北海道全域調査 調査事例

知っておきたい 調査事例

株式会社アイシン探偵事務所で行った調査事例を紹介いたします。

調査事例

2021年3月29日 月曜日

夫が元妻と浮気・・・

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

北海道大学のポプラ並木にさわやかな風が吹く4月。

 

札幌市在住の斉藤優樹菜さん(33歳)から夫 渉さん(42歳)の行動調査を依頼される。

渉さんの仕事は自営業で建設資材卸の会社を営んでいる。

優樹菜さんは結婚前は渉さんの会社で事務員として働いていたが、渉さんと結婚する際に専業主婦となった。

斉藤夫婦は5歳の雄太君がおり、3人家族。

 

依頼の内容としては、渉さんの行動に不審な点が多く、「もしや浮気」と思って・・・の依頼であった。

不審な点はいくつかあった。

帰宅時間が遅くなり、電話をかけてもでない。

「今日は残業だからね」と言っていたが、会社の前を通ると夫はいない。

「週末は東京に出張だから」と言っていないはずの渉さんの車とすれ違った。

 

探偵はさっそく調査を開始する。

渉さんの行動は単純であった。

会社が終わり、自宅に帰らずに、別な家に一度帰宅するのであった。

週末の出張も同じ家に行き、宿泊をしていた。

ある日曜日、渉さんが仕事と言って外出をする。

探偵が尾行するとその家に行き、未就学くらいの男の子と出てきた。

少し遅れて、30代後半の女性が出てきた。

まるで親子のようであった。

引き続き、探偵は調査を続ける。

 

調査の結果、その女性は渉さんの元妻(阿部美咲さん 39歳)で子供は息子 大樹君(6歳)であった。

渉さんは社員の優樹菜さんと親密な関係になり、優樹菜さんが妊娠をした。

その後、渉さんは美咲さんと強引に離婚し、優樹菜さんと結婚した。

その後、一旦は渉さんと美咲さんに交流はなかったが、大樹君の面会交流などを通じ、親密な関係になったらしい。

 

探偵の報告を受け、優樹菜さんは愕然とされた。

そして、探偵に言われたのです。

「奪ったものは奪われるのでしょうか?」・・・・と。

 

 

 

 

タグ:
カテゴリー:浮気調査

アイシン探偵事務所TOPへ

TOP

年中無休・24時間ご相談・お見積無料! 札幌を拠点に北海道全域調査。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

(9:00~24:00受付)

011-598-1230

メール・LINEでのお問い合わせ

(24時間受付)