調査事例
case study

調査事例 調査事例
  • HOME
  • 調査事例:旭川

知っておきたい調査事例:旭川

株式会社アイシン探偵事務所で行った調査事例を紹介いたします。

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

旭川市在住の織田弘和さん(34歳)から妻 直美さん(32歳)の浮気調査を依頼される。

結婚して4年。

織田さん家族は長男 公平君(3歳)の3人家族。

織田さんの仕事は美容師。

直美さんは看護師をしている。

 

あるとき、君が「昨日はターちゃんとハンバーグを食べに行ったの」と和弘さんに言った。

和弘さんが「ターちゃんって誰?」と聞くと、公平君は「ナイショ」と答えた。

その時はとくに気に留めずにいた。

妻が女性の友人と一緒に食事にでも行ったのだろうと思っていた。

 

ある日、直美さんが買い物に行っている際、和弘さんが頭痛になった。

薬箱を探しているとき、食器棚の引き出しから、プリクラが出てきた。

直美さんと和樹君、そして若い男性の3人で写っている。

そこには「ナオちゃん」「コウヘイ」「ターちゃん」と手書き文字が書かれていた。

 

和弘さんはその段階で、ほぼすべてを悟った。

だが、直美さんに問いただしても、強引な言い訳をするだろうと探偵に調査を依頼されたのだ。

 

さっそく探偵が調査を開始する。

結論から言えば、やはり直美さんは浮気をしていた。

相手は松島太郎さん(23歳)、直美さんが勤務している病院で働いている検査技師。

太郎さんは独身、平日に休みを合わせ、公平君が保育所に行っている時間帯にホテルなどへ頻繁に行っていた。

ときには、和樹君を連れて3人で遊びに行っていたりもしたのです。

 

探偵はすべてを和弘さんに報告をさせていただいた。

ある程度の想定をされていた和弘さんは落ち着いて聞かれていた。

だが、和樹君を巻き込んでの浮気をしていた直美さんを許せないと言った。

 

三日後、和弘さんは和樹君を連れ、実家に移り、直美さんとは離婚の協議をしている。

 

 

 

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

旭川駅に粉雪が舞う12月。

旭川市在住の浅田久美さん(35歳)から夫 勇作さん(34歳)の調査を依頼される。

浅田家は久美さん、勇作さん、長男 隼人君(4歳)の3人家族。

勇作さんは会社員、久美さんは看護師として働かれている。

 

3か月ほど前から勇作さんの帰宅時間が遅くなり、休日も仕事といって外出する。

そして、久美さんが一番に不審に思ったのが、「ニオイ」であった。

勇作さんの上着からコロンのニオイがする。

また、常にスマホを離さず、LINEをしていた。

 

当初、久美さんはさほど気にしていなかった。

ある日、隼人君が保育園で熱を出し、久美さんが迎えに行った。

熱が下がらず、勇作さんに連絡をする。

だが、勇作さんは「今日は仕事で遅くなるから、君が病院に一人で連れてってくれ」と返事をしてきた。

幸いにも隼人君の熱は大事に至らず、お薬を飲んで落ち着いた。

その日、勇作さんの帰宅は23時、やはり「ニオイ」がついていた。

久美さんは翌日、探偵に依頼された。

 

さっそく探偵が調査を開始する。

やはり勇作さんは浮気をされていた。

相手は勇作さんの取引先会社の従業員、安藤ひかるさん(27歳)。

勇作さんは18時過ぎには退勤し、神楽にあるひかるさんの家に行く。

そして、おそらくは夕食をひかるさんの家で食べ、帰宅するのです。

 

おおむね状況が分かり、探偵は久美さんにこれまでの報告をさせていただく。

久美さんは想像はされていたが、この世で一番に信頼すべき夫の裏切りに戸惑っておられた。

 

最終の調査日は24日、イブの日。

24日の朝、久美さんは勇作さんにお願いした。

「今日はイブだから、隼人も楽しみにしているから早く帰ってきてね」と。

勇作さんは「分かった」と短く答えた。

久美さんはこれが最後のクリスマスになるのではとの思いがよぎっていた。

18時、勇作さんからLINEが届く。

「納品のミスがあり、仕事が終わりしたい、お客様に届けなくてはならない」

「少し遅くなるから隼人とケーキを食べていてくれ」と。

 

