調査事例
case study

調査事例 調査事例
  • HOME
  • 調査事例:北見

知っておきたい調査事例:北見

株式会社アイシン探偵事務所で行った調査事例を紹介いたします。

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

サロマ湖にも初夏が訪れる6月。

北見市在住の斉藤美穂さん(38歳)から夫 徹さん(40歳)の浮気調査を依頼される。

斉藤さん夫婦は長男 佑真君(8歳)との3人家族。

徹さんは勤務医、美穂さんは介護施設でケアマネジャーをしている。

 

半年ほど前から徹さんの行動に不審なことが多くなっていた。

帰宅時間が極端に遅くなり、休みも仕事といって外出する。

急患が出たといっては、夜に病院に向かう。

当直の日も多くなった。

徹さんは整形外科の医師のため、そんなに急患対応はないはずなので、美穂さんも首をかしげていた。

そんなある日、美穂さんは徹さんのズボンのポケットからコンビニのレシートを見つけた。

トマトジュースとお菓子が数点、ペットボトルのお茶を購入していた。

だが、そのコンビニは病院と反対方向で、徹さんの行動範囲の場所ではなかった。

数日後、今度はジャケットのポケットから同じコンビニのレシートを見つけた。

内容は醤油、ポテトサラダ、豆腐。

そのレシートを見て、美穂さんは徹さんの浮気を確信した。

 

翌日、美穂さんは探偵に調査を依頼された。

さっそく調査を開始する。

徹さんはやはり浮気をしていた。

相手の女性は浅田千尋さん(29歳)、徹さんの勤務する病院の看護師。

千尋さんは独身で独り暮らし。

徹さんは、千尋さんの部屋を頻繁に訪れていたのだった。

また、徹さんと美穂さんは、人目を気にしてか、網走まで移動してデートをしていた。

網走のホームセンターで二人はペットコーナーでいろいろと購入していた。

おそらく千尋さんは犬を飼っているのだろうと推測した。

以上を依頼人である美穂さんに報告した。

 

探偵の報告を聞いた美穂さんは意外な反応であった。

美穂さんは「それだったんですね」と。

探偵が「何がですか?」とお聞きすると、「私、犬アレルギーって診断されたんですよ」と答えた。

美穂さんは、2ヵ月ほど前から体のかゆみや湿疹が出てきたそうです。

病院で検査をしたところ、犬アレルギーと診断された。

だが、斎藤家には犬はいない。

実家にも犬は飼っていない。

そもそも美穂さんが犬に触れた記憶など、何十年もなかった。

謎が解けた美穂さんは夫の浮気という事実より、自分の犬アレルギーの原因が分かったことが嬉しそうであった。

 

後日、美穂さんは徹さん、千尋さんと3人で話し合いをした。

徹さんと千尋さんは関係をやめることを美穂さんに約束したのだった。

 

 

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

北見市在住の白石麻美さん(29歳)からご依頼をいただく。

依頼内容は様々な嫌がらせの調査だった。

麻美さんは役所に勤めている公務員。

 

半年ほど前から「アナタは不幸になるべき人」、「アナタの彼は浮気をしている」などの怪文書が

自宅に届くのです。

また、スマホには非通知の電話が一日に何度も鳴る。

携帯電話の番号を変えても、やはり数日後には非通知の無言電話がかかってくる。

職場にも不審な電話がかかってきた。。

車にも傷つけられたり、ある時はタイヤをキリのようなもので刺され、パンクしていたこともあった。

 

何度か警察にも相談に行ったのだが、「パトロールを強化します」とのあいまいな対応しかしてもらえない。

麻美さんは困惑しながら探偵に相談に来られ、そして依頼をされた。

 

さっそく探偵は調査を開始する。

麻美さんの自宅付近で張り込みを開始する。

また、探偵は一つ気になることがあった。

電話番号を変えても、数日後には無言電話がかかってくる・・・こと。

番号を変えても、かかってくるということは、犯人は麻美さんの身近な人物。

 

