北海道全域調査 調査事例

知っておきたい 調査事例

株式会社アイシン探偵事務所で行った調査事例を紹介いたします。

調査事例

2021年1月30日 土曜日

部屋にバラの花が1輪・・・

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

札幌がよさこいソーランで賑わう6月。

札幌市在住の小林南さん(38歳)から調査をいただく。

南さんの依頼はアパートの自室への侵入者を特定してほしいとのこと。

探偵は南さんに状況を伺う。

南さんが今のアパートに引っ越してきたのが、2年前。

南さんの仕事はドラックストアの販売員。

ある日、南さんが帰宅すると部屋に違和感を感じた。

ブックスタンドに置いてあるはずの本がテーブルの上に置いてあった。

数日後、やはり帰宅するとスリッパがいつもと違う向きになっていた。

当初は気のせいだと南さんは思っていた。

そんな小さな違和感が続いた。

そして先日、帰宅するとテーブルの上に1輪挿しの花瓶に1輪のバラの花が置いてあった。

南さんは驚くとともに震えが止まらなかった。

すぐに110番通報をする。

警察官が駆け付けてくる。

警察官が話を聞いてくれたが、様子をみましょうとのこと。

南さんはやはりすぐに解決を望み、当社へ依頼をされた。

翌日から探偵が調査を開始する。

5日目、ある男性が南さんの部屋に入るのを確認する。

まるで自分の部屋のように鍵でドアを開けて入っていく。

その様子を確認し、すぐに南さんに連絡をする。

南さんは職場に事情を話し、アパートに戻ってくる。

南さんが警察に連絡をする。

警察官が南さんと立ち合いの上、部屋に入っていく。

男性が南さんの部屋のソファーで居眠りをしていたそうだ。

その後、男性は警察に連行された。

後日、いろいろなことが判明した。

男性は、南さんの部屋の元住人で部屋の合鍵を持っていた。

男性は南さんの部屋から近くのアパートに引っ越した。

そして、きれいな女性の南さんが今の住人と分かり、興味を持ったそうだ。

南さんが近所のドラッグストアに働いていることを調べた。

男性は南さんが店で勤務していることを確認した後、南さんの部屋に入っていたそうだ。

後日、男性は警察の処分を受け、南さんの部屋には近づかないことを誓った。

 

 

 

 

タグ:
カテゴリー:ストーカー調査対策

アイシン探偵事務所TOPへ

TOP

年中無休・24時間ご相談・お見積無料! どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

(9:00~24:00受付)

011-598-1230

メール・LINEでのお問い合わせ

(24時間受付)