北海道全域調査 調査事例

知っておきたい 調査事例

株式会社アイシン探偵事務所で行った調査事例を紹介いたします。

調査事例

2021年2月3日 水曜日

隣人が盗聴されていた・・・

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

札幌も雪解けが進む3月

札幌市在住の稲垣歩さん(27歳)から盗聴・盗撮調査を依頼される。

歩さんはススキノの飲食店で働いている。

身の回りに違和感を感じて、万が一のことを想定して当社へ依頼をされた。

歩さんのマンションはススキノの近くにあり、8階建ての1ルームマンション。

調査日、探偵が歩さんのお部屋に伺う。

様々な調査器材を持ち込み、盗聴器、盗撮器や不審物の確認をする。

盗聴器発見器材に微妙な反応があった。

入念に調べてみると、調査器材を通して、隣人の木場茜さんが電話で話している声が聞こえてきた。

歩さんは茜さんと顔見知りで、声も間違いないとのことでした。

最終的な調査結果として、歩さんの部屋には盗聴器、盗撮器、その他の不審物はなかった。

歩さんは翌日、隣人の茜さんを訪ね、昨日の調査の結果をお話された。

そして、茜さんから当社へ盗聴調査の依頼をされる。

数日後、探偵は茜さん宅を訪ねる。

電源タップ(二股ソケット)式の盗聴器が発見された。

茜さんはこのマンションに引っ越しをしてきて半年、電源タップは最初からコンセントに設置してあったらしい。

探偵は盗聴器を外し、茜さんにはマンションの管理会社に事情を話して、鍵の付け替えをするように話をした。

 

タグ:
カテゴリー:盗聴器発見調査・盗撮調査

アイシン探偵事務所TOPへ

TOP

年中無休・24時間ご相談・お見積無料! 札幌を拠点に北海道全域調査。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

(9:00~24:00受付)

011-598-1230

メール・LINEでのお問い合わせ

(24時間受付)