例えば、夫の浮気問題が発覚する。

夫は逆ギレ、開き直る。

そして浮気相手が妊娠をしてしまう。

夫は「どうしても離婚しろ」とさらに迫ってくる。

法律では夫がなんと言おうが離婚は認めてくれません。

妻が離婚を承諾しない限り、離婚はできないのです。

今、夫の浮気、そして離婚を迫られている奥さんたちへ。

有責配偶者である夫からの離婚請求は認められないのです。

だからこそ、夫が強引に離婚を迫ってきたのなら、

「そんなに離婚したいなら、私が納得する慰謝料を払いなさい」と

キッパリと言い切ってください。

(株)アイシン探偵・興信所では北海道全域にて
様々な調査を承っております。

浮気調査 別居と婚姻費用

例えば、夫の浮気問題が発覚する。

だが、夫は逆ギレ、そして開き直る。

そして、夫は強引に家から出ていき、別居状態になる。

探偵はこのような展開をたくさん見てきました。

このとき、奥さんは「生活は夫の給料が口座振り込みだから大丈夫」と安心をする。

だが夫は、給料の振込口座を変え、妻の管理する口座にお金が入らないようにする。

夫の浮気、そして夫が強引に別居をした場合、

奥さんは自分と子供の生活費を夫に要求することが必要です。

だからといって夫が素直に妻の要求通りに「婚姻費用」を払ってくることは稀です。

夫が強引に別居をした場合、まずは婚姻費用の請求です。

給料は振込だから大丈夫。などの楽観的な考えはダメです。

婚姻費用請求の調停準備なども必要です。

(株)アイシン探偵・興信所では北海道全域にて
浮気調査・行動調査・身元調査・企業調査・盗聴盗撮器調査など、
様々な調査を承っております。

離婚問題 慰謝料と財産分与

例えば、夫の浮気問題が発覚する。

夫は妻に謝罪するところが、逆ギレをして開き直る。

このようなとき、奥さんは離婚も検討せざるを得ない。

そのとき奥さんには2人に「慰謝料」を請求する権利がある。

自分を裏切った配偶者である夫。

そして、夫の浮気相手の女性である。

だが、残念ながら日本の法律において慰謝料は安い。

夫の浮気相手の女性に対しての慰謝料は「50万円」~「150万円」

夫への慰謝料は結婚年数などによっても変動するが、「150万円~300万円」

ここで一つの注意事項があります。

仮に浮気相手の女性が先に慰謝料を支払ってきた場合、

その後、夫から支払われる慰謝料は浮気相手の女性が払った慰謝料が引かれることになります。

いずれにしても、「慰謝料」だけにとらわれず、

「財産分与」や「養育費」などをしっかりと交渉することが大切です。

夫の浮気問題で離婚。

慰謝料は高くない

だからこそ、財産分与や養育費などもしっかりと請求することが大切です。

(株)アイシン探偵・興信所では北海道全域にて
様々な調査を承っております。
まずはお気軽にご相談ください。

浮気を繰り返す夫

例えば、結婚しても浮気を繰り返す夫、

結婚しても、実家に子供を預けて遊びまわる妻、

子供が生まれても、自分の趣味にしかお金を使わない夫、

俺は結婚したからといって自由に生きたいんだ。など、

何事においても我慢ができない人たちが多いように思います。

何事も我慢せずに大人になった人は結婚しても「我慢」ができない。

結婚を考えている人たちへ、

その人は我慢のできる人ですか?

(株)アイシン探偵事務所・興信所では、北海道全域で
浮気調査・不倫調査・素行調査・家出人調査・失踪人調査・結婚調査 ほか
様々な調査を承っております。

浮気調査 「なぜ浮気を認めない!?」

例えば、妻の不審な行動が続く。

飲み会、ミーティング、といっては深夜まで帰宅しない。

実家に帰るといっては子供を実家において遊び歩いている。

すると突然離婚を迫ってくる。

妻からの離婚は、唐突過ぎて何がなんだか分らず戸惑い、

夫は探偵に相談し調査を依頼する。

調査を始めると、まもなく浮気相手とラブホテルへ入る状況を確認し撮影する。

その後も調査は進み、確実な証拠を得て終了する。

数日後、依頼人の夫から電話が入る。

夫  「妻が浮気を認めないんです」

    「写真を見せても、ラブホには行ったが浮気はしていない」と、

妻が浮気を認めないと焦っておられた。

夫は、浮気相手とラブホテルに行ったことを認めさせ、

謝罪をさせて問題の幕引きをしたいと考えていたのです。

だが妻は、浮気を認めもしなければ、謝罪もしない。

妻の浮気に直面した夫たちの典型的な心理状況です。

妻の浮気に対して、夫たちはうろたえてしまいます。

妻の浮気が発覚、

浮気を認めさせ、謝罪をさせたいと思うが、無意味なことです。

そうなったとき、いかに夫が毅然とふるまうかで、

その後の結果が大きく変わってくると、

様々な調査に関わってきた探偵は思うのです。

(株)アイシン探偵・興信所では、北海道全域にて
様々な調査を承っております
まずはお気軽にご相談ください。
℡ 011-598-1230

結婚調査  結婚相手を選ぶ視点

結婚は誰にとっても、人生の大きな決断です。

だからこそ感情的な勢いを落ち着かせ、冷静に判断することが重要です。

その判断要素の一つとして、「お金」についてがあります。

お金持ちなら結婚する。

お金のない人とは結婚しない。など、

単純な判断はできません。

お金に誠実な人か、  

お金にルーズな人かです。

例えばアナタからお金を借りても、忘れてしまう。(返さない人)

