浮気調査 離婚後に襲ってくる楽しい思い出

例えば、夫の浮気問題が発覚する。

妻が夫に浮気を問いただすのだが、夫は逆ギレ、そしてひらきなおる。

紆余曲折があり、妻は夫との離婚を決断する。

だが、妻はその後、1つの戦いをしなくてはなりません。

それは「思い出」との戦いです。

今は浮気をして逆ギレ、開き直っている夫、

そしてこの夫とこれらの未来を歩むことはできないと理解している妻。

でも、そんな夫でも、過去には楽しい思い出もたくさんある。

夫に○○に連れてってもらったときは楽しかったな・・・

夫に○○をプレゼントされた時はうれしかったな・・・

私が風邪をひいたとき、かんびょうしてくれたな・・・

結婚式のときのあの人の緊張している姿は可愛かったな・・・

今、浮気をして逆ギレしている夫でも、昔は優しいときがあった。

そんな思い出が離婚を決断した妻に襲いかかってきます。

夫の浮気問題が発覚する。

まずは「夫との過去の楽しい思い出」と戦わなくてはなりません。

(株)アイシン興信所では札幌市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・家出人調査・所在調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  北斗市ホームページ

浮気問題 解決には行動が必要

例えば、妻の浮気・・・・

夫たちは頭でっかちになってしまい、身動きができなくなってしまう傾向があります。

まずは証拠を集めよう・・・と妻の行動の記録をとる。

1月10日 妻は女性友達とカラオケに行くといって外出。

       帰宅は午前1時10分。

1月25日 妻から離婚を要求される。

理由は性格の不一致とのこと・・・・。

3月2日  妻が突然、実家に帰ると行って外泊。

妻のバックからコンビニの買い物のレシートが出てくる。

       (ホットコーヒー 2つ、タバコ1箱・・・・ 妻はタバコを吸わない)

5月7日  妻の上着のポケットからラブホテルのレシートが出てくる。

8月9日  妻が書き置きを残して家から出て行く。

9月1日  裁判所から調停の通知が届く。 (妻からの離婚調停)

夫は「まずは証拠集め」といっている間に妻の浮気が煮詰まっている。

このようなケースが実際に多いのです。

夫たちは、妻の浮気に対して、現実を直視できず、

「まずは証拠」といって自分自身に対しての時間稼ぎをしてしまう。

妻の浮気問題。

まずは証拠・・・といって時間ばかりをかけていてはダメです。

頭でっかちになって身動きが取れなくなります。

時間を区切って現実的な対応をしていかなくてはなりません。

(株)アイシン探偵では北斗市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴器発見調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  北斗市ホームページ

浮気調査  止めてくれるから、止めさせる。

例えば、夫の浮気。

妻は戸惑い、悩む。

そして、妻は夫がいつか自分や家族の大切さに気づいてくれると思うようにする。

夫にうるさいことを言わず、ひたすら良い妻を演じる。

でも、良い妻を演じている間に夫の浮気が深みにはまっていきます。

昭和の時代なら、家族の大切さに気づいて家庭に戻ってくる夫・・・などがいました。

でも、平成の時代、そのパターンはほとんどありません。

妻が良い妻を演じている間、夫の浮気相手が妊娠する。

そして、夫は妻に強引に離婚を要求してくる。

今の時代、このような展開が実に多いのです。

探偵はハッキリと言います。

良い妻を演じている間に夫の浮気は更に深くなります。

夫婦の関係において、ダメなものはダメなのです。

アナタの浮気は許しません・・・と言い切ることが必要です。

(株)アイシン探偵事務所では北斗市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴器発見調査・家出人調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  北斗市ホームページ

