調査事例
case study

調査事例 調査事例
  • HOME
  • 調査事例:札幌

知っておきたい調査事例:札幌

株式会社アイシン探偵事務所で行った調査事例を紹介いたします。

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

札幌市在住の山田郁美さん(35歳)から夫 優二さん(34歳)の調査を依頼される。

郁美さんと優二さんは結婚して3年目、去年長男が生まれた。

依頼内容は優二さんのソロキャンプでの行動調査であった。

 

優二さんの趣味は軽自動車のキャンピングカーに乗ってキャンプに行くこと。

長男が生まれる前は郁美さんも一緒にキャンピングカーに乗って出かけていたが、子供が生まれてからは行っていない。

優二さんは月に2回から3回、週末に泊りがけでキャンプに出掛ける。

優二さんは普段、ストレスのかかる部署で働いているため、郁美さんもストレス解消になればと快く送り出していた。

ある日、優二さんのキャンピングカーに積んである毛布を洗濯しようと車内に入った郁美さん。

キャンピングカーのゴミ箱には、優二さんが飲むはずのない飲料水のペットボトルが捨ててあった。

また、車内には香水のニオイが充満していたのだった。

そういえば、優二さんが買ってくるキャンプ用品は必ず2つセットで買ってきていた。

郁美さんはもしや?と悩み、探偵に依頼された。

さっそく探偵が調査を開始する。

土曜日、優二さんは洞爺湖方面へ行くと言って出かけた。

探偵は優二さんのキャンピングカーを追尾する。

優二さんのキャンピングカーは中央区のマンションの前で停車する。

5分後、マンションより女性が出てきて、優二さんのキャンピングカーの助手席に乗り込んだ。

その後、キャンピングカーは走行を開始、高速道路に乗り、虻田洞爺湖インターで降りる。

洞爺湖のキャンプ場に入場する。

探偵も同じくキャンプ場に入り、優二さんと女性の確認をする。

ときおり、二人はキャンピングカーから出てきては、湖畔を歩いている。

探偵も優二さんのキャンピングカーの近くにテントを張り、監視を続ける。

翌日、朝7時に優二さんと女性がキャンピングカーから出てくる。

共同の洗面所で顔を洗っている。

午前10時、優二さんのキャンピングカーは、キャンプ場を退場する。

一般道を走り、室蘭市に立ち寄り、蕎麦屋に入る。

その後も一般道で札幌へ帰っていく。

午後6時、中央区のマンションにより、女性を降ろす。

その後、帰宅をした。

探偵は以上を郁美さんに報告をさせていただく。

女性の写真を見ても、郁美さんは誰かは分からないそうです。

調査は翌週も行うこととなった。

郁美さんは、金曜日にキャンピングカーにボイスレコーダーを設置していた。

土曜日、優二さんは定山渓のキャンプ場に出かけると言って出ていった。

やはり中央区のマンション前に停車し、前回の女性を乗せる。

キャンピングカーは定山渓へ走行を続ける。

先週と同じように優二さんのキャンピングカーの近くに探偵はテントを張る。

翌日、午前7時に二人が出てきて、洗面所で顔をあたっていた。

その後、札幌へ帰る途中、真駒内のラーメン店に立ち寄り、帰宅する。

翌日、郁美さんよりボイスレコーダーを預かり、音声の確認をする。

やはり優二さんと女性は不倫関係にあった。

女性の身元調査をおこなった結果、女性は優二さんと同じ職場で働いている同僚であった。

名前は伊藤珠美さん(32歳)。

その後、郁美さんは優二さんと話し合いをおこなった。

優二さんも不倫を認め、珠美さんとの関係を終わらせ、キャンピングカーを売却することを約束した。

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

札幌市在住の山田優太さん(55歳)から盗聴・盗撮調査を依頼される。

山田さんは札幌で不動産会社を経営している。

1年ほど前から本契約寸前のお客が同業他社にとられてしまう。

当初、山田さんは「そんなこともあるさ」と思っていたが、それも1年ほど続くとやはり何かあるとおもった。

一番に考えられるのは、従業員からのリーク。

