決めることは離婚前に。

例えば、

元夫に養育費を払ってほしい・・・・・

元夫に引越し費用の一部を請求したい・・・・・

元夫に学資保険の解約同意書を書いてもらいたい・・・・・

元妻に子供との面会交流の件で話し合いをしたい・・・・・

元妻に持ち家の売却の同意書を書いてほしい・・・・・

元妻に自分の荷物を早く持ち出してほしい・・・・・

だが、離婚が成立した後では、要求された方はなかなか関わろうとしないものです。

元夫は「いまさら養育費なんか決めたくないよ」

元妻は「子供に会いたいのなら、あんなことをしなければよかったのよ」

互いに離婚後は相手のために時間を作ろうとはしないのです。

だからこそ、離婚前にお互いが向き合っているときに

決めることは全て決めなくてはダメなのです。

決めることは離婚前に決める・・・

これは絶対法則です。

(株)アイシン興信所では北海道全域で

浮気調査・素行調査・不倫調査・結婚調査・盗聴調査・失踪人調査 ほか

様々な調査を承っております。

夫の浮気 妻は妻、夫の母親代わりにならない。

探偵は仕事を通じたくさんのご夫婦と関わらせていただく。

その中にはまるで「子供のような夫」たちも多い。

そんな夫たちにとって妻は「妻」ではなく「母親」の存在になっている。

「母親妻」を持った夫たちはどんどんと無責任になっていきます。

浮気をしたくなったら浮気をする・・・・

浮気がバレたら、妻に謝って許してもらう・・・・

パチンコをしたくなったら、あるだけのお金を使ってしまう・・・・

お金がなくなったら、サラ金でお金を借りる・・・・

そんな夫たちは「浮気」も「サラ金」も

最後は妻が許してくれたり、解決してくれたりすると思っているのです。

このような関係を探偵はたくさん見てきました。

そのような「母親妻」の特徴としては、妻が夫より収入が高く、

性格もしっかりとした女性であることが多い。

例えば、妻が看護師だったり、公務員など。

いずれにしても、妻は妻であり、夫は夫でなければ、夫婦としてはいずれ無理がきてしまいます。

探偵はハッキリと言います。

妻は「妻」でなくてはなりません。

「母親妻」になってはダメなのです。

(株)アイシン探偵(興信所)では岩見沢市を含め、北海道全域で

浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・家出人調査・結婚調査 ほか

様々な調査を承っております。

夫の浮気の対処 すがらない。

例えば、夫の浮気が発覚する。

そのとき、妻が離婚をするのであれば、単純に離婚に向けて話し合いをすれば良い。

でも、離婚しない場合は、いろいろなことを考えなくてはなりません。

一番よくないことは、夫にすがるような質問をしてはダメです。

「なんで浮気したのよ」

「私と彼女とどちらが大切なのよ」

「ちゃんと別れて」

「○○(子供)のことは心配じゃないの」

「これからどうしたいの」

妻は謝罪の言葉や浮気相手と別れる確約を夫に言ってほしい。

だが、浮気がバレたばかりの夫にそれを求めても期待はずれになる。

または気持ちのこもっていない謝罪の言葉や

別れる気もないのにとりあえずの嘘を言わせてしまうだけです。

浮気をした夫にすがるような質問をして、妻の価値をさらに下げてしまう。

夫の浮気が発覚、

「なぜ浮気なんてしたのよ」など、すがるような質問はしてはダメです。

毅然とした態度で「浮気は許しません」と夫に告げることが大切です。

(株)アイシン興信所では北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・結婚調査・失踪人調査 ほか
様々な調査を承っております。

浮気は繰り返される・・・

例えば、妻子ある男性と知り合った女性。

男性は「妻とはうまくいっていないんだ」と女性にすり寄ってくる。

女性も最初は軽い関係として男性と接していたのだが、だんだんと好意を抱いていく。

紆余曲折があり、その男性は奥さんと離婚をする。

そして、その女性と結婚するのだが・・・・・・。

このようなケースはとても多いのです。

そして、このような関係の結末はやはり「不倫」で終わりになることが多い。

その男性は、女性と結婚した後に

また同じ言葉を別な女性に投げかけるのです。

「妻とはうまくいっていないんだ」・・・・・と。

探偵はハッキリと言います。

不倫の果ては不倫で終わります。

不倫は繰り返されるのです。

(株)アイシン探偵(興信所)では稚内市を含め、北海道全域で

浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・失踪人調査・結婚調査 ほか

様々な調査を承っております。

浮気調査 安易な許しは未来の浮気再燃

例えば、夫の浮気問題が発覚する。

逆ギレをしたり、開き直る夫。

素直に浮気を認め、謝る夫。

「どうにもでもすればいいだろう」と無責任な態度を決め込む夫。

だが、最終的な決断は浮気をされた側の妻が決めることになります。

素直に認めてくれ、謝罪をしてくれればそれで良い・・・・・

当面は別居をするのか?・・・・・

浮気相手の女性を訴えて、追及をしていくのか・・・・・

離婚を前提に慰謝料、財産分与、養育費などを決めていくのか・・・・・

浮気という夫婦間においての「不法行為」の被害者である妻が

落としどころを決めることになるのです。

ここで落としどころでの「落とし穴」があります。

それは落としどころを「安易に許す」とした場合、

夫がすぐに浮気を繰り返すことが多い。

または「じつは浮気相手と別れていない」場合も多い。

「安易な許し」は浮気問題の解決にならないことも多いのです。

(株)アイシン興信所では、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・家出人調査・結婚調査 ほか
様々な調査を承っております。

