調査事例
case study

調査事例 調査事例
  • HOME
  • 調査事例:札幌

知っておきたい調査事例:札幌

株式会社アイシン探偵事務所で行った調査事例を紹介いたします。

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

札幌市在住の野崎正志さん(35歳)から依頼を承った。

正志さんは3カ月ほど前に交通事故にあったのです。

交差点で信号待ちをしていたときに、後ろから追突された。

かなりの衝撃だったため、正志さんはむち打ちになってしまい、車もかなり破損をした。

相手は小林雄太氏(26歳)

小林氏は任意保険に入っておらず、人身の補償は自賠責保険で一部対応されるが、物損について保険適用はない。

警察には人身事故で届出を出した。

だが、小林氏は損害金を一向に払ってこない。

正志さんは自分の加入している「弁護士特約」を使い、弁護士から何度も支払い督促を出すのだが、連絡が来ず、

電話をかけても、まったく電話に出ない。

訴訟を起こしたが、小林氏は裁判にも出席せず、裁判所は損害額を確定し、判決を出してくれる。

そして小林氏の職業を調べ、給与の強制執行をおこなうことにする。

探偵への依頼は、小林氏の職業、勤務先の確認調査であった。

さっそく探偵が調査を開始する。

10日ほどの日数を要したが、探偵は小林氏の勤務先を突き止める。

小林氏は大手金融会社の正社員として働いていた。

すぐに小林氏の給与の強制執行をおこなった。

翌月、小林氏から残った支払いの一括返済の申し出があった。

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

函館山からの夜景がいっそう綺麗に見える11月。

函館在住の酒井由美さん(38歳)から、元夫である酒井豊さん(42歳)の勤務先調査を依頼された。

由美さん夫婦は3年前、豊さんの浮気問題で離婚された。

調停で慰謝料、長男 拓也君(11歳)の養育費などを取り決めた。

慰謝料は豊さんが父親から借りて離婚前に払ってきていた。

養育費も当初は決められた日にきちんと振り込んできていた。

だが、4カ月前から豊さんからの養育費が途絶えた。

由美さんは豊さんにLINEをしてみたが、既読にならない。

電話をかけてみるが、「現在、使われていません」とガイダンスが流れる。

由美さんは豊さんの家を訪ねるが、引越しをしていた。

幸い住所は由美さんが豊さんの戸籍を取得して判明した。

豊さんは函館から札幌へ転居していたのだった。

そこで由美さんは豊さんの仕事を確認して、給与の強制執行をすることを決めた。

由美さんもフルタイムで働いてはいるが、長男 拓也君も中学生でお金がかかる時期であった。

やはり豊さんの養育費は必要だったのです。

さっそく探偵が調査を開始する。

豊さんの転居先のアパートから豊さんが出てくるのを確認し、尾行をする。

数日間、調査をおこなった結果、豊さんの勤務先が判明する。

豊さんは札幌市内の建設会社で働いていた。

その結果を踏まえ、由美さんは弁護士に委任し、裁判所の手続きをおこない、豊さんの給与の差し押さえをおこなった。

その後、豊さんから連絡があり、養育費は今後はきちんと払うことを約束した。

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

札幌ススキノが観光客がにぎわう7月。

札幌市在住の牧野香さん(35歳)から夫 豊さん(38歳)の調査を依頼される。

豊さんの仕事はシステムエンジニア、香さんは歯科衛生士をされている。

結婚して4年、子供はいない。

2ヵ月ほど前に香さんは豊さんから突然、離婚を迫られた。

豊さんは「僕はもう一度、人生を見つめなおしたいんだ」、「お互いに嫌いになる前に別れよう」と

まるで納得のできない理由を言ってきた。

香さんは何度も豊さんと話し合いをするが、豊さんの態度は変わらない。

友人などに相談すると誰もが口をそろえて「浮気をしているんじゃない」と言う。

