Case study調査事例

浮気調査(行動調査)  

ラブホテルには行ったが浮気はしていない[苫小牧 浮気調査]

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

苫小牧在住の小川 清美さん(35歳)からご相談をいただいたのは
苫小牧に初雪が降った11月。

清美さんは夫 正志さん(37歳)と長男 雄二君(9歳)の3人家族。

正志さんは食品会社の営業。

ご相談の内容は夫 正志さんの浮気疑惑についてであった。

正志さんが急に飲み会と称しての外出が増え、多いときは週に3度も出かけ、
帰宅も午前3時を過ぎる。

清美さんと何度かご相談を重ね、当社に正式に調査を依頼された。

探偵は早速、正志さんの勤務先からの退社後からの調査を始めたのである。

調査2日目、正志さんは車で帰宅する途中、あるホームセンターの駐車場に入る。

閉店後の駐車場に既に一台の車が止まっている。

その車に正志さんの車が横付けする。

その後、正志さんがその車の助手席に乗り、話をしているようである。

1時間後、正志さんの車とその車が同時にホームセンターの駐車場を出ていく。

翌日、その車が正志さんの会社の同僚女性の車であることが判明する。

調査4日目、正志さんがお客さんの接待と言って帰宅後に再び外出をする。

途中でタクシーを拾うと徒歩で家を出る。

自宅近くのコンビニにその同僚女性の車が止まっている。

正志さんがその車に乗り込むと車は走り出す。

その後、車は街外れのホテル街へ。

あるホテルの駐車場に入る。

二人がホテルに入って行く。

探偵がホテル付近で張り込みを開始する。

5時間後、二人がホテルを出てくる。

その後、待ち合わせをしていたコンビニに行き、正志さんが車を降り、
帰宅したのであった。

その後も調査を継続し、同じような状況を2度確認をして調査を終了。

清美さんは調査を依頼して浮気の状況を確認したことを正志さんに告げた。

正志さんも観念をし、ホテルに行ったことは認めた。

だが「ホテルには行ったが浮気はしていない」の一点張り。

また「だからどうしたんだ」と開き直る。

清美さんは、何度か正志さんと話し合いを持ったが平行線である。

結局、清美さんは正志さんと慰謝料を含め、離婚訴訟を起こしたのである。

正志さんは裁判においても「ホテルには行ったが浮気はしていない」との
主張を繰り返す。

当然、正志さんの主張が認められるわけもなく、正志さんに慰謝料の判決が下ったのである。

探偵も調査において当事者たちの入ったホテルの部屋までは侵入できません。

だが「ホテルに入って浮気はしていません」は裁判では通りません。

関連記事

浮気調査(行動調査)調査依頼のきっかけはお弁当・・・

ウトナイ湖の白鳥が北へ飛び立つ4月。 苫小牧市在住の朝日涼真さん(34歳)から妻 彩未さん(29歳)の行動調査を依頼される。 涼真さんは病院で事務職の仕事をしている。 彩未さんは長男 優希君(1歳)が生まれ、産休中である… 続きを読む 調査依頼のきっかけはお弁当・・・

浮気調査(行動調査)教員同士のW不倫・・・

苫小牧にも秋風が吹く11月。 当興信所へ沼田砂羽さん(36歳)から夫 一馬さん(38歳)の浮気調査を依頼される。 砂羽さんは看護師、一馬さんは教員をされている。 3ヵ月ほど前から一馬の様子が不審になっていった。 帰宅時間… 続きを読む 教員同士のW不倫・・・

盗聴器(盗撮器)発見 電磁波調査・GPS器材発見前住人の盗聴事件[苫小牧 盗聴器発見調査]

苫小牧市の小林美由紀さん(29才)は看護師で某病院に勤務している女性。 現在はお付き合いしている男性もいなく、仕事とスポーツクラブに通う日々を過ごしていました。 7月の某日、当社無料電話相談に美由紀さんからのお電話を頂き… 続きを読む 前住人の盗聴事件[苫小牧 盗聴器発見調査]

Survey area

アイシン探偵 調査エリア

中央区大通公園 中央区大通公園
北海道北海道全域調査
株式会社アイシン探偵事務所では札幌市内、札幌市近郊、北海道全域において様々な興信所・探偵調査に対応しております。
札幌市内
中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区 札幌市近郊

東北・関東・東海・関西全域
グアム・ハワイおよびアメリカ合衆国全域・韓国・シンガポール

ご相談・お問い合わせ Contact

24時間年中無休
ご相談お見積無料

札幌を拠点に北海道全域で調査を承っております。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

Our social media
お電話でのお問い合わせ
011-598-1230 9:00-24:00受付
LINEでのお問い合わせ
LINEでメッセージ 24時間受付