浮気問題と戦う限界

夫の浮気問題が発覚する。

妻はいろいろな理由から夫の浮気問題を黙認する。

まだ、子どもが幼く、離婚などを回避したい・・・・

夫に逆ギレされたら怖い・・・・

子どもが高校を卒業するまではことを荒げたくない・・・・ 等など。

でも、夫婦という本来は信頼で結ばれるはずの関係において、

夫が浮気をしていることを黙認することは心と体に負担がかかります。

そして、「心の限界」については自分でも分かることが多い。

最近、夜、眠れない・・・・

最近、気力は湧かない・・・・

私は鬱になったのかしら・・・・  

でも、「体の限界」には意外と自分では分からない。

最近、風邪をひきやすくなった・・・・

何でもないときに汗が出てくる・・・・

過呼吸になってしまうことがある・・・・

体の限界については無頓着に放置してしまうことが多いのです。

夫の浮気を黙認する。

「心の限界」も十分に考えてください。

そして、「体の限界」にも十分に気をつけてください。

(株)アイシン探偵では札幌市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴器発見調査・家出人調査 他
様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵  北斗市ホームページ

浮気調査 制度を悪用する妻たち

例えば、接見禁止、排除勧告、保護命令など

本来は夫のDVなどから弱者の妻(女性)を守る制度である。

でも、これを悪用する妻たちが急増している。

例えば、浮気をはじめた妻。

夫がなんとなく妻の不審な行動に気づく。

そして、夫が妻に問いただすと、妻は逆ギレをする。

妻は灰皿を投げつけたり、夫を殴ったりして暴れる。

夫は妻をなだめようと押さえつける。

妻はすかさず110番・・・・・・

警察官が何人も駆けつけてる。

妻はあたかも自分が被害者のように自分が暴れて、

夫に押さえつけられた腕を警察官に見せる。

警察官はその腫れている妻の腕を見て、夫に凄む。

警察官   「ご主人、暴力はダメだよ、逮捕になるよ」

夫      「いいえ、妻が暴れたものですから」

警察官   「そんな言い訳は通じないんだよ」

       「まずは署まで来てもらうよ」

もうこの時点で警察官の頭の中は「妻が被害者」で固まっている。

そうなると、いくら夫が「妻が灰皿を投げつけたんです」

「妻が僕を殴ったりして暴れるのを止めただけなんです」と

言っても聞いてくれない。

その後、夫は妻に対しての接見禁止命令が出てしまう。

このような展開を探偵はたくさん見てきています。

だか、このようなケースは痴漢の冤罪事件のように防ぎようがない。

唯一の方法はボイスレコーダーなどを用意し、

妻の暴言などを録音しておくことくらいであろう。

探偵はハッキリと言います。

妻の浮気問題が発覚した場合、決して妻の罠にハマッテいけません。

知らないうちに「接見禁止、排除勧告、保護命令」が出てしまいますよ。

(株)アイシン探偵社では
札幌・小樽・函館・岩見沢・美唄・砂川・滝川・深川・旭川・釧路  他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵社  北斗市ホームページ

無責任な結婚で一番の被害者は子供

最近、「なぜこの人は結婚したのだろう・・・」と思う人が多い。

なぜ俺の稼いだお金を渡さなければならないんだ・・・と

生活費を入れない夫。

結婚後、すぐに元彼が忘れられない・・・と離婚を迫ってくる妻。

結婚式の翌日に浮気をする夫・・・・。

結婚式の前日に家出する妻・・・・。

政治家たちは少子化を食い止めようと様々な政策を講じているが、

探偵から見ると、結婚という責任を持てない人が

子供を創るべきではないと思います。

結婚に対しての無責任・・・・

子供を育てることへの無責任・・・・

この無責任の被害者は子供たちなのです。

結婚する責任を感じない人は結婚しないで下さい。

子供を育てることの責任を持てない人は子供を創らないで下さい。

大人たちの無責任の被害者はいつも子供たちなのです。

(株)アイシン探偵社では、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴器発見調査・結婚調査  他
様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所  北斗市ホームページ