香さんは悩んだ末に一つの結論を出した。

「もし豊さんが浮気をしていなければ、豊さんのいう通りに離婚しよう」と。

そして当社へ依頼された。

さっそく探偵が調査をおこなう。

豊さんは車通勤。

1年前からスポーツクラブに通っている。

おおむね19:00に豊さんは退勤する。

スポーツクラブには土曜日、日曜日以外は、ほぼ毎日、通っているそうだ。

月曜日から調査を開始する。

豊さんは19:30にスポーツクラブに到着し、館内に入っていく。

このスポーツクラブは時間利用もできるため、探偵も館内に入る。

館内に入ると豊さんはすぐに見つかった。

ランニングマシンで走っていた。

しばらくすると、館内で30代と思われる女性とベンチで親しげに話をしていた。

探偵が近くで会話を聞いていると、ただの知り合いではないようであった。

その日は21:30にスポーツクラブを出て帰宅する。

翌日の火曜日も同じパターンであった。

水曜日、豊さんは18:30には退勤をして、19:00にはスポーツクラブの駐車場に到着する。

だが、館内には入らず、既に駐車していた赤い軽自動車の助手席に乗り込んだ。

すぐに赤い軽自動車は走行を開始する。

車はススキノのホテル駐車場に入場し、豊さんとスポーツクラブで親しく話をする女性と二人でホテルに入っていく。

21:00に二人はホテルから出てきて、車に乗り、スポーツクラブに戻った。

豊さんはその赤い軽自動車から降り、手を振って自分の車に乗り込み、それぞれの車が駐車場から出ていった。

さらに探偵は調査を続ける。

女性の名前は稲葉景子さん(35歳)、既婚者であり、職業は香さんと同じ歯科衛生士。

夫は函館に単身赴任している。

景子さんが半年ほど前にスポーツクラブに入会し、ほどなくして豊さんと親しくなったようだ。

そして関係が深くなっていった。

以上を依頼人である香さんにご報告させていただく。

香さんは豊さんに探偵に調査を依頼したこと、景子さんとの関係を知っていること、

景子さんが既婚者であること などを伝えた。

豊さんは「景子さんと交際する前から離婚は決めていたんだ」と必死に言い訳を重ねた。

香さんは、景子さんに会い、そして景子さんの夫とも連絡を取った。

香さんはこれから時間をかけて豊さんとのことは考えていくとおしゃっていた。

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

札幌在住の山田安奈さん(32歳)から盗聴調査を依頼される。

安奈さんは2ヵ月前まで佐々木大輔さん(30歳)と同棲していた。

大輔さんの浮気問題などが続き、1年間の同棲生活にピリオドをうった。

そして、大輔さんが部屋を出ていった。

安奈さんは看護師、大輔さんは携帯ショップに勤務している。

 

別れても友人でいようと話し合っていたが、たびたび大輔さんから連絡がきていた。

内容は他愛もないことだったりしたのだが、安奈さんが男友達と電話で話していると、大輔さんから「あの男は止めた方が良い」等と言われる。

安奈さんは「なんでそんなことを知っているの?」と不安になっていった。

そして当社へご依頼をされた。

 

さっそく探偵が調査を開始する。

調査日、大輔さんが職場にいることを確認する。

その後、安奈さんのマンションに訪問して盗聴器・盗撮器の発見調査を始める。

調査器材によってすぐにコンセントタップ型の盗聴器を発見する。

だが、撤去した後も、調査器材が微妙に反応する。

どうやらもう一台、設置しているようであった。

探偵が入念に調査を続けると、部屋のコンセントの裏側に埋め込みタイプの盗聴器が発見された。

その盗聴器は周波数が特殊なものを使っており、発見しにくい盗聴器であった。

おそらくは、埋め込み式の盗聴器を本器として設置し、コンセントタップ型の盗聴器は見つかってもよいダミーの役目を持っていたのかもしれません。

ですが、盗聴器を設置した犯人が大輔さんであるという証明も困難です。

安奈さんは探偵の勧めもあり、すぐに引越しをされた。

 

 

 

