Case study調査事例

企業信用・法人調査  

ラーメン店、各支店の味がずれていた・・・

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

大通公園にイルミネーションが灯る12月。

札幌市在住の菊池浩二さん(48歳)から依頼をいただく。

菊池さんは15年前、札幌市でラーメン店を開業した。

その後、函館、苫小牧、千歳、旭川、帯広、釧路に支店を出している。

菊池さんは各支店を回って歩くのだが、突然に行くのも従業員との信頼関係を損ねると思い、事前にスケジュールを伝えている。

ある日、菊池さんが札幌本店に入っていた際、開店当初からの常連のお客 Aさんが来られ話をした。

Aさんは北海道全域を出張して歩くため、菊池さんのラーメン店の各支店も出張の際に訪れてくれている。

Aさんは菊池さんに「やっぱり本店が一番うまいな・・・」と言ってくれた。

菊池さんはAさんに「どこかの店で味が悪かったですか?」とうかがったが、Aさんは「そんなことはないけど、本店が一番」と

話をずらした。

菊池さんはAさんの言葉が気になり、当社へ各支店の覆面調査を依頼されたのだった。

探偵はさっそく調査準備をする。

今回の依頼における調査担当はN君。

複数でおこなうと味の基準にばらつきが出るため、N君の専任でおこなう。

まずはN君に札幌本店に3日間通ってもらい、味をしっかりと覚えておく。

舌に味を記憶させるのです。

その後、各支店をまわる。

まずは旭川支店に向かう。

2日間で2回、食べてくる。

その際はチェックシートの内容も確認する。

味は本店と同じ味なのか? 店内の清掃状況、トイレの清潔感、接客態度、提供時間 など等。

1店舗の調査を終えるとN君は札幌に戻り、札幌本店で菊池さんの作るラーメンを食べる。

舌の記憶をリセットするためです。

そのようにして帯広、釧路、苫小牧、千歳、函館 と各支店の調査に入る。

味がずれていたのが、釧路店、帯広店。

店内の清掃で問題があったのが千歳店。

接客態度に問題があったのが函館店。

全ての店舗をレポートにまとめ、菊池さんに報告をする。

菊池さんは探偵のレポートを見ながら、「やはりひとりで管理は無理だったようです」と言われた。

後日、菊池さんより連絡をいただき、札幌本店で店長をしている人物を店舗マネージャーにして

菊池さんと二人体制で各店舗の管理をするそうです。

関連記事

企業信用・法人調査営業社員の業務実態調査 まさかこれほどひどいとは・・・

札幌市在住の森本聡さん(57歳)から調査をお受けする。 森本さんは札幌で北海道産の海産物販売の会社を経営している。 会社は札幌に本社を置き、釧路、旭川、函館に営業駐在員を置いている。 森本さんの会社は社員40人の中小企業… 続きを読む 営業社員の業務実態調査 まさかこれほどひどいとは・・・

所在調査(人探し)突然、自分に兄がいることを知った・・・

テレビ塔からの眺めも春色になる4月。 札幌市在住の阿部義男さん(60歳)から依頼をお受けする。 義男さんのお母様 阿部キヨさん(88歳)が亡くなった。 キヨさんが亡くなる3日前に義男さんに告げたことがあった。 「お前には… 続きを読む 突然、自分に兄がいることを知った・・・

Survey area

アイシン探偵 調査エリア

中央区大通公園 中央区大通公園
北海道北海道全域調査
株式会社アイシン探偵事務所では札幌市内、札幌市近郊、北海道全域において様々な興信所・探偵調査に対応しております。
札幌市内
中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区 札幌市近郊

東北・関東・東海・関西全域
グアム・ハワイおよびアメリカ合衆国全域・韓国・シンガポール

ご相談・お問い合わせ Contact

24時間年中無休
ご相談お見積無料

札幌を拠点に北海道全域で調査を承っております。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

Our social media
お電話でのお問い合わせ
011-598-1230 9:00-24:00受付
LINEでのお問い合わせ
LINEでメッセージ 24時間受付