探偵は地道に調査を続けた。

その後、犯人が判明した。

その人物は木田美沙さん(29歳)、麻美さんの親友で今回のこともいつも相談していた人物。

美沙さんと麻美さんは高校時代からの友人関係だった。

麻美さんは美沙さんは話し合いを持った。

嫌がらせをした原因は嫉妬だった。

麻美さんには結婚を約束した彼 佐藤大地さん(29歳)がいる。

麻美さん、大地さん、美沙さんは同じ高校に通っていた。

そして、美沙さんは高校時代に大地さんと交際していた。

だが、高校を卒業すると同時に別れてた。

その3年後に大地さんが麻美さんと交際を始めた。

当然、略奪愛ではないのだが、美沙さんは幸せそうな麻美さんに対して間違った嫉妬心を持ったらしい。

 

美沙さんは麻美さんに謝罪をし、麻美さんはその謝罪を受け入れた。

 

 

 

 

 

 

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

サロマ湖にも春風が訪れる4月。

北見市在住の川口由美子さん(33歳)から夫 直也さん(36歳)の浮気調査を依頼される。

川口家は長男 俊太郎君(6歳)、二男 元哉君(4歳)の4人家族。

直也さんの職業は運送会社勤務。

由美子さんは地方公務員。

結婚して7年、直也さんはとても子煩悩で由美子さんにもとても優しい。

だが、1年前よりまるで性格が変わったように横暴になり、子供たちにも関心を示さなくなった。

帰宅時間も遅くなり、休日もほとんど家にいない。

2人の子供たちは「今日もパパいないね」と寂しそうであった。

ある日、由美子さんは車のダッシュボードの中に小さく折った手紙が出てきた。

「ナオちゃんはナオちゃんの家族は大切に大切にしてくださいね、私とアッタンは寂しいけど、大丈夫だよ・・・・アッタンママより」

この手紙を見て、由美子さんは直也さんの浮気を確信した。

だが、シングルマザーの女性であることは推測できるが、それ以上のことは分からない。

そして由美子さんは意を決して、当社へ依頼をされたのです。

さっそく探偵は調査を開始する。

直也さんの勤務先付近に待機し、退勤後の行動を確認する。

午後6時30分 勤務先駐車場から直也さんが車に乗って出てくる。

探偵が直也さんの車を追尾する。

10分ほど走行し、ある公園前の道路に車を止めて、団地に入っていく。

午後9時30分 団地より直也さんが出てきて、公園前に駐車していた車に乗り、自宅へ帰る。

翌日も同じ行動であった。

どうやら直也さんの浮気相手の女性が住んでいる場所である。

調査を続けた。

日曜日、直也さんは休みである。

直也さんは由美子さんに「パチンコに行く」と言って出ていく。

家から車に乗って出てきた直也さんを探偵が追う。

やはり、いつもの団地に行く。

団地前に車が止まると女性と女の子が出てきて、直也さんの車に乗り込む。

その後、車は網走市に入る。

駒場のとんかつやに入り、3人でとんかつを食べていた。

その様子はまるで本物の親子のようであった。

そして、とんかつを食べた後、スーパーで食料品などの買い物をして女性の団地に戻った。

おそらく、北見市内だと他人の目もあり、網走市で食事、買い物をしたのだろうと推測された。

探偵が調査を続けた結果、関係の全容が見えてきた。

その女性は中西悦子さん(31歳) 女の子は悦子さんの長女(6歳)、

やはり悦子さんはシングルマザーで建設会社の事務員をしている。

そして、一年前までは直也さんの勤めている運送会社で働いていたのです。

おそらくその時にこのような親密な関係になったのだろう。

調査を終了し、由美子さんに報告をさせていただく。

由美子さんは浮気をしていたこともショックだったが、我が子に寂しい思いをさせて、浮気相手の女性の子供を連れて食事に行く夫が許せなかった。

由美子さんは直也さんと何度も話し合いを持った。

直也さんは反省し、悦子さんと別れることを約束したが、由美子さんの心は許せない気持ちが強く、別居の決断をされた。

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

北見市に在住の藤野 正美さん(45歳)、妻 美佐さん(42歳)、長男 伸太郎君(11歳)、長女 由美ちゃん(8歳)の4人家族。

北海道にも初夏の香りがしてきた6月、夫 正美さんから当社無料電話相談室にご相談を頂いた。

相談内容は妻 美佐さんの浮気についてである。

正美さんは会社員、妻の美佐さんも最近、自宅近くのスーパーへパートに出ている。

