Case study調査事例

その他の調査  

施設内での虐待内偵調査

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

札幌市在住の斉藤良子さん(55歳)から母親が入所している特別養護老人ホームの内偵調査を依頼される。

斉藤さんの母親 文江さん(82歳)は10年前より認知症の症状が確認され、3年前からA特別養護老人ホームに入所している。

入所後まもなく新型コロナが流行し、面会もできなかったが、今年になってから何度か面会ができるようなった。

だが、面会も一階にある談話室で15分ほどの限られたもの。

ほぼ3年、面会もできなかったため、文江さんの認知症は進んでおり、良子さんが娘であることも分からない。

面会のたび、文江さんは「ごめんなさい」「殴らないでください」「すみません」などと独り言のようにいうのです。

気になった良子さんは施設の管理者に会い、事情を聞いたが、「なんにもありませんよ」「元気で生活していますから安心してください」と説明される。

翌月も良子さんは施設に面会予約を入れて、文江さんに会いにいった。

文江さんは怯えたように「なにも言わない」「ごめんなさい」「痛くしないで」と言う。

その面会後、施設内で虐待があると良子さんは確信をした。

その後、知人の紹介で当社へご相談に来られた。

事情をうかがい、探偵も良子さんと同じ想定をした。

良子さんから正式に依頼を受け、探偵が調査を開始する。

このようなケースは面会に行った際にベットの脇に器材を設置してくるのだが、今はコロナ対策のため、入所室には入れない。

施設職員の中に内通者をつくることも検討したが、今回のケースでは情報不足でこの方法はリスクがある。

当該施設が人員を募集しているため、こちらから内偵者を送ることにした。

さっそく介護福祉士の資格を持つS君が面接に向かうことになった。

無事に採用になり、二日後から勤務となる。

実態を把握するまで1週間ほどかかった。

判明した内容は目を覆うばかりであった。

4人の職員が認知症の入所者たちに暴言をはき、強引に押し倒すなどの暴力も日常的におこなわれていたのだった。

S君は慎重に動画、音声を取得する。

さらに2週間、状況を取りまとめた。
 

以上を依頼人である良子さんに報告させていただく。

あまりにひどい内容に良子さんの目から涙がこぼれていた。

知らないとはいえ、母親に何年も辛い思いをさせていたと何度も言われていた。

安易な対応をすると、施設側の隠蔽もあるため、事前に弁護士に対応してもらい、警察への刑事告訴をおこなう。

同時に報道機関に情報の提供をおこなった。

関連記事

所在調査(人探し)45年分の涙・・・・

札幌駅に秋風が吹く10月。 東京在住の佐藤裕子さん(69歳)からお電話をいただく。 裕子さんは、45年前、当時の夫(木村浩二さん)の暴力がひどく、離婚をされた。 当時、裕子さんは札幌で暮らされいた。 夫婦には5歳の息子 … 続きを読む 45年分の涙・・・・

家出人・失踪人調査妻と子供が突然、家出・・・

北海道大学のポプラ並木に春風が吹く4月。 札幌市在住の山田晃さん(37歳)から妻 絵美さん(36歳)の家出人調査を依頼される。 晃さんは建設会社に勤務、絵美さんはスーパーでパート勤務。 長男 健君(4歳)の3人家族。 &… 続きを読む 妻と子供が突然、家出・・・

浮気調査(行動調査)ある日、妻と子が家を出ていった・・・

時計台に初夏の陽ざしが降り注ぐ6月。 札幌市在住の横井圭太さん(33歳)から、妻 梨乃さん(29歳)の行方調査を依頼される。 横井家は1歳になる長男 蓮君との3人家族。 2ヵ月前、突然、梨乃さんが蓮君を連れて、家を出てい… 続きを読む ある日、妻と子が家を出ていった・・・

Survey area

アイシン探偵 調査エリア

中央区大通公園 中央区大通公園
北海道北海道全域調査
株式会社アイシン探偵事務所では札幌市内、札幌市近郊、北海道全域において様々な興信所・探偵調査に対応しております。
札幌市内
中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区 札幌市近郊

東北・関東・東海・関西全域
グアム・ハワイおよびアメリカ合衆国全域・韓国・シンガポール

ご相談・お問い合わせ Contact

24時間年中無休
ご相談お見積無料

札幌を拠点に北海道全域で調査を承っております。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

Our social media
お電話でのお問い合わせ
011-598-1230 9:00-24:00受付
LINEでのお問い合わせ
LINEでメッセージ 24時間受付