浮気を認めさせることより重要なこと

例えば、探偵が調査を行い、妻が浮気相手の男性とラブホテルに行く。

そんな証拠がとれた際も、夫は妻に問いただすのです。

「お前は浮気をしたのか」と。

当然、ラブホテルに行っているわけですから、妻が認める・・・などは関係ない。

でも、夫はとにかく妻に浮気を認めさせようとするのです。

このようなケースはとても多い

夫は妻が自ら浮気を認め、浮気を止めてほしいのです。

でも、このような対応は逆に問題を困窮させてしまいます。

探偵はハッキリと言います。

夫は妻に浮気を認めさせようとする。

でも、浮気問題の解決には認めさせることより、

その浮気をどう対処していくのか?が重要です。

(株)アイシン探偵(興信所)では滝川市を含め、北海道全域で

浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・家出人調査・結婚調査 ほか

様々な調査を承っております。

浮気調査 当たり前が幸せ

探偵という仕事はたくさんの方の人生を垣間見ます。

そして、いろいろなことを学ばせていただきます。

哲学や真理という大げさなものではありませんが、

探偵が人生において気づいたことがあります。

それは「当たり前と思う瞬間から不幸が始まる」ということです。

例えば、優しい奥さんがいて、すくすくと育っていく子供がいる。

やりがいのある仕事も与えられている男性。

そんな幸せな環境が続くことに本当は日々、感謝をするべきなのだが、

新しい刺激を求めて、浮気をしてしまう。

仕事も雑になり、会社も辞めてしまう。

男性は妻とも離婚し、その後に浮気相手の女性も去っていく。

何もかもを失ってしまう男性

どうか今の幸せを見失わないでください。

今の幸せを「当たり前」だと思う瞬間から不幸が始まります。

(株)アイシン探偵(興信所)では、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・家出人調査・結婚調査 ほか
様々な調査を承っております。

浮気調査で元は取れるか?

答えるなら、ケースバイケースではありますが、

単純に「慰謝料を取る」ことを目的とするのであれば、

「元が取れるのか?」は微妙です。

もっと踏み込んで言わせていただくと、慰謝料を目的とするのであれば、浮気調査はしない方が良い。

日本という国においては浮気においての慰謝料は安いのです。

仮に結婚して3年。

その場合、離婚をすることが前提で相手の女性と夫に対しての総額の慰謝料は200万円~300万円。

仮に相手の女性が独身だと思って交際していたと主張し、

それが認められた場合は夫にしか慰謝料は請求できない。

また、浮気調査においての探偵費用、弁護士の着手金、成功報酬、

妻が慰謝料を請求するにあたっての精神的な労力などを考えると元は取れないのです。

では、どんなときに浮気調査の元が取れるのか? 

例えば、夫の態度が急変し、妻の様々なことを責め立ててくる。

家事をちゃんとできないんだから、離婚だ・・・・

お前のだらしないところが嫌だから離婚だ・・・・

こんな食事しか作れないんだから離婚だ・・・・

一方的にこじつけのような理由で離婚を迫ってくる夫。

このようなケースのほとんどの夫は浮気をしている。

そして、浮気がバレないうちに離婚をしようとしているのです。

この場合、浮気調査をすることによって「元」は取れるのだろう。

アナタが浮気をしているから離婚をしたいのでしょう・・・と

夫の不条理な離婚要求を跳ね除けられます。

探偵はハッキリと言います。

浮気調査で元は取れますか?

慰謝料の金額だけが目的であれば、元は取れません。

(株)アイシン探偵(興信所)では恵庭市を含め、北海道全域で

浮気調査・不倫調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査  ほか

様々な調査を承っております。

妻の浮気に動揺、必要なのは覚悟。

妻の浮気が急増している近年、

探偵の実感としては、夫の浮気より多いと思います。

妻の浮気問題に直面した夫たちの多くが頭でっかちになり、

身動きが取れなくなっている。

夫たちは妻の浮気問題に対処する方法を調べ始める。

そして、たくさんの知識を得る。

また、色々な人に自分の直面している問題を相談する。

相談を受けた人は様々なアドバイスをしてくれる。

離婚したほうがいいよ・・・・

別居したしばらくは様子を見たらどう?・・・・

浮気相手の男をまずは訴えたらいいんじゃないか・・・・

夫はたくさんの知識と様々なアドバイスで頭でっかちになってしまう。

そして頭が大きくなりすぎて、逆に身動きが取れなくなってしまうのです。

今、妻の浮気問題に直面して夫たちへ。

知識とアドバイスばかりを集めて頭でっかちになってはダメです。

現実を受け止めて覚悟を持って行動することが必要です。

(株)アイシン探偵(興信所)では北海道全域で
浮気調査・不倫調査・素行調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査  ほか
様々な調査を承っております。

浮気調査  関係が深くなると、言い訳が雑になってくる

例えば夫の浮気。

コソコソと浮気がバレないように必死になっている間は、

妻がクギをさせば、その浮気は収まるケースはあります。

次に浮気の言い訳が雑になってきた場合は要注意です。

今週は毎日仕事が遅くなるからな・・・・

家に帰ってこれない日もあるからな・・・・

明日から当面、出張だからな・・・等など、

帰宅が遅くなる言い訳や、外泊をする言い訳が雑になる場合は

夫の浮気は深みにはまっています。

浮気の言い訳が雑になってくる・・・・・

これは夫の浮気が深みにはまっている顕著な傾向です。

この場合には、急ぎの対応が必要です

(株)アイシン探偵・興信所では、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・家出人調査・結婚調査 ほか
様々な調査を承っております。