株式会社アイシン探偵事務所 TOP  >   各種調査メニュー  >  調査事例: ‘帯広’ タグのついている投稿

調査事例

‘帯広’ タグのついている投稿

2009年9月28日 月曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。


 

帯広市に在住の夫 岩崎 敏夫さん(36歳) 妻 良子さん(33歳) 長男 一樹君(11歳) 次男 祐樹君(9歳)の4人家族。

夫 敏夫さんからのご相談は妻からの突然の離婚調停の申し立てについてであった。

良子さんは2年前に一度、浮気をしており、夫との話し合いで「今後、その男性との交際は一切しない」との合意をしている。

だが、その後の夫婦関係についてはギクシャクしており、家庭内別居に近いものであったようだ。

また、最近パートに出てからの行動も飲み会や残業などが多く、違和感があったようだ。


離婚調停においての良子さんの要求も非常に一方的で「養育費は2人の子供に対して合計10万円」「財産が無いため引越し費用その他の経費として200万円」とのこと。

敏夫さんと綿密な打ち合わせを行った後、調査依頼となった。 


まず、良子さんの行動調査をし、浮気などの不貞行為が無いのか?

また、以前の浮気相手の男性との交際状況。

その中で「奥さんの原因があればその事柄についての明確化および証拠取得」


早速、良子さんの日常の行動調査を開始する。

当初は以前の浮気男性との交際を想定していたが、その男性はすでに結婚をしており、良子さんとの接触はない。


そこで、継続して良子さんの行動調査を続ける。

気になる点がでてきた。


良子さんがパート先のアルバイトの高校生を頻繁に車で送って行くのである。

また、その高校生の自宅に送って行くと、そのまま高校生の自宅に入っていくのである。

勤務が休みの時も、その高校生の自宅に入り浸る状況。敏夫さんに「女友達と飲みに行くと言っては深夜まで高校生の自宅に行く。高校生の家族は、父、母、本人、弟の4人である。

調査結果としては、良子さんとその高校生は性的な関係も含めて交際をしていた。

探偵も絶句であった。

年齢も15歳離れており、一方は子供が2人もいる主婦、相手は17歳の高校生。常識的にはありえない組み合わせである。

敏夫さんは当社紹介の弁護士に委任をし、良子さんと高校生に対しての慰謝料の請求と子供の親権の要求である。

結果として良子さんは慰謝料を支払い、高校生は未成年であり支払い能力が無いため、親の管理不足の迷惑料としての支払いで合意がなされた。

現在は敏夫さんが実家に戻り、両親の協力を得ながら、長男、次男と暮している。

探偵も敏夫さんの心の傷が癒えることを願わずにはいられない依頼であった。

アイシン探偵事務所TOP
2009年9月27日 日曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。


 