当日、探偵は勇作さんの会社の前で待機していた。

18時、勇作さんが会社から出てきて、自分の車に乗り、走りだす。

買物公園付近で勇作さんの車が停車、ひかるさんが助手席に乗り込み、走行を再開。

車は旭川で有名な洋食屋さんの駐車場に到着する。

二人は手をつなぎ、店へ入っていく。

探偵も後を追い、店に入るがイブの日のため、予約客しか対応できないと入店できなかった。

二人は予約していたのだろう。

その時点で勇作さんの状況を久美さんに連絡させていただいた。

久美さんは「分かりました」と小さな声で答えられた。

後ろで隼人君が「パパ、パパから電話?」と大きな声で話していた。

そのとき、久美さんは大きな決断をされた。

翌日、隼人君を連れ、実家に帰り、離婚について進めている。

 

 

 

 

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

旭川市旭岳に初雪が降る9月。

 

旭川在住の山田信也さん(56歳)から娘 淳奈さん(28歳)の結婚調査を依頼された。

山田家は信也さん、妻 由香利さん(55歳)と淳奈さんの3人家族。

淳奈さんは看護師として働いている。

 

ある日、淳奈さんが「会ってほしい人がいる」と信也さんに言ってきた。

一週間後、淳奈さんが男性を自宅に連れてきた。

男性は川田雄太さん(33歳)、仕事は淳奈さんと同じ看護師であった。

だが、信也さんは雄太さんに大きな違和感を感じた。

何が?ということではないが、この男性と結婚させてはダメだ・・・と感じたそうだ。

信也さんが帰った後、信也さんは淳奈さんに雄太さんのことを聞いた。

雄太さんは半年ほど前に淳奈さんの勤務している病院に勤めだした。

その後、まもなくして淳奈さんと交際を始めたらしい。

 

信也さんは迷った末に転ばぬ先の杖と思い、探偵に雄太さんの身上調査を依頼された。

 

さっそく、探偵が調査を開始する。

やはり信也さんの評判はよくなかった。

雄太さんは友人、知人などに借金をしていて、返済もしていない。

女性関係もハデで、複数の女性との噂があった。

素行調査においては、仕事が終わるとパチンコ店に行く。

探偵が見ていると数万円をパチンコで使っている日もあった。

借金もおそらくギャンブルも起因していると推測された。

 

探偵の報告を聞いて信也さんは大きくため息をついた。

 

後日、淳奈さんに探偵に調査を依頼し、どのような結果だったかを伝えた。

だが、淳奈さんは「そんな勝手なことをして」と怒り、

「雄太さんの良いところを何もわかっていないのよ」と聞く耳を持たない。

 

4か月後、淳奈さんは雄太さんと強引に結婚をして、実家を出ていった。

 

結婚して半年、淳奈さんは雄太さんの浮気、暴力、モラハラが原因で離婚をされた。

 

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

氷点下20℃になる1月の旭川。

旭川市在住の吉田晃さん(33歳)から妻 千絵さん(32歳)の調査を承る。

吉田さん夫婦は結婚して3年目、長男 好哉君(3歳)の3人家族。

先日、千絵さんから突然に離婚を迫られたそうです。

千絵さんは「もうアナタとは暮らせない」、「離婚してください」と言ってきた。

晃さんは具体的な理由を聞いても、千絵さんは「離婚してください」と繰り返すだけ。

振り返ると半年前から千絵さんが飲み会といって外出が増えていた。

晃さんは「もしや」と思いながらも当社へご依頼をされた。

さっそく探偵が調査に入る。

3週間後、調査が完了した。

千絵さんは栗田雅哉さん(39歳)と交際をしていた。

また、千絵さんは晃さんと結婚する以前から雅哉さんと交際をしていた。

だが、雅哉さんにはそのとき家庭があり、不倫関係だった。

千絵さんはその後、晃さんと知り合い、結婚に至った。

探偵は判明した内容を晃さんに報告させていただく。

報告を聞き終えると晃さんは深いため息をつかれた。

晃さんと千絵さんはいわゆる「できちゃった結婚」

晃さんは避妊はしていたつもりだったが、千絵さんから妊娠を告げられた。

晃さんも授かった子供のためにと、結婚の準備を急いで進めたのであった。

千絵さんはお腹の赤ちゃんが男の子と分かると名前は「好哉」にしたいと言ってきた。

好哉と雅哉・・・・一文字が同じ

そして、「雅哉」が「好き」とも思える名前であった。

その後、もう一つの事実が判明した。

雅哉さんは奥さんと離婚の合意ができ、まもなく離婚になる。

 

