調査事例
case study

調査事例 調査事例
  • HOME
  • 調査事例:浮気調査

知っておきたい調査事例:浮気調査

株式会社アイシン探偵事務所で行った調査事例を紹介いたします。

女友達のところに泊めてもらうわ・・・

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

函館山の夜景がきれいに映る11月。

函館市在住の横道博さん(33歳)から妻 優実さん(28歳)の浮気調査を依頼される。

博さんと優実さんは結婚して4年。

子供はまだいない。

博さんの仕事は公務員、優実さんはアパレル関係のお店に勤めている。

2ヵ月ほど前から優実さんの態度がよそよそしくなり、博さんと会話をしなくなっていった。

そして3週間前に博さんと優実さんはほんの些細なことでケンカになった。

優実さんは「少し独りでこれからの人生を考えたい」と半ば強引に家を出ていった。

「友達の奈央のところで泊めてもらう」と優実さんは言っていた。

博さんもその話を信じていた。

その後、数日たってから博さんが優実さんに電話をかけた。

仕事が終わっている時間に電話をかけても、電話にでない。

そして翌日のお昼休みに折り返しの電話が来る。

「昨日はお母さんと電話で話をしていたから、電話にでられなかったわ」

別の日も夜に電話をかけるが優実さんは電話にでない。

やはり翌日の昼休みに折り返しの電話がくる。

「昨日は友達の明美と電話で話をしていたから電話にでられなかったわ」

さらに数日後、優実さんから電話があり、「自分自身でよく考えたけど、離婚をしたい」と言ってきた。

博さんは戸惑い、友人などに相談する。

友人は「それはどう考えてもおかしい」、「ちゃんと調べてから結論を出した方がよい」とアドバイスをくれる。

博さんは友人のアドバイスもあり、当社へ優実さんの調査を依頼された。

さっそく探偵が調査を開始する。

優実さんは友人の奈央さんのところには泊まっていなかった。

実際は、職場の同僚の佐藤健太さん(25歳)の家で暮らしていた。

浮気をしていたというより、同棲をしていたのだった。

その後も探偵は調査を進めた。

優実さんと佐藤氏はやはり博さんが違和感を持たれた2ヵ月前より親密な関係になったようだ。

そして優実さんは博さんが優しいことを利用して、「浮気がバレないうちに博さんを説得して離婚を承諾してもらおう」と考えていたようだ。

探偵はすべてを博さんにご報告をさせていただく。

博さんは深いため息をつかれ、探偵の報告を聞かれていた。

今後については弁護士に相談しながら、じっくりと自分の答えを出していくと博さんは探偵に話されていた。

タグ:
カテゴリー:浮気調査

アイシン探偵事務所TOPへ

Area 調査エリア

北海道全域調査可能

株式会社アイシン探偵事務所では北海道の下記地域他、
北海道全域において調査を承っております。

札幌市 留萌市 稚内市 根室市 夕張市 名寄市 釧路市 帯広市 北見市 網走市 旭川市 深川市 滝川市 赤平市 芦別市 富良野市 砂川市 美唄市 岩見沢市 小樽市 恵庭市 千歳市 苫小牧市 函館市 室蘭市 士別市 紋別市 江別市 登別市 伊達市 石狩市 北斗市 歌志内市 三笠市 北広島市

東北・関東・東海・関西全域
グアム・ハワイおよびアメリカ合衆国全域
韓国・シンガポール

年中無休・24時間 ご相談・お見積無料!

札幌を拠点に北海道全域で調査を承っております。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(9:00~24:00受付)

011-598-1230

メール・LINEでのお問い合わせ(24時間受付)

メールフォーム LINEでメッセージ