浮気問題 ありがちな言い訳

夫の浮気・・・・バレた時の言い訳。

俺はこの家庭で居場所がなかった・・・

仕事のストレスを浮気に逃げてしまった・・・

君は僕が大変な時に支えてくれようとしなかった・・・

寂しかったんだ・・・

妻の浮気・・・・バレた時の言い訳。

アナタは私の苦労なんて知ろうとしなかったじゃない・・・

アナタはいつも仕事が優先だったじゃない・・・

家庭のことは全部、私に押し付けてきたじゃない・・・

子育てに必死だったのよ・・・

ここで共通していることは、なぜ浮気をしなのか?ではなく、

いかに自分が大変だったのか・・・を言い訳としてくることです。

相手の浮気の言い訳を一生懸命に考えることは意味のないことです。

「子育てが大変だった」ことと「浮気をしたこと」は関係ありません。

浮気がバレた時、浮気当事者たちはほとんど同じような言い訳をします。

(株)アイシン探偵では北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・家出人調査・盗聴器調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵  北斗ホームページ

あまり知られていない妻からのモラハラ

一般的に夫婦間においてのモラハラの被害者は

「妻」をイメージされると思います。

ですが、探偵はたくさんのご夫婦を見ていると、実際は逆であることに気づく。

モラハラ被害者は夫が圧倒的に多いのです。

もっと給料をもらってこいよ・・・と夫を罵倒し、毎日、パチンコに行く妻。

私が男と遊びに行こうが、アンタに何の関係があるんだ・・・と凄む妻。

仕事から帰ると、小さな子供を夫に預け、毎日、夜遊びをする妻。

妻の機嫌が悪いと、朝まで夫に説教をする妻。

突然、夫を殴りつけ、「なんか文句あるのか?」と詰め寄る妻。

夫たちは離婚を恐れる。

とにかく、どんな悪妻でも、離婚して独りになることを男は恐れるのです。

それを直感的に知っている妻たちは、夫を完全に支配するようになる。

実際にこのような夫婦は多いのです。

探偵はハッキリと言います。

モラハラ被害者の夫たちへ。

独りになるのが怖い・・・・ 妻が怖い・・・・

でも、アナタの人生は、妻にひたすらに支配されるためにあるのではありません。

(株)アイシン興信所では
函館・北斗・伊達・室蘭・登別・札幌・小樽・旭川・帯広・北見・釧路  他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所  北斗市ホームページ

浮気の理由は後付けされる

例えば、夫の浮気が発覚。

夫は開き直り、逆ギレをする。

俺はお前が嫌いだから、浮気をしたんだ・・・・

お前が○○だから、浮気したんだ・・・・・

人はどうしようもなく辛い状況に直面すると、

その原因を自分の責任にしたほうが楽になることがある。

だから、妻は自分がいたらないから、

夫が浮気をしてしまったと思うことにする。

そして、私が変われば、夫は浮気を止めてくれると考える。

もっと良い妻になろう・・・・

もっと夫の気持ちが分かる妻になろう・・・・

もっと夫に優しくしよう・・・・

もっと料理を上手になり、夫に美味しいと言われよう・・・・ と。

だが、これは全く逆効果です。

浮気をして、開き直り、逆ギレしている夫に対して、

更に良い妻を演じるのは、夫の浮気を認めているのと同じことです。

もし、妻が夫の浮気を止めさせるために自分が変わろうとするのであれば、

「ダメなことはダメ」と言い切れる自分になることです。

探偵はハッキリと言います。

もし、アナタの夫が浮気をして、開き直り、逆ギレをした場合、

私が変わりさえすれば・・・などと考えてはダメです。

もし、変わるのなら、「アナタの浮気、許しません」と

言える自分に変わることです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・小樽・余市・函館・北斗・旭川・帯広・北見・網走・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  北斗市ホームページ

妻の浮気 許せる? 許せない?

近年、探偵が関わる案件において、夫の浮気より妻の浮気が増えている

そして妻の浮気で苦悩するたくさんの夫たちを見ています。

夫たちの多くは妻の浮気という現実を受け入れられない。

そして、自分の本音が分からなくなってしまう。

浮気をした妻を許せるわけがない・・・・と「離婚する」と公言してしまう。

だが、いざ離婚の話が進むと夫は戸惑ってしまう。

本当は離婚なんてしたくない・・・とやっと自分の本音に気づく。

でも、その時にはもう遅いのです。

探偵はハッキリと言います。

今、妻の浮気問題に直面している夫たちへ。

まずは自分の本当の「本音」を確かめてください。

(株)アイシン探偵では札幌を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴器発見調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  北斗ホームページ