調査事例
case study

調査事例 調査事例
  • HOME
  • 調査事例:函館 旭川 札幌 釧路

知っておきたい調査事例:函館 旭川 札幌 釧路

株式会社アイシン探偵事務所で行った調査事例を紹介いたします。

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

札幌市在住の森本聡さん(57歳)から調査をお受けする。

森本さんは札幌で北海道産の海産物販売の会社を経営している。

会社は札幌に本社を置き、釧路、旭川、函館に営業駐在員を置いている。

森本さんの会社は社員40人の中小企業である。

営業社員の評価を営業成績だけではなく、努力評価をしようと考え、探偵に営業社員の業務実態の調査を依頼されたのだった。

さっそく探偵が調査を開始する。

まずは本社勤務の営業社員4人を調査する。

4人とも外勤にでた際は得意先をまわり、懸命に仕事をしているのが分かった。

次に釧路、旭川、函館に駐在している営業社員の調査をおこなう。

結論からいえば、まったく仕事をしていなかった。

釧路の社員はほぼ毎日、パチンコ店に行っていた。

ほとんど得意先を訪問することもなく、夕方にパチンコ店から外に出てきて、会社に電話で架空の報告をするのみだった。

旭川の社員は毎日、自宅から出てこない。

昼頃に家から歩いてコンビニに行き、弁当を購入する。

この社員も夕方に会社へ架空の内容を電話で報告していた。

函館の営業社員は平日の勤務日に彼女を連れて札幌に遊びに来ていたのだった。

そして、札幌のホテルに宿泊して、翌日に函館に戻っていった。

その社員は札幌に遊びに来ていながら、夕方に札幌の本社に電話をして、架空の報告をしていた。

調査結果を依頼人である森本さんに報告をさせていただく。

森本さんはあまりの内容に愕然とされた。

おもわず「まさかこれほどひどいとは・・・・」とつぶやいておられた。

森本さんは社長である自分の管理責任のなさを痛感されていた。

すぐに各地の営業社員と面談をおこなった。

その後、各社員を本社勤務にすることになった。

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

旭川平和通買物公園にも夏の暑さが降り注ぐ7月。

旭川市在住の吉田樹里さん(37歳)から夫 省吾さん(38歳)の家出人・失踪人調査を依頼される。

 

省吾さんは車販売会社の事務職として働いている。

省吾さんは3年前に鬱病になり、半年ほど休職していた。

もともと省吾さんは営業職であったが、復職の際は会社の配慮もあり、総務課に移動となった。

その後は通院をしながら、生活をしていた。

だが、一週間ほど前、夕食を食べているとき、省吾さんがふいに「ごめんな」とポツリと言った。

樹里さんは「何が?」と聞き返すも、省吾さんが「ううん、なんでもない」と答えた。

そのとき、樹里さんはなんともいえない不安に襲われた。

火曜日は省吾さんの仕事が休み、そして看護師をしている樹里さんも火曜日は夜勤明けであった。

樹里さんが夜勤明けで帰宅すると、テーブルの上に一枚の置手紙があった。

「今までありがとう」

「僕は生きるのに疲れ果ててしまった」

「本当に樹里には感謝している」

「こんな僕でごめんね」と書かれていた。

樹里さんはその手紙を見て、震えてしまった。

さっそく、樹里さんは警察署へ駆け込んだ。

だが、対応してくれた警察官は「家出人・失踪人の届出」を受理しておきます・・・と。

警察官はさらに「職務質問などでご主人を発見した際は連絡をします」

樹里さんは「警察では夫を探してもらえないのですか?」と尋ねるが、

警察官は「事件性がなく、自らの意志で失踪しているため、警察の対応はそうなります」と答える。

自宅に戻り、省吾さんの会社関係の方、実家の両親、省吾さんの友人、知人などに連絡をするが、決め手になる情報がない。

その後、樹里さんの兄妹、省吾さんの両親、友人、知人などが旭川市内を探しまわってくれる。

幸い、省吾さんは車に乗って失踪しているため、省吾さんの車を見つけることが省吾さんの発見につながる。

そのため、旭川市内のパチンコ店の駐車場、緑町にあるイオンモールの駐車場、永山にあるウエスタンパワーズなどの駐車場など様々な場所を探してくれる。

 