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

札幌市在住の斉藤雅也さん(39歳)から妻 真理さん(36歳)の行動調査を依頼される。

雅也さんと真理さんは結婚して3年。

二人は合コンで知り合い、交際1年を経て、結婚された。

雅也さんは弁護士、真理さんは結婚するまでは歯科衛生士であったが、結婚後は専業主婦をしていた。

雅也さんも弁護士という仕事のため、仕事が忙しいときは、帰宅も遅くなってしまう。

あるとき、雅也さんが真理さんのバックからファッションホテルの会員証が入っているのを確認した。

雅也さんは、そんなホテルに行ったことはなく、明らかに違和感を感じた。

また、雅也さんは真理が十分な生活費を渡していたのだが、それでも、ブランド物のバックや財布などがどんどん増えていたのにも気になっていた。

雅也さんは悩んだ末に探偵に調査を依頼される。

 

さっそく探偵が調査を開始する。

午前10時、真理さんが自宅マンションから出てくる。

真理さんは徒歩で自宅マンションから少し離れたコンビニに到着する。

コンビニの駐車場を見回して、白いアルファードの乗り込む。

その後、アルファードが動き出し、札幌市手稲区のファッションホテルに入っていくのを確認する。

1時間後、アルファードがホテルより出てきて、待ち合わせのコンビニまで行き、真理さんがアルファードから降りてくる。

その後、真理さんはコンビニで買い物をして、帰宅する。

午後1時、真理さんが自宅マンションから再度、出てくる。

また、先ほどのコンビニまで行き、あたりを見回して、黒いノアに乗り込む。

その後、ノアは先ほどと同じ札幌市手稲区のファッションホテルに入っていく。

1時間後、ノアがホテルより出てきて、先ほどのコンビニに行き、真理さんが降りる。

ノアはすぐに走り出していった。

その後、真理さんは帰宅する。

午後4時、真理さんが自宅マンションから出てくる。

やはり先ほどのコンビニに行き、白いランドクルーザーに乗り込む。

ランドクルーザーは、札幌市手稲区の同じファッションホテルに行く。

2時間後、ランドクルーザーがホテルより出てきて、真理さんの自宅マンション近くにあるスーパー駐車場に入る。

真理さんはランドクルーザーから降りる。

すぐにランドクルーザーが駐車場から走行を開始する。

真理さんは、スーパーで食料品などを買い、帰宅する。

午後8時、雅也さんが帰宅する。

 

更に探偵が調査を続ける。

真理さんは、ほぼ毎日、コンビニで男性と待ち合わせをしてホテルに行く。

多い日は、4人の男性とホテルに行っていた。

真理さんは、出会い系サイトで男性を見つけては援助交際をしていたのだった。

また、手稲区のホテルは会員証を作っていると、利用のたびにポイントがついて、景品と交換できるシステムであった。

それで同じホテルを真理さんは利用していたのだ。

 

以上を依頼人である雅也さんに報告させていただく。

雅也さんは愕然としてしまう。

探偵の報告を聞いた段階で雅也さんは離婚を決断したそうです。

翌日、雅也さんは真理さんと離婚について話し合いを持った。

真理さんもすべてを認め、離婚が成立した。

 

アイシン探偵事務所TOPへ

Area 調査エリア

北海道全域調査可能

株式会社アイシン探偵事務所では北海道の下記地域他、
北海道全域において調査を承っております。

札幌市 留萌市 稚内市 根室市 夕張市 名寄市 釧路市 帯広市 北見市 網走市 旭川市 深川市 滝川市 赤平市 芦別市 富良野市 砂川市 美唄市 岩見沢市 小樽市 恵庭市 千歳市 苫小牧市 函館市 室蘭市 士別市 紋別市 江別市 登別市 伊達市 石狩市 北斗市 歌志内市 三笠市 北広島市

東北・関東・東海・関西全域
グアム・ハワイおよびアメリカ合衆国全域
韓国・シンガポール

年中無休・24時間 ご相談・お見積無料!

札幌を拠点に北海道全域で調査を承っております。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(9:00~24:00受付)

011-598-1230

メール・LINEでのお問い合わせ(24時間受付)

メールフォーム LINEでメッセージ