だが、山田さんは苦楽を共にした従業員を疑いたくはなかった。

そのため、まずは社内の盗聴器・盗撮器などの設置がないのか・・・・の調査を検討する。

そして当社へ盗聴・盗撮調査を依頼された。

従業員に不要な心配をさせたくないと、会社が休みの水曜日におこなうことになった。

探偵が様々な調査器材を持ち込み、社内の隅々まで調査をおこなう。

山田さんの推測とおり、盗聴器が2個発見された。

会議室のコンセントへ挿し込まれているトリプルタップ型盗聴器(三又ソケット)、

社長室には延長コード型盗聴器であった。

すぐに盗聴器を撤去する。

また、再発防止のため、社内には防犯カメラの設置をおこなうことにした。

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

札幌市在住の林理恵さん(32歳)から夫 聡さん(30歳)の調査を依頼された。

林さん夫婦は結婚して2年目。

絵里さんは小さなカフェを経営、聡さんは勤務医をされている。

結婚して1年後から聡さんの態度が変わった。

忙しいと言って帰宅は深夜になる。

家でも会話をしなくなった。

聡さんは「今は仕事に集中したい」「今は自由になり、人生を生きていきたい」と絵里さんに何度も言っていた。

そして、2ヵ月前に聡さんは「独りで考えたい」と言って家に帰らなくなった。

病院の独身寮に泊まらせてもらっていると聡さんは絵里さんに説明していた。

先日、聡さんから「いろいろと考えたが、やっぱり離婚をしたい」と言われた。

絵里さんも聡さんが考えた末の答えなのだから受け入れようと思っていた。

だが、友人に相談をすると、友人は「それは絶対に何かある」「探偵に調べてもらった方がよい」とアドバイスをされた。

絵里さんは迷った末に探偵に調査を依頼をされた。

さっそく探偵が調査を開始する。

勤務先の病院から聡さんの退勤を待つ。

19:00   聡さんが病院の社員通用口から出てくる。

        職員専用の駐車場にむかい、クルマに乗り込み、走行を開始する。

19:30  クルマは中央区のマンション駐車場に入り、聡さんは同マンションへ入っていく。

その後、聡さんがマンションから出てくることはなかった。

翌日

7:30    聡さんが同マンションから女性と一緒に出てくる。

8:05    聡さんのクルマが勤務先の病院手前にあるコンビニの駐車場に入場する。

        女性がクルマから降り、徒歩で病院へ向かう。

        聡さんはそのままクルマを走らせ、病院職員駐車場に駐車して、病院へ入っていく。

その後も探偵が調査をおこなう。

聡さんは、同じ病院で働いている看護師 佐藤未央さん(26歳)と同棲していた。

おそらく1年ほど前から聡さんと未央さんは不倫関係になったようだ。

以上を依頼人である絵里さんに報告をさせていただく。

絵里さんはあまりの理不尽な内容に唇をかみしめていた。

「独りで考えたいと言いながら、浮気相手と同棲していたとは、絶対に許せない」と小さな声で言われた。

その後、絵里さんは弁護士に依頼し、聡さんとの話し合いを続けている。
        

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

札幌 S法律事務所 N弁護士より強制執行のための相手方の勤務先調査を依頼される。

相手方はY氏。

Y氏の元妻からの依頼で養育費の未払いのため、Y氏の勤務先を知る必要があるとの依頼内容でした。

さっそく探偵が調査を開始する。

Y氏の住所はN弁護士が調べていた。

住所は4階建のマンション、オートロックになっている。

初日は6:00より調査を開始、Y氏の出勤状況の有無を確認する。

10:00までY氏がマンションから出てこず、調査を終了する。

あまり長時間での待機調査は近隣住民に不審を与え、以後の調査が困難になるため、調査時間は日をあけて分割でおこなう。

さらに3日後、7:00からY氏のマンション付近で調査を開始する。

11:00までY氏が出てこず、調査を終了する。

翌週、13:00よりY氏のマンション付近で調査を開始する。