パート仲間との飲み会と称して、週に1度は出掛け、帰りは午前2時を過ぎることもある。

また、妻の使う化粧台の引き出しから、妻の誕生日前日の日付の入った写真が出てきた。

その写真はどこかの部屋で、バースデーケーキを前にして男性と写っている写真であった。

その日は正美さんにパート先の飲み会と称して出掛け、帰りは午前2時を過ぎていた。

正美さんからの依頼としては、浮気の確認ならびにその写真に写っている男性の身元調査である。

翌日から調査開始をする。

調査開始から3日後、正美さんに飲み会があると言っていた美佐さんが、午後4時に自宅を出る。

自宅より100メートルも離れていないところに駐車している車の助手席に乗り込んだと同時に車が走り出した。

探偵もその車を尾行し、北見市郊外のあるアパート前に駐車するのを確認する。

その車から、美佐さんと例の写真の男性が降りて、アパート2階の部屋に入っていく。

その時点で、夫の正美さんに報告を入れる。

正美さんがすぐにその現場に来るとのこと。

30分後、正美さんが現場に到着する。

その時である、レースカーテン越しから透けて見えたのは、男と美佐さんがキスをしている情景である。

正美さんは動揺し、その部屋に乗り込みたいと言ったのだが、辛いお願いではあったが、その状況を撮影するまでの間待っていただく。

探偵がカーテン越しにキスをする状況を撮影していると、なんと男が美佐さんの服を脱がしだしたのである。

これ以上、正美さんに我慢をさせることはできないと判断し、正美さんと探偵がその部屋のドアを叩く。

部屋の中からの応答は一切ない。

正美さんが「美佐、いるのは分かっているんだ」「出てきなさい」などドア越しに叫ぶも反応はない。立てこもること2時間。やっと美佐さんがその部屋から出てきた。

探偵の車で、正美さんと美佐さんを自宅へ送る。

後日、その男性の身元が判明。
39歳、独身。美佐さんとはパート先の仲間との合コンで知り合ったようだ。

その後、正美さんは当社紹介の弁護士を代理人とし、美佐さんに離婚、慰謝料の請求、親権の放棄などで合意。 その男性には慰謝料の支払いで合意した。

後に、探偵が撮影をするために待っていた、数分間が何時間にも感じたと正美さんが言っていました・・・。

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

北見市の佐藤雄二さん(31才)はレントゲン技師として病院勤務している。

家族は妻 真由美さん(30才)と娘 真菜ちゃん(1才)の3人暮らし。

ご相談の内容は、自宅と勤務先への怪文書。

内容については、本人を誹謗中傷するものだとのこと。

また、自宅には頼んでもいないピザが届いたりもしたとのこと。

佐藤家には小さな子供もいることから、何かあっては遅いとの観点から調査依頼となりました。

我々、探偵は雄二さんの現在の友人関係職場での人間関係また職務上のトラブル、
過去の交際相手などなど
の詳細をお聞きしました。

調査結果としては、雄二さんが妻 真由美さんと結婚する前にお付き合いをしていた女性
啓子(31才)でした。

探偵が確認した状況をもとに本人と接触し、なぜそのようなことをしたのかを聞いたところ、
雄二さんと別れた後、自分も結婚したが、夫の浮気と暴力などで離婚をしたそうである。

その後、偶然に佐藤さん家族が幸せそうに買い物をしているのを見かけて、自分だけが取り
残された思いになったようである。

だからと言って許されるものでもないが、雄二さんの寛容な気持ちもあり、雄二さんに直接、
謝罪をして終了となった。

アイシン探偵事務所TOPへ

Area 調査エリア

北海道全域調査可能

株式会社アイシン探偵事務所では北海道の下記地域他、
北海道全域において調査を承っております。

札幌市 留萌市 稚内市 根室市 夕張市 名寄市 釧路市 帯広市 北見市 網走市 旭川市 深川市 滝川市 赤平市 芦別市 富良野市 砂川市 美唄市 岩見沢市 小樽市 恵庭市 千歳市 苫小牧市 函館市 室蘭市 士別市 紋別市 江別市 登別市 伊達市 石狩市 北斗市 歌志内市 三笠市 北広島市

東北・関東・東海・関西全域
グアム・ハワイおよびアメリカ合衆国全域
韓国・シンガポール

年中無休・24時間 ご相談・お見積無料!

札幌を拠点に北海道全域で調査を承っております。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(9:00~24:00受付)

011-598-1230

メール・LINEでのお問い合わせ(24時間受付)

メールフォーム LINEでメッセージ