち合わせをし、同じホテルに行く。



調査を開始して2週間後、最後の調査日。

その日は朝から大雪であった。

義弘さんはいつものようにその女性と待ち合わせをし、ホテルに向かう。

探偵は義弘さんの車の走行状況を撮影しながら尾行をする。

ホテルに向かう道は緩やかな坂道で道幅も狭い。

義弘さんはハンドルを雪に取られたらしく、雪山に車を乗り上げてしまった。



探偵の車には、スコップ・ヘルパー・長靴など、冬の非常時に備え

道具は揃っている。

義弘さんの車が完全に道路をふさいでいるため、追い越すこともできず、

Uターンも道路が狭すぎて出来ない。

車に3人の探偵が乗っていたので、1人の探偵は車の中に隠れ、2人の探偵が義弘さんの車の脱出を手伝う。



その女性も車の助手席から降りて車を押す。

すぐに車は雪山を脱出する。

その状況を探偵車両に隠れている探偵が終始撮影をしたのだ。



義弘さんとその女性は探偵に何度もお礼を言って、自分の車に乗り、

ホテルに入って行った。



その後、全ての調査を終了した。



知里さんは探偵の報告書を確認し、義弘さんとその女性との3人で話し合いをした。

義弘さんとその女性は、今後二度とこのようなことをしない。と知里さんに約束をした。



当初は弁護士を介入させての離婚と慰謝料の請求も考えた知里さんであったが、

子供のためにも離婚を回避することを選択したのだ。



後日、知里さんから報告書を見せられた義弘さんはポツリと「彼らは探偵だったのか」と言っていたそうだ。

アイシン探偵事務所TOP