14:00 Y氏がマンションより出てきて、徒歩で地下鉄真駒内駅に移動する。

地下鉄に乗車し、麻布駅で下車、徒歩で移動をする。

Y氏は麻生のT警備会社に入っていく。

その後も探偵は調査を続けた。

Y氏はT警備会社で警備の仕事をしていたのだった。

以上をN弁護士に報告をする。

N弁護士は速やかにT警備会社へY氏の給与の強制執行(差し押さえ)の手続きを進めたそうです。

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

札幌にも初雪が降る11月。

札幌市在住の新井香さん(33歳)から夫 健太郎さん(41歳)の浮気調査を依頼される。

健太郎さんは、建設会社を経営している。

香さんも会社の経理を担当している。

1年前から健太郎さんの日中の動きに不信感を感じていた香さん。

健太郎さんは、営業もしているため、日中は会社から出ていることが多い。

そして、香さんが急用があり、健太郎さんに連絡をしても、圏外でつながらないことが多い。

香さんが「電話が圏外でつながらなかった」と伝えると「南区に行っていたから・・・」と健太郎さんが答える。

決定的だったのが、健太郎さんは領収書を香さんにまとめて出して、清算をするのだが、

その領収書の中にファッションホテルの部屋番号のレシートが入っていたのだった。

そして、探偵へ健太郎さんの浮気調査を依頼された。

月曜日  健太郎さんが地下鉄 平岸駅の前で20代と思われる女性をクルマに乗せる。
     そのまま、中の島のファッションホテルに入っていく
     2時間後、健太郎さんのクルマが出てきて、女性を乗せた平岸駅に戻り、女性を降ろした。

火曜日  健太郎さんがJR手稲駅付近で30代前半と思われる女性をクルマの乗せる。
     クルマは手稲のファッションホテルに入る。
     1時間後、クルマが出てきて、JR手稲駅に戻り、女性を降ろす。

水曜日  健太郎さんは内勤で外出せず。

木曜日  健太郎さんがススキノで女性をクルマに乗せる。
     そのまま南8条にあるファッションホテルへ行く。
     1時間後、健太郎さんのクルマが出てくる、女性は徒歩で出てきて別れる。

金曜日  健太郎さんが新札幌付近で20代前半と思われる女性を乗せる。
     そのまま厚別のファッションホテルへ入る。
     2時間後、クルマが出てきて、先ほど女性を乗せた場所まで戻り、女性を降ろす。

その後も探偵は調査を続けた。

探偵が調査を承った2週間の間に合計 8人の女性と会っていた。

以上を依頼人である香さんに報告をさせていただく。

同時に香さんが健太郎さんのクルマに設置していたボイスレコーダーを聞いていただく。

ボイスレコーダーの内容を聞いてみると、やはりすべての女性が「出会い系サイト」で知り合った女性であった。

香さんは探偵の報告をうけた夜に健太郎さんと話し合いを持つ。

健太郎さんは「会社経営のストレスから遊んでしまった」と香さんに謝罪をした。

だが、香さんは実家に戻り、当面は別居をすることになった。

アイシン探偵事務所TOPへ

Area 調査エリア

北海道全域調査可能

株式会社アイシン探偵事務所では北海道の下記地域他、
北海道全域において調査を承っております。

札幌市 留萌市 稚内市 根室市 夕張市 名寄市 釧路市 帯広市 北見市 網走市 旭川市 深川市 滝川市 赤平市 芦別市 富良野市 砂川市 美唄市 岩見沢市 小樽市 恵庭市 千歳市 苫小牧市 函館市 室蘭市 士別市 紋別市 江別市 登別市 伊達市 石狩市 北斗市 歌志内市 三笠市 北広島市

東北・関東・東海・関西全域
グアム・ハワイおよびアメリカ合衆国全域
韓国・シンガポール

年中無休・24時間 ご相談・お見積無料!

札幌を拠点に北海道全域で調査を承っております。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(9:00~24:00受付)

011-598-1230

メール・LINEでのお問い合わせ(24時間受付)

メールフォーム LINEでメッセージ