調査事例
case study

調査事例 調査事例
  • HOME
  • 調査事例:その他

知っておきたい調査事例:その他

株式会社アイシン探偵事務所で行った調査事例を紹介いたします。

2022年7月24日 日曜日
下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

札幌市在住の野崎正志さん(35歳)から依頼を承った。

正志さんは3カ月ほど前に交通事故にあったのです。

交差点で信号待ちをしていたときに、後ろから追突された。

かなりの衝撃だったため、正志さんはむち打ちになってしまい、車もかなり破損をした。

相手は小林雄太氏(26歳)

小林氏は任意保険に入っておらず、人身の補償は自賠責保険で一部対応されるが、物損について保険適用はない。

警察には人身事故で届出を出した。

だが、小林氏は損害金を一向に払ってこない。

正志さんは自分の加入している「弁護士特約」を使い、弁護士から何度も支払い督促を出すのだが、連絡が来ず、

電話をかけても、まったく電話に出ない。

訴訟を起こしたが、小林氏は裁判にも出席せず、裁判所は損害額を確定し、判決を出してくれる。

そして小林氏の職業を調べ、給与の強制執行をおこなうことにする。

探偵への依頼は、小林氏の職業、勤務先の確認調査であった。

さっそく探偵が調査を開始する。

10日ほどの日数を要したが、探偵は小林氏の勤務先を突き止める。

小林氏は大手金融会社の正社員として働いていた。

すぐに小林氏の給与の強制執行をおこなった。

翌月、小林氏から残った支払いの一括返済の申し出があった。

アイシン探偵事務所 札幌店TOP

2022年7月23日 土曜日
下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

函館山からの夜景がいっそう綺麗に見える11月。

函館在住の酒井由美さん(38歳)から、元夫である酒井豊さん(42歳)の勤務先調査を依頼された。

由美さん夫婦は3年前、豊さんの浮気問題で離婚された。

調停で慰謝料、長男 拓也君(11歳)の養育費などを取り決めた。

慰謝料は豊さんが父親から借りて離婚前に払ってきていた。

養育費も当初は決められた日にきちんと振り込んできていた。

だが、4カ月前から豊さんからの養育費が途絶えた。

由美さんは豊さんにLINEをしてみたが、既読にならない。

電話をかけてみるが、「現在、使われていません」とガイダンスが流れる。

由美さんは豊さんの家を訪ねるが、引越しをしていた。

幸い住所は由美さんが豊さんの戸籍を取得して判明した。

豊さんは函館から札幌へ転居していたのだった。

そこで由美さんは豊さんの仕事を確認して、給与の強制執行をすることを決めた。

由美さんもフルタイムで働いてはいるが、長男 拓也君も中学生でお金がかかる時期であった。

やはり豊さんの養育費は必要だったのです。

さっそく探偵が調査を開始する。

豊さんの転居先のアパートから豊さんが出てくるのを確認し、尾行をする。

数日間、調査をおこなった結果、豊さんの勤務先が判明する。

豊さんは札幌市内の建設会社で働いていた。

その結果を踏まえ、由美さんは弁護士に委任し、裁判所の手続きをおこない、豊さんの給与の差し押さえをおこなった。

その後、豊さんから連絡があり、養育費は今後はきちんと払うことを約束した。

アイシン探偵事務所 札幌店TOP

Area 調査エリア

北海道全域調査可能

株式会社アイシン探偵事務所では北海道の下記地域他、
北海道全域において調査を承っております。

札幌市 留萌市 稚内市 根室市 夕張市 名寄市 釧路市 帯広市 北見市 網走市 旭川市 深川市 滝川市 赤平市 芦別市 富良野市 砂川市 美唄市 岩見沢市 小樽市 恵庭市 千歳市 苫小牧市 函館市 室蘭市 士別市 紋別市 江別市 登別市 伊達市 石狩市 北斗市 歌志内市 三笠市 北広島市

東北・関東・東海・関西全域
グアム・ハワイおよびアメリカ合衆国全域
韓国・シンガポール

年中無休・24時間 ご相談・お見積無料!

札幌を拠点に北海道全域で調査を承っております。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(9:00~24:00受付)

011-598-1230

メール・LINEでのお問い合わせ(24時間受付)

メールフォーム LINEでメッセージ