おそらく千絵さんは雅哉さんと不倫関係にあったときに晃さんと知り合い、交際をはじめた。

そして、雅哉さんとの間に子供を授かり、晃さんと結婚。

雅哉さんの「哉」の一文字をとって子供に「好哉」と名付ける。

その後、雅哉さんの離婚が決まり、千絵さんはどうしても雅哉さんと結婚をしたくなり、

晃さんに離婚を迫ってきたのだと考えられる。

 

晃さんは好哉さんのDNA鑑定を行った。

結果はやはり「生物学的親子関係不存在」

晃さんは千絵さんとの離婚を決断された。

 

 

 

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

旭川も初夏を感じる6月。

旭川市在住の林圭一さん(38歳)からご依頼をいただく。

依頼の内容は交際相手の市井若菜さん(32歳)の調査であった。

圭一さんは婚活アプリで若菜さんと1年前に知り合い、交際を続けていた。

圭一さんの仕事は団体職員、若菜さんは家事手伝い。

交際後、3ヶ月を過ぎたころから若菜さんから結婚を前提に交際をしてほしいと言われた。

圭一さんも同じ思いだった。

若菜さんから結婚準備にあたって相談があった。

親に代わって借りた借金があり、結婚する前に借金を返したいとのこと。

圭一さんは若菜さんにその借金額の250万円を渡す。

その後、更に若菜さんから交通事故を起こしてしまい、事故相手に弁済をしなければならないとのこと。

圭一さんはその事故の弁済金 150万円を渡す。

更に若菜さんから泣きながら電話がくる。

妹さんが、乳がんになり、手術代がなくて困っていると。

圭一さんはその手術代の100万円を若菜さんに渡す。

だが、だんだんと若菜さんと会えなくなる。

来週は妹の退院だから実家に帰るわ・・・・

今週はお母さんが旭川に来るからごめんなさい・・・ と。

会えない状況が2ヶ月続く。

圭一さんも友人に相談するが、友人から「騙されているんじゃないのか」と言われた。

圭一さんは迷い、悩みながら、まさかと思いながら探偵に若菜さんの調査を依頼する。

調査結果はやはり圭一さんは騙されていた。

若菜さんは圭一さんと同様に婚活アプリで複数の男性と交際をしていた。

そして、同じように「借金」「事故」「妹の手術代」といってお金を借りていた。

事実とは違うことがたくさん判明した。

若菜さんは一人っ子、そして両親とは疎遠、若菜さんはクルマを持っていない・・など等。

圭一さんが聞いていた若菜さんの話は嘘だったのです。

そして名前は「若菜」ではなく、「泰葉」であった。

アイシン探偵事務所TOPへ

Area 調査エリア

北海道全域調査可能

株式会社アイシン探偵事務所では北海道の下記地域他、
北海道全域において調査を承っております。

札幌市 留萌市 稚内市 根室市 夕張市 名寄市 釧路市 帯広市 北見市 網走市 旭川市 深川市 滝川市 赤平市 芦別市 富良野市 砂川市 美唄市 岩見沢市 小樽市 恵庭市 千歳市 苫小牧市 函館市 室蘭市 士別市 紋別市 江別市 登別市 伊達市 石狩市 北斗市 歌志内市 三笠市 北広島市

東北・関東・東海・関西全域
グアム・ハワイおよびアメリカ合衆国全域
韓国・シンガポール

年中無休・24時間 ご相談・お見積無料!

札幌を拠点に北海道全域で調査を承っております。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(9:00~24:00受付)

011-598-1230

メール・LINEでのお問い合わせ(24時間受付)

メールフォーム LINEでメッセージ