調査事例

調査事例

 
2009年12月10日 木曜日

盗聴されてますよ・・・・・・・[旭川 盗聴器発見調査・盗撮調査]

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。


 

旭川在住の小川 裕子さん(28歳)からご相談を頂いたのは、

旭川に初雪が降った11月。

 

ご相談の内容は盗聴・盗撮のご心配についてでした。

裕子さんはニュークラブのホステスをしている。

最近、匿名でラブレターが届いたり、空き巣に入られたりした。

一応用心のため盗聴・盗撮の調査を依頼したいとのことでした。

若い女性の一人暮らしのため、セキュリティーの観点からも調査依頼をされた。

 

翌日、裕子さんのお仕事が終わり自宅に帰られる午前1時に伺った。

様々な専用機材を持ち込み、調査を開始する。

探偵の盗聴波・盗撮波調査機材に不審周波数の反応がある。

裕子さんの部屋にある様々なものを確認する。

慎重に調査を続けるが盗聴器自体を発見するに至らない。

 

調査機材をレシーバーに変更し、盗聴波・盗撮波の受信確認を行う。

スタンダードな盗聴周波数にサーチオンする。

ノイズの調整、消去をすると女性の声を拾う。

 

音声から判断すると男女の性交渉の声であった。

 

調査の結果、依頼人のお隣からの盗聴波であった。

 

依頼人の裕子さんはお隣の方とは面識もあるようで、翌日盗聴されていることを

知らせすることに致しました。

 

裕子さんのような結果は特別なことではなく、特に札幌などの100室以上あるような

ワンルームマンションではよくあることである。

 

最近は盗聴器・盗撮器などがインターネットなどで匿名購入ができるため、

安易に購入して、使用するようである。

 

女性の一人暮らしの場合は、その後の犯罪を誘導する可能性もあるため、十分気をつけてください。

タグ:
カテゴリー:盗聴器発見調査・盗撮調査
アイシン探偵事務所TOP