株式会社アイシン探偵事務所 TOP  >   各種調査メニュー  >  調査事例: ‘函館’ タグのついている投稿

調査事例

‘函館’ タグのついている投稿

2010年2月19日 金曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。



山田 博さん(35歳)は函館在住の会社員。

妻 美幸さん(37歳)はスーパーのパートをしている。

子供は長男 裕也君(3歳)の3人家族。



博さんからご相談いただいた内容は、妻 美幸さんからの離婚要求であった。

数ヶ月前から美幸さんの外出が増え、博さんが会社から帰宅すると同時に

友人との飲み会と言って外出するのであった。

帰宅も深夜の3時を過ぎるようになった。

博さんも美幸さんと何度も口論になった。

そんな時、美幸さんから突然の離婚の申し出。

博さんは「離婚はできない」と言ったところ、美幸さんは別居を強要してきたのである。

何度も話し合ったのだが、結局は博さんがアパートを別に借り別居に至ったそうだ。

そして美幸さんは、別居の条件として自宅アパートの鍵は置いていく事と、

自宅アパートには近づかない事を約束させる強引なものであった。



その後探偵は博さんから妻 美幸さんの現状の行動調査の依頼を頂いた。



早速、翌日から調査を開始する。

美幸さんは仕事が終わると裕也君を保育所に迎えに行く。

途中、スーパーに買い物をして自宅アパートに帰る。

帰宅状況に違和感は無かった。

午後9時、一台の車が自宅アパート裏に駐車する。

その車を降りた男性が妻のいる自宅アパートに入った。



探偵はその後、張り込みを継続する。

その男性が出てきたのは翌日の午前6時であった。

なんと博さんの自宅アパートの泊まっていったのであった。

探偵はその後も調査を続けるとともにその男性の身元調査を進めた。

その男性は美幸さんの職場の上司であった。



博さんが別居をしてから週に何度も泊まりにきていた。

その男性は週末など金曜日から泊まり月曜日に自分の自宅に帰るようになっていた。

探偵は博さんに以上の状況を報告した。

博さんは悔しさから震えながら報告を聞いていた。

探偵と博さんは今後の方向性を決めるため何度も話し合いをした。

探偵は博さんに弁護士を紹介し、弁護士からその男性に対しての慰謝料の請求と妻
恵美さんとの交際中止の要求をしたのであった。



その男性は慰謝料の請求と交際中止を一応は了解した。

美幸さんは、逆切れし開き直った。

一向に美幸さんとの話し合いは進まない。



だが夫を強引に追い出し、裕也君もいる自宅に浮気相手を泊まらせる。

この美幸さんの行動にどのような言い訳ができるのだろう。



浮気にも最低限のルールはあると思うのだが・・・



博さんはあまりの事態に疲れ果て、当面の別居を決め、

今後についてはゆっくりと考えていくそうである。

アイシン探偵事務所TOP
2009年11月28日 土曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。


 

函館在住の佐々木 健一さん(52歳)からご相談をいただいたのは、函館も風が冷たくなってきた9月中旬のこと。

2年間連絡の取れない息子、聡さん(24歳)を探してほしいとのご相談であった。

 

聡さんは3年前に就職のため、旭川に引越し生活をしていた。

数ヶ月に一度連絡があり、近況を話していたようだ。

だが2年前の8月、聡さんの携帯電話に電話したところ「現在使われていません」とのガイダンスが流れてきた。

その後、手紙を送ってみたが宛先不明で戻ってきた。

聡さんの会社に連絡してみたが1年前に退職をしているとのこと。

 

健一さんと洋子さん(健一さんの母親)が旭川に住んでいた聡さんの住まいを訪ねてみたが既に別の住人が住んでいた。

健一さんの友人などにも連絡を取ってみたが、有力な手がかりが得られなかった。

健一さんと洋子さんは、自分達で色々探し回ったが、2年を経過しても

聡さんを見つけることができなかった。

 

そこで当社にご相談を頂いたのである。

調査方法の説明、ならびに費用のご案内をさせて頂き、依頼となった。

 

早速、探偵が旭川に行き、聡さんが勤めていた勤務先を訪ね、当時の同僚の人達に

お話を伺ったが、突然の退社で具体的な話は聞かれなかったが、

聡さんは一人の同僚に、「函館に帰ろうかな」と言っていたそうだ。

また、聡さんが函館に住んでいた時の友人にも聞き込みを続けた。

その中の一人が、函館市内で見かけたと情報が入った。

仮に函館に帰っているのなら、実家に連絡があってもよいのだが・・・・

 

2週間後、聡さんを発見。

やはり函館に帰ってきていたのである。

函館市内にアパートを借り、運送会社で働いていた。

 

探偵は健一さんと洋子さんを聡さんのアパートにお連れした。

3年ぶりの再会である。

聡さんが話した内容は「旭川で働いていた時に職場内での人間関係で辞めてしまったが両親には言えなかった」とのこと。

父親の健一さんから、聡さんに何事も「石の上にも3年」と聞かされていたようだ。

 

そんな事もあり、函館に帰ってきたが連絡ができなかったようだ。

 

現在、聡さんは実家に戻り生活をしている。

アイシン探偵事務所TOP
2009年9月27日 日曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。


 

函館市の 夫 長谷川学(39才)、 妻 清美(41才)、娘 優奈(1才)の3人家族。

9月某日に妻 清美さんから当社無料電話相談室にご相談の電話が入りました。


内容は夫 学さんが仕事が忙しいとのことで、週2日位は帰宅、残りの日は会社に泊まり込み
で仕事をしているとの状況でした。

最初は奥様も夫の話を信じていましたが、やはり何かあるのではないかとの疑惑がでてきた
そうです。

相談員が詳細をお聞きしたところ、やはり不自然な状況が多数出てきました。

そこで、奥様に調査プランのご案内をするとともに、調査を行うことは、現実を見てしまう辛さ
もあることをご説明いたしました。



1週間後、奥様より再度のお電話をいただき、「現実を確認し、例え辛い状況がでてきても、
私は戦います」との言葉でした。

調査依頼を承り、女性スタッフ2名 男性スタッフ1名の調査チームを編成し、調査を開始し
ました。

まずは、ご主人の行動確認からスタート。

やはり、女性(26才)との交際状況の確認がされました。

その女性とは仕事を通じて知り合い、調査によると交際も1年位になっていました。

調査において継続的不貞関係の証拠取得も完了いたしました。

その後、ご夫婦ならびに前記女性が協議を重ね、一時は奥様も裁判も辞さない状況でしたが、
結果としては完全に和解となりました。

先日、奥様よりご連絡をいただき、夫の態度も以前より優しくなっているとのこと。

まだまだ、自分の心の傷は消えませんが頑張っていきますと言っていました。

探偵も、この家族が二度とこのようなことがなく、幸せが続くよう願うばかりです。

アイシン探偵事務所TOP