調査事例

調査事例

 
2009年9月27日 日曜日

元彼女 自分だけが![北見 ストーカー事件]

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。


 

北見市の佐藤雄二さん(31才)はレントゲン技師として病院勤務している。

家族は妻 真由美さん(30才)と娘 真菜ちゃん(1才)の3人暮らし。


ご相談の内容は、自宅と勤務先への怪文書。

内容については、本人を誹謗中傷するものだとのこと。

また、自宅には頼んでもいないピザが届いたりもしたとのこと。


佐藤家には小さな子供もいることから、何かあっては遅いとの観点から調査依頼となりました。

我々、探偵は雄二さんの現在の友人関係職場での人間関係また職務上のトラブル、
過去の交際相手などなど
の詳細をお聞きしました。


調査結果としては、雄二さんが妻 真由美さんと結婚する前にお付き合いをしていた女性
啓子(31才)でした。


探偵が確認した状況をもとに本人と接触し、なぜそのようなことをしたのかを聞いたところ、
雄二さんと別れた後、自分も結婚したが、夫の浮気と暴力などで離婚をしたそうである。

その後、偶然に佐藤さん家族が幸せそうに買い物をしているのを見かけて、自分だけが取り
残された思いになったようである。

だからと言って許されるものでもないが、雄二さんの寛容な気持ちもあり、雄二さんに直接、
謝罪をして終了となった。

タグ:
カテゴリー:ストーカー調査対策
アイシン探偵事務所TOP