なんとかなるさとお金を使う人。

税金など払わず滞納する人。

交通違反などの罰金をいつまでも払わない人。

毎月の支払金額を把握していない人。

無計画にリボ払いにする人。

お金に対しての感覚は全てに通じる部分でもあります。

結婚を考えている人がいる方へ、

お金にルーズな人とは結婚してはいけません。

(株)アイシン探偵では北海道全域で

浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・失踪人調査・結婚調査  ほか

様々な調査を承っております。

幸せは感謝からはじまる

例えば、蛇口をひねると水道の水が出てくる。

これを当たり前と思うのか、 ありがたいと思うのか、

当然ながら蛇口をひねると水が出てくるとは、とてもありがたいことです。

でもそれを当たり前と思うことから、少しずつ「不幸病」が進行していきます。

仕事があり、その仕事で収入が得られて当たり前。

優しい妻がいて当たり前。

笑顔が絶えない家庭が当たり前。

優しい真面目な夫がいてくれることも当たり前。

色々と心配してくれる親がいてくれて当たり前。

感謝すべきことを「当たり前」と思うことこそが不幸の始まりなのです。

当たり前という「不幸病」が増えています。

人は感謝を忘れたときから不幸が始まってしまうのです。

(株)アイシン探偵・興信所では北海道全域で

浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・家出人調査・結婚調査 ほか

様々な調査を承っております。

夫が浮気をするのは誰かのせい?

例えば、夫の浮気問題が発覚する。

妻は夫に、浮気を止めるよう説得するのだが、夫は開き直り、逆ギレをする。

妻は悩んだ末にこう考える。

「私がもっと良い妻になって、待っていれば」と。

だが浮気問題は、それでは解決しないことの方が多い。

すると夫はこう考える

「自分が浮気をしても、妻はさらに優しくしてくれる」

つまり、浮気をしても怒らない妻の態度は夫の浮気の罪悪感なくさせる。

夫の浮気問題。

そのとき、良い妻を演じていても浮気問題は解決しないのです。

(株)アイシン探偵事務所・興信所では、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・家出人調査・結婚調査 ほか
様々な調査を承っております。

浮気問題 仮面夫婦は子供のため?

例えば、夫の浮気問題が発覚する。

夫は浮気がバレると開き直り、逆ギレまでする。

お前といても楽しくないから浮気したんだよ・・・・

最初からこの結婚は間違いだって思っていたんだよ・・・・

この結婚は本当に後悔している・・・・

もうお前のことは愛していないんだよ・・・・

夫は自分勝手な言い分を奥さんにぶつけてくる。

だが奥さんはそんな夫に対してひたすら我慢を続ける。

子供のためにも仮面夫婦でもよいから離婚はしないわ・・・・と。

当然、離婚は子供にとっても負担がかかります。

一方で大人が思っている以上に子供は敏感にパパとママの関係に気づきます。

なぜパパとママは口をきかないのだろう・・・・

パパとママの仲が悪いのは自分のせいなのかな・・・・

そして子供はいつもパパとママの顔色を伺うようになる。

浮気をして開き直り、逆ギレをする夫と子供のために仮面夫婦でいるのか?

子供のために離婚という選択をするのか?

簡単に答えのでることではありません。

子供は大人が思っている以上に親の関係を感じ取っています。

その点を踏まえ、仮面夫婦でいるのか? 

離婚をするのかを考えてみてください。

(株)アイシン探偵事務所・興信所では
北海道全域にて様々な調査を承っております。

浮気問題 今の自分は過去と未来の決断

例えば、夫の浮気が発覚。

浮気がバレると夫は開き直り、そして逆ギレをする。

挙句の果てに、強引に離婚を迫ってくる。

そんな夫との話し合いが続き、奥さんは心も体も疲弊してしまう。

紆余曲折があり、奥さんは夫との離婚を決断する。

だが、離婚が成立した後も奥さんは納得ができない。

自分は一生懸命に子供を育て、家事も頑張ってきたのに・・・・

夫はなんであんな女性と浮気をしたのだろう・・・・

私のなにがいけなかったんだろう・・・・

なぜ私が離婚されてこんな辛い思いをしなければならないの・・・・ など等。

今、このような状況におられる方も多いと思います。

ですが、いつまでも相手を恨んでいても未来は開けません。

探偵がこの仕事を始めて間もない頃、ある依頼人の奥さんが言いました。

「私はこれから子供を育て、生きていかなければなりません」

「いつまでも夫を恨んでいてもしかたありません」

「過去の自分があの夫を選び、結婚も決断しました」

「だから、これからの未来も自分が決断していきます」

この言葉は探偵にとって忘れられない言葉になっています。

どうしても恨みが消えないとき・・・・

最後は「自分が選んだ」と

恨みを断ち切ることが必要です。

(株)アイシン探偵事務所・興信所では、
北海道全域にて様々な調査を承っております。
まずはお気軽にご相談ください
電話011-598-1230