札幌市の曽根まやさん(28才)からお電話を頂いたのは2年前の6月の初夏の日。

日曜日の午後に当社の無料相談にお電話を頂いた。

内容はその年の4月に職場の人間関係の疲れから会社を退職され、京都に一人旅に出か
けたそうである。

心の癒しも兼ねて、宿泊先も決めずにゆっくりとした旅行である。

京都について二日目の夜、ふらりと入った居酒屋のカウンターで一人の青年と隣り合わせになった。

なにげない挨拶から、たあいのない話になり、偶然にも同じ北海道からの旅行者であることが分かり、
話がはずんだ。

その青年の名前は小林次郎さん(33才)。次郎さんも会社の勤続10年のリフッレシュ休暇だそうである。

2時間ほど、その店で話をし、翌日は一緒に京都散策をすることになった。

翌日、待ち合わせをし、観光ルートを一緒にまわり、本当に楽しい時間であった。


明日、次郎さんは北海道に帰る日。 まやさんは一緒に飛行場まで見送りに行き、今度、
北海道で会いましょうとお互いの住所と名前の交換をし、再会を約束した。


その後、まやさんは京都観光をさらに2日間し、北海道に戻ったそうです。

自宅に帰り、さっそく、次郎さんに手紙を書こうとしたが、次郎さんからもらった住所のメモがない。

カバンの中を全て探したがみつからなかった。

宿泊先のホテルにも連絡したが、メモらしいものはなかったとのこと。


手紙を書きたくても、まやさんの方から出すことはできなくなり、まやさんは次郎さんから
の手紙を待ったそうである。

ですが、次郎さんからの手紙は来なかった。


そうして一ヶ月が過ぎたが、まやさんの心には「もう一度、次郎さんに会いたい」との思い
が日増しに強くなっていたそうです。


恋をしてしまったのです。

まやさんなりに一生懸命、次郎さんの話していたことを思い出し、自分で探せないかと動いてみたのですが無理だったようです。

その話を友人に話したところ、当社をその友人から聞き、ご相談いただいたそうだ。


相談員といろいろな話をし、まやさんからの正式な依頼となりました。

さっそく、調査員がまやさんから次郎さんの話していたことを詳細にお聞きした。


手がかりとしては名前、北海道の帯広に住んでいる、会社員で車関係の営業して
いる、以上である。


調査員が現地に飛び、調査を行った。

二週間後、次郎さんの職場が分かり、調査員が勤務先にむかった。

次郎さんに今回の依頼の内容とまやさんの気持ちを伝えた。

次郎さんは驚かれると同時に嬉しそうであった。

実は次郎さんは京都に旅行に行ったのはリフレッシュ休暇を取れたのもあるが、結婚を
約束した女性と別れてしまった失恋旅行であったそうだ。


次郎さんもまやさんに手紙を書き、その手紙を何度かポストに入れようとしたが、失恋直後
の次郎さんは勇気を出せなかったそうである。

やはり、次郎さんもまやさんの手紙を待っていたのである。

まやさんは札幌、次郎さんは帯広。距離にして200キロの遠距離恋愛のスタート。

先日、探偵のところに一枚の招待状。

次郎さん、まやさん、結婚おめでとう。

アイシン探偵事務所TOP
2009年9月27日 日曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。


 

帯広市の尾西 孝司さん(48才)から当社無料相談にお電話を頂いた。

内容は息子 大樹君(15才)の家出について。

中学3年生の夏休みであり、受験においても大切な時期である。

お電話いただいたのは家出をして5日目。すでに父 孝司さんは学校に報告をし、大樹君の
友人関係の連絡先を聞き、すでに自分なりの調査をなさっていた。

複数の情報と家出当日の大樹君の様子などを調べていました。


大樹君にとって大切な時期でもあることからやはりプロの探偵社に依頼をして一日でも早く
発見したいとの要望もあり、即日、当社に依頼となった。

男性2名、女性2名の調査チームを編成し、ゲームセンター、公園、24時間スーパーなどに
聞き込み、手配書の配布をする。

また、大樹君の友人数名をマークし、大樹君との接触を待つ。

多少の目撃情報が入るものの、調査は難航し、大樹君の確保には至らない。

失踪後3週間を経過し、調査の方向性を広げようとのことになり、公園にてホームレスの方たち
にも聞き込みを開始した。

その2日後、あるホームレスの方より情報が入り、タニグチさんというホームレスの方と行動を
共にしているとの話である。 

タニグチさんは駅とショッピングモールの通路に夜は居るとの情報。


その日の夜、調査員はその場所に行き、大樹君の確認をする。

至急、依頼人のお父様に来ていただき、大樹君を保護していただく。

大樹君の話によると、家出の原因は、当日、友人の家で遊んでいると、門限の時間を過ぎてし
まい、叱られること思い、そのまま3週間が経ってしまいますます帰りづらくなっていたとのこと。


タニグチさんもまさか中学生とは思っていなかったようである。

発見時、大樹君を見た父 孝司さんは真っ黒く日焼けし、少しヒゲも伸びた息子がたくましく
思えたとのこと。

アイシン探偵事務所TOP