省吾さんの失踪5日後、樹里さんは当社へ省吾さんの家出人・失踪人調査を依頼される。

さっそく探偵が調査を開始する。

当初は、当麻町、深川など旭川市外の探索をおこなう。

2日後、省吾さんの知人が樹里さんに連絡をくれた。

札幌で省吾さんの車とすれ違ったとのこと・・・

その情報が入り、探偵は札幌方面に調査をシフトした。

調査方法は「深夜パトロール」

午後10時、調査員6名が2台の車で札幌を2分割してパトロール。

24時間営業のスーパー、ゲームセンター、24時間営業のファミレスの駐車場 など等。

家出人・失踪者の心理として、夜はやはり少しでも人の気配があるところで過ごす傾向があります。

札幌調査を開始して6日目の深夜3時、札幌市西区のゲームセンターの駐車場の片隅に停めてある省吾さんの車を発見する。

おそらくエンジンがかかっている状況を勘案すると、車内に省吾さんが乗車していると思われる。

探偵は深夜ではあったが、樹里さんに連絡をさせていただく。

省吾さんの車の発見などを報告させていただく。

樹里さんはすぐに姉と一緒に旭川から札幌に来てくれるとのこと。

樹里さんの到着まで、探偵は省吾さんの車を囲むように調査車両を配置する。

 

3時間後、樹里さんが到着する。

少し離れたところで探偵と樹里さんが打ち合わせをおこない、樹里さんが省吾さんの車に行き、省吾さんと話をすることになった。

不意に省吾さんが逃げることを想定して、探偵が更に省吾さんの車を至近距離で囲い込む。

 

10分後、樹里さんは探偵のところに戻ってこられた。

省吾さんも見つけてもらったことに安堵していたそうです。

樹里さんはお姉さんに自分の車を運転して帰ってもらい、樹里さんは省吾さんの車を運転して帰ることになった。

 

2日後、樹里さんから連絡をいただく。

省吾さんは、鬱症状が再発して「死にたい」と常に思うようになり、失踪したそうです。

省吾さんは当面、入院をして治療に専念されることになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

旭川市在住の佐々木裕子さん(38歳)から夫 大輝さん(39歳)の調査を依頼される。

佐々木家は長男(12歳)、長女(9歳)の4人家族。

裕子さんも大貴さんも教員。

裕子さんは市内の小学校、大輝さんは市外の小学校に赴任している。

半年前から大輝さんの行動に不審な点が見られるようになった。

帰宅も遅くなり、週末も仕事があるといって外出をする。

そんなある日、大輝さんがお風呂に入っているとき、

テーブルの上においてあった大輝さんのスマホ画面が光った。

一瞬、文字が浮かび、「明日が楽しみ・・・」とLINEが来た。

裕子さんは、それを見て調査を決断された。

 

依頼を受けた探偵がさっそく調査を開始する。

やはり大輝さんは浮気をしていた。

相手女性は同じ学校の同僚教員、佐藤由紀さん(36歳)。

そして由紀さんも既婚者であった。

由紀さんの夫もまた市内の小学校の教員であった。

 

以上を依頼人である裕子さんに報告をさせていただく。

裕子さんは夫 大輝さん、由紀さん、由紀さんの夫の4人で話し合いをした。

 

最終的に大輝さんと由紀さんは双方の配偶者に謝罪をして、関係を断つことを約束した。

 

 

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

旭川神楽岡公園も夏の陽ざしが降りそそぐ8月。

旭川市在住の斉藤真理さん(48歳)から夫 光一さん(49歳)の調査を依頼される。

光一さんはカーディーラーで店長職として勤務している。

真理さんは看護師として働いている。

ご夫婦には長男 大樹君(24歳)がおられるが独立して東京で仕事をされている。

光一さんは4月に富良野店に転勤となった。

会社の規約から通勤できる距離を超えているため、富良野市に住むことになった。

真理さんも看護師としての仕事もあるため、光一さんは単身赴任となった。

幸い、富良野には社宅があるため、そこに引越しをした。

当初、日曜日の夜に旭川の自宅に戻り、火曜日の夜に富良野に帰っていた光一さんだったが、

真理さんの仕事がシフト勤務の看護師のため、すれ違いの日々が続いた。

7月、真理さんに話があると光一さんは旭川の自宅に帰宅した。

内容は「離婚をしてほしい」とのことだった。

「大樹も就職をした、これからは互いに自由になろう」とのことだった。

真理さんは思ってもいなかった申し出に動揺した。

真理さんは「少し考えさせて」と光一さんに言い、光一さんもそれに応じた。

真理さんは悩んだ末に一つの答えを出した。

「光一さんが浮気などをしていなければ、光一さんの要望を聞き入れよう」と。

 

真理さんは当社へ依頼をされた。

さっそく探偵が調査を開始する。

調査結果として光一さんは浮気をしていた。

相手女性は木下朋美さん(35歳)、光一さんの店舗で派遣社員として働いている女性。

小学生の子供を育てているシングルマザー。

光一さんは一週間のほとんどを社宅に帰らず、朋美さんの家で過ごしていたのだった。

 

