調査事例
case study

調査事例 調査事例
  • HOME
  • 調査事例:稚内

知っておきたい調査事例:稚内

株式会社アイシン探偵事務所で行った調査事例を紹介いたします。

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

ノシャップ岬に自転車に乗った若者たちが集まる9月。

稚内在住の小林奈美さん(35歳)から婚約者 木村信也さん(36歳)の結婚調査を依頼される。

奈美さんは稚内で看護師として働かれている。

信也さんは旭川で会社員をしている。

奈美さんと信也さんは1年前に友人の紹介で知り合い、交際に至った。

遠距離恋愛であったが、奈美さんが旭川へ赴いたり、信也さんが稚内に来てくれたりと、順調に交際を育んでいた。

4ヵ月前に信也さんは奈美さんにプロポーズをしてくれた。

奈美さんも信也さんのプロポーズに「ハイ」と答えた。

奈美さんは結婚後は仕事を辞め、旭川に行くことになっていた。

だが、プロポーズをされてからすぐに信也さんの行動に変化が起きた。

いつもは毎日、互いに連絡を取り合っていたが、最近はLINEの返信が全く来ない日もある。

奈美さんが結婚の準備のことで信也さんに連絡をするが、「今、仕事が忙しいから少し待ってほしい」という。

奈美さんは信也さんの心変わりを感じたそうです。

そして奈美さんは探偵に信也さんの調査を依頼された。
 

さっそく探偵が調査を開始する。

信也さんは、奈美さんと知り合う前に交際していた佐藤真理さん(31歳)と交際していた。

真理さんは深川市に住んでおり、奈美さんと同じ看護師。

信也さんが奈美さんにプロポーズをした後、信也さんと真理さんは再会をしたようだった。

おそらく信也さんの心がゆれたのだろう。

そして真理さんは妊娠をしていた。
 

以上を依頼人である奈美さんに報告させていただく。

奈美さんは探偵の報告を聞いて、深いため息をつかれた。

1週間後、奈美さんは信也さんと話し合いをした。

信也さんはひたすら奈美さんに謝罪をしていたそうだ。

奈美さんは信也さんと婚約解消をされた。

奈美さんは探偵に「結婚する前でよかったです」と凜とした顔でおしゃっておられた。

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

宗谷岬にも遅い春が訪れる4月。

稚内市在住の山田由美子さん(28歳)から夫 浩二さん(28歳)の浮気調査を依頼された。

由美子さんと浩二さんは高校時代の同級生、結婚して5年目。

21歳のときに交際がスタート、2年間の交際を経て、結婚された。

浩二さんは団体職員、由美子さんは看護師をされている。

半年ほど前から浩二さんの行動が不審になってきた。

帰宅時間が遅くなり、休みの日もパチンコに行くといって外出する。

なにより由美子さんの夜勤のときには家にいないようだった。

浩二さんは友人のところで泊ってきたと言っているが、それも不自然だった。

稚内という小さな町では噂話もすぐに広まってしまう。

由美子さんはもし浩二さんが浮気をしているのなら、早めに対処したいと考えた。

そして探偵に浩二さんの行動調査を依頼された。
 

さっそく探偵が調査を開始する。

由美子さんの夜勤の日から調査をスタートする。

午後4時、由美子さんが夜勤のため、自宅より出勤する。

浩二さんは午後6時に勤務先を退勤し、帰宅する。

午後7時 浩二さんが自宅より出てきてクルマに乗り込み、走行を開始する。

浩二さんのクルマは稚内市中央5丁目にあるマンションの駐車場に入場する。

その後、浩二さんは同マンションへ入っていく。

探偵は同マンション付近で張り込みをするが、浩二さんは出てこず。

翌朝の午前7時にマンションから出てきて、自宅に戻り、その後、勤務先に出勤をした。

探偵はさらに調査を続ける。

日曜日 午前11時、浩二さんはパチンコに行くと言って出かけた。

やはり中央5丁目のマンションにむかった。

その後、同マンションの住人が判明した。

