株式会社アイシン探偵事務所 TOP  >   各種調査メニュー  >  調査事例: ‘恵庭’ タグのついている投稿

調査事例

‘恵庭’ タグのついている投稿

2009年9月30日 水曜日

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。


 

恵庭市に在住の夫 阿部 寿彦さん(33歳)、夫 美代子さん(35歳)のご夫婦。

寿彦さんは損保会社の経理部門で勤務。 美代子さんは看護師で入院病棟の主任をされている。

知人の紹介で知り合い、結婚5年目のご夫婦である。

1年前に美代子さんから夫 寿彦さんの浮気調査を依頼され、その時に会社のパート社員の女性(バツイチ 34歳)との交際が発覚し、寿彦さん、美代子さん、その女性との3人で話し合い、今後は一切交際しないと、寿彦さんとその女性から謝罪を受け、一応問題の解決に至っていた。

再び美代子さんからお電話を頂いたのは、恵庭の山々が紅葉で美しい10月のこと。

「あれ以来数ヶ月は大丈夫でしたが、最近また夫の行動が怪しい」と。

美代子さんは看護師で主任のため、当直が週に2度はあるそうです。

その当直の時に、寿彦さんが外泊をしているらしいとのこと。

ベッドの掛け布団は乱れているが、シーツは全くの乱れがない。

浴槽に水滴が残っているが、タオルは濡れていない。

家にいたのを偽装するために寝てもいないのに掛け布団を乱し、入浴していないのに浴室に水を撒いていたのである。


再度、美代子さんから調査依頼を承った。

前回の調査後、美恵子さんが当社報告書を見せての話し合いだったことから、寿彦さんも警戒している可能性が高い。

前回は車で浮気をしていたが、今回は自転車を使っての外出であった。


早速、美代子さんの当直の日からの調査開始である。

女性探偵も自転車を使っての尾行である。

寿彦さんの乗っている自転車は、妻 美代子さんから2ヶ月前の誕生日に、プレゼントした高級スポーツ自転車。 20万円以上したものである。

女性探偵の乗る自転車はホームセンターで購入した9,800円の折りたたみ自転車である。

探偵の意地で自転車をこぎ続けた。

やはり、たどり着いたのは前回の浮気相手の女性宅であった。

事前に予測待機していた探偵がその女性宅に入るのを撮影する。

寿彦さんがその女性宅を出たのが翌朝6時30分。

再び自転車に乗り自宅に帰り、着替えをして出勤する。


その後も調査を進めると、寿彦さんとその女性は勤務終了後、会社近くで待ち合わせをし、ファーストフード店などでお茶をして別れる。

前回の浮気発覚後も脈々と交際を継続していたようだ。


以上を美代子さんに報告をさせていただく。

美代子さんも非常に悩んだ末、今回は離婚を決意された。

当社紹介の弁護士が代理人となり、両名に対しての慰謝料の請求などを行い、離婚に至った。

アイシン探偵事務所TOP