以上を依頼人である真理さんに報告をさせていただく。

やはり信じていた光一さんの裏切りの事実に愕然とされていた。

 

後日、久美さんは弁護士を立て、光一さんとの離婚協議に入った。

 

 

 

 

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

旭川嵐山展望台にも春が訪れる4月。

旭川在住の佐々木杏さん(36歳)から夫 湊さん(33歳)の失踪人調査を依頼される。

湊さんは派遣会社に登録し、コールセンターに勤務されていた。

杏さんは市役所勤務の公務員。

結婚して2年のご夫婦。

湊さんは半年前から仕事のことで悩んでいた。

コールセンターでの勤務はやはり精神的に大変だったようだ。

杏さんは、「どうしても辛いなら、仕事を辞めてもいいわよ」と言っていたのだが、

湊さんは「大丈夫、もう少し頑張ってみるよ」と言っていた。

4月15日、杏さんが仕事から帰るとテーブルの上に手紙がおいてあった。

「今までありがとう」

「俺はダメな人間なんだ」

「杏に助けてもらうばかりですまなかった」

「俺の分まで幸せになってくれ」・・・・と。

杏さんはすぐに湊さんの私物を確認する。

下着、衣類などが少しなくなっていた。

そして、湊さんの机の引き出しから心療内科の薬袋が出てきた。

そして、飲みかけの薬が入っていたのだ。

ネットで薬を調べると抗うつ剤と睡眠薬であった。

湊さんは杏さんには言わず、心療内科に通院していたのだった。

杏さんはすぐに湊さんの実家に連絡をする。

また、杏さんが知っている限りの湊さんの友人に連絡をする。

翌日は警察署に行き、家出人・失踪人届けを提出する。

警察は「一般家出人のため、積極的捜査はできませんが、何か情報が入れば連絡します」とのこと。

湊さんは自分の車に多少の荷物をのせて、家を出たのだった。

杏さんも必死に旭川市内を探し回った。

友人や親類も一緒になって一生懸命に走り回ってくれた。

だが、湊さんも湊さんが乗っていった車も発見には至らなかった。

 

湊さんが失踪して4日後、杏さんは当社へ依頼をされた。

さっそく調査を開始する。

調査は2チームに分かれて対応した。

旭川チームは旭川を中心に湊さん、湊さんの車の発見に動く。

札幌チームは札幌を中心に対応していた。

湊さんは杏さんと結婚する前は札幌で働いていたため、札幌に来ていることは十分に考えられる。

 

調査を開始して12日目、札幌チームが湊さんの車を白石区にある24時間営業のスーパーの駐車場で発見する。

時間は深夜2時。

調査員が湊さんの車に近づくとエンジンがかかっている。

おそらく車内で車のシートを倒して眠っているのだろう。

探偵はすぐに杏さんに連絡をする。

杏さんは旭川チームが迎えに行き、同駐車場に来られた。

杏さんが到着したのが、午前5時。

駐車場には湊さんの車がポツンとあるだけ。

探偵は湊さんが逃走することも想定して、静かに湊さんの車の周りを探偵車両で囲む。

杏さんは目に涙をいっぱいためながら、湊さんの車に近づき、運転席の窓を小さくたたく。

ビックリしたように湊さんが車の中で起き上がった。

車から降りてきた湊さんは頬がこけて、げっそりとしていた。

探偵は少し離れたところから二人を見守っていた。

湊さんは小さな声で「ごめんね」と言い、杏さんは「うん」とうなずいていた。

 

 

 

アイシン探偵事務所TOPへ

Area 調査エリア

北海道全域調査可能

株式会社アイシン探偵事務所では北海道の下記地域他、
北海道全域において調査を承っております。

札幌市 留萌市 稚内市 根室市 夕張市 名寄市 釧路市 帯広市 北見市 網走市 旭川市 深川市 滝川市 赤平市 芦別市 富良野市 砂川市 美唄市 岩見沢市 小樽市 恵庭市 千歳市 苫小牧市 函館市 室蘭市 士別市 紋別市 江別市 登別市 伊達市 石狩市 北斗市 歌志内市 三笠市 北広島市

東北・関東・東海・関西全域
グアム・ハワイおよびアメリカ合衆国全域
韓国・シンガポール

年中無休・24時間 ご相談・お見積無料!

札幌を拠点に北海道全域で調査を承っております。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(9:00~24:00受付)

011-598-1230

メール・LINEでのお問い合わせ(24時間受付)

メールフォーム LINEでメッセージ