佐々木絵美さん(29歳)、浩二さんが由美子さんと交際する前の交際相手、元カノだった。

絵美さんは公務員、二人は稚内市の祭りの実行委員になり、それがきっかけで不倫関係になったようだ。

探偵は以上を依頼人である由美子さんに報告をさせていただいた。

やはり稚内市という小さなコミュニティのため、由美子さんは絵美さんとは面識があった。

後日、由美子さん、浩二さん、絵美さんの3人で話し合いを持った。

浩二さんと絵美さんは由美子さんに謝罪をして、今後の交際をしないことを約束した。

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

岩手県在住の竹田幸子さん(60歳)から依頼をいただく。

相続に関する調査で、司法書士に依頼をしたところ相続人の一人 伊藤初三郎さん(110歳)の所在調査であった。

戸籍上では存命であることになっており、また相関図では相続人になっているが、竹田家では誰も関係性を持っていたなかった。

司法書士が取り寄せた戸籍で初三郎さんは「北海道稚内市生まれ」で最終戸籍は「北海道函館市」となっていた。

そのため、北海道の探偵社である当社へ依頼となったのだ。

さっそく探偵が調査を開始する。

まずは初三郎さんが生まれたとなっている稚内市にむかった。

110年以上前の戸籍に記載されている住所表記は現在とはまったく変わっており、法務局の地図を確認、郵便局へ聞き取り、

警察署へ相談、資料館への聞き取り、市役所への情報収集 などをおこなった。

初三郎さんの出生地の場所がおおよそ判明した。

判明した現在の住所地を探偵は聞き取りに入った。

近隣の商店、町内会の役員 など等で情報を集めたが、100年以上前に生まれた初三郎さんのことを知る人はいなかった。

その後、住所地から少し離れているが、お寺があった。

探偵は住職に事情をお話し、寺に保存されている過去帳に伊藤初三郎の記載がないのかを確認していただく。

過去帳は発見された。

やはり、伊藤初三郎さんは稚内市で生まれていたのだった。

その後、様々な資料を確認させていただく。

5日間ほど稚内市に滞在した探偵はその足で函館へ移動をした。

函館市の最終住所も110年ほど前の表記である。

現在とはまったく違う住所であった。

稚内市と同様に法務局、郵便局、資料館、警察署、市役所などへ情報収集に向かう。

当時の戸籍に記載されている住所地の現在のおおよその場所が判明する。

探偵はその住所地の近辺に聞き込みを続ける。

古くから酒屋を営んでいる店主に話が聞けた。

このあたりは大正10年に大火事があり、たくさんの犠牲者が出たそうだ。

当時は死亡届出を出さない場合もあり、初三郎さんはその大火事で亡くなり、死亡届けが出されないまま、

現在に至っていることも考えられる。

その後も調査を続けたが、それ以降は伊藤初三郎さんの情報は得られなかった。

以上を依頼人である竹田さんに報告をさせていただく。

竹田さんは探偵の報告書を元に裁判所に「伊藤初三郎」が現在、存在していない旨の手続きをおこなった。

アイシン探偵事務所TOPへ

Area 調査エリア

北海道全域調査可能

株式会社アイシン探偵事務所では北海道の下記地域他、
北海道全域において調査を承っております。

札幌市 留萌市 稚内市 根室市 夕張市 名寄市 釧路市 帯広市 北見市 網走市 旭川市 深川市 滝川市 赤平市 芦別市 富良野市 砂川市 美唄市 岩見沢市 小樽市 恵庭市 千歳市 苫小牧市 函館市 室蘭市 士別市 紋別市 江別市 登別市 伊達市 石狩市 北斗市 歌志内市 三笠市 北広島市

東北・関東・東海・関西全域
グアム・ハワイおよびアメリカ合衆国全域
韓国・シンガポール

年中無休・24時間 ご相談・お見積無料!

札幌を拠点に北海道全域で調査を承っております。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(9:00~24:00受付)

011-598-1230

メール・LINEでのお問い合わせ(24時間受付)

メールフォーム LINEでメッセージ