調査事例
case study

調査事例 調査事例
  • HOME
  • 調査事例:浮気調査

知っておきたい調査事例:浮気調査

株式会社アイシン探偵事務所で行った調査事例を紹介いたします。

4年前に浮気をした夫がまた浮気・・・

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

北海道大学のポプラ並木が風になびく8月。

札幌市在住の佐藤好美さん(44歳)から夫 幸太郎さん(46歳)の浮気調査を依頼される。

幸太郎さんは10年前に解体会社を興し、好美さんと二人三脚で仕事をされている。

ここ数年は従業員も10名となり、幸太郎さんは現場から離れ、営業や得意先回りをしている。

好美さんは事務職、経理も兼任している。

幸太郎さんは取引先の接待や付き合いでススキノに頻繁に行っている。

だが、接待の領収書がここ数ヵ月減っていた。

そのかわり、不審な領収書が増えていた。

百貨店の領収書、レストランやのカフェなどの領収書が増えている。

幸太郎さんは百貨店の領収書については、取引先の部長にセーターを買った、

レストランは取引先の社員を連れて行ったなどと説明している。

そして、中央区のコインパーキングの領収書が頻繁に出されていた。

幸太郎さんは4年前に浮気が発覚している。

その時と状況が似ている。

好美さんは幸太郎さんが浮気をしているのであれば、早期に対処したいと探偵に依頼をされた。
 

探偵はさっそく調査を開始する。

幸太郎さんは山田萌さん(28歳)と不倫関係にあった。

萌さんはススキノのクラブで働かれている女性。

幸太郎さんが接待などでいつも利用していたお店で働いている。

頻繁にあった領収書も萌さんのマンションの横にあるコインパーキングのものでった。
 

以上を依頼人である好美さんに報告をさせていただく。

好美さんは冷静に探偵の話を聞かれていた。

前回の浮気のときとほぼ同じ内容であったらしい。

好美さんはすぐに幸太郎さんと話し合いをした。

幸太郎さんは浮気の事実を認めたが、すこし開き直っていたらしい。
 

好美さんは子供を連れ、当面は実家に帰り、別居をすることにされたらしい。

会社には実家から通勤をすることにしたそうです。

タグ:
カテゴリー:浮気調査
                                   

アイシン探偵事務所札幌店TOPへ

Area 調査エリア

北海道全域調査可能

株式会社アイシン探偵事務所では北海道の下記地域他、
北海道全域において調査を承っております。

札幌市 留萌市 稚内市 根室市 夕張市 名寄市 釧路市 帯広市 北見市 網走市 旭川市 深川市 滝川市 赤平市 芦別市 富良野市 砂川市 美唄市 岩見沢市 小樽市 恵庭市 千歳市 苫小牧市 函館市 室蘭市 士別市 紋別市 江別市 登別市 伊達市 石狩市 北斗市 歌志内市 三笠市 北広島市

東北・関東・東海・関西全域
グアム・ハワイおよびアメリカ合衆国全域
韓国・シンガポール

年中無休・24時間 ご相談・お見積無料!

札幌を拠点に北海道全域で調査を承っております。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(9:00~24:00受付)

011-598-1230

メール・LINEでのお問い合わせ(24時間受付)

メールフォーム LINEでメッセージ