調査事例
case study

調査事例 調査事例
  • HOME
  • 調査事例:帯広

知っておきたい調査事例:帯広

株式会社アイシン探偵事務所で行った調査事例を紹介いたします。

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

帯広緑ヶ丘公園にも夏がおとずれる7月。

帯広市在住の佐々木美穂さん(39歳)から夫 瑛士さん(37歳)の行動調査を依頼される。

佐々木さん夫婦は長男 一志君(8歳)との3人家族。

 

瑛士さんも美穂さんも小学校の教員をされている。

当然、違う学校に勤務している。

瑛士さんは4月より勤務先が移動になった。

そして5月くらいから瑛士さんの不審な行動が目立ってきたそうです。

帰宅時間が遅くなり、土曜日、日曜日も学校に行くと言って外出する。

だんだんと家に帰ってきても、会話がなくなり、一志君にも無関心になっていた。

あるとき、瑛士さんが美穂さんに言ってきたそうです。

「離婚してほしい」

「僕は教員を辞めて、札幌に行こうと思う」

「養育費はきちんと払うつもりだ」と。

 

美穂さんがやはり瑛士さんに何かあると感じ、探偵に依頼をされた。

探偵がさっそく調査を開始する。

やはり美穂さんの勘はあたっていた。

瑛士さんは4月から赴任した学校の同僚教員と浮気をしていた。

相手女性は原口裕子さん(43歳)、離婚をして3年目、長男は18歳で大学入学のため、札幌で暮らしていた。

探偵は更に調査を続ける。

日曜日、瑛士さんは美穂さんに「学校にいって書類の整理をしてくる」と言って外出をする。

探偵が瑛士さんの車を追う。

瑛士さんの車は裕子さんの自宅マンション付近のスーパーの駐車場に到着、まもなく裕子さんが来て、

瑛士さんの車の後部座席に滑り込むように乗り込む。

瑛士さんの車は高速道に乗り、札幌方面へ走行を続ける。

千歳東インターで高速道を降り、千歳市内に入る。

大型商業施設に入り、一緒に買い物などをする。

その後、千歳市富士にあるホテルに行く。

3時間後、瑛士さんの車がホテル駐車場より出てきて、高速道路に乗り、帯広に向かう。

裕子さんのマンション近くで裕子さんが車から降りる。

その後、瑛士さんが帰宅をする。

高速道路を利用して、千歳市での密会デートであった。

 

以上を依頼人である美穂さんに報告をさせていただく。

美穂さんは想定はしていたものの、やはりショックを受けておられた。

翌日、美穂さんは瑛士さんと話し合いを持った。

瑛士さんは自分の過ちを認め、裕子さんとの関係を終わらせると約束をした。

 

 

 

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

帯広中島公園にも春が訪れる4月。

帯広市在住の久保田直美さん(38歳)から夫 達也さん(38歳)の調査を依頼された。

達也さんは保険会社に勤務されており、転勤族である。

3年~4年に一度の頻度で転勤になる。

直美さんと達也さんは同じ大学のゼミで知り合った。

札幌の大学を卒業し、達也さんは今の会社に就職、直美さんは札幌の実家の建設会社で働き始めた。

達也さんは入社後、すぐに仙台支店に勤務。

3年ほど遠距離恋愛で交際を続けていた。

達也さんが関西に転勤になったとき、直美さんと達也さんは結婚をされた。

直美さんは実家の仕事を辞めて、関西で結婚生活をスタートさせる。

そのとき、二人は25歳。

その後も達也さんの転勤が続いた。

29歳のときに関東に転勤、そして32歳のとき北海道帯広に転勤となった。

そして長男 一樹君が生まれた。

達也さんも直美さんも帯広がとても気に入った。

そして、二人は話し合いをして、帯広に家を建てた。

達也さんは次の転勤は単身で行くことに決めたのです。

4年後、達也さんは帯広支店より、青森支店に転勤になった。

当初は月に1度は帰省していた達也さんだったが、だんだんと帰省の間隔があいていった。

青森に単身赴任をして1年、直美さんは達也さんの不信を感じた。

夜に電話をしても、つながらない。

LINEをしても、返信が来るのは翌日。

達也さんは「仕事中で電話に出られないかった」「LINEを見ていなかった」など等。

また、以前帰ってきたときに、達也さんが持ってきた着替えの下着に強い柔軟剤の匂いがついていた。

直美さんは、悩んだ末に万が一があれば、早い対処が望ましいと当社へ依頼された。

 

探偵がさっそく調査を開始する。

探偵は青森に飛び、達也さんの赴任先のマンションを張り込む。

オートロックのマンションのため、状況の確認に時間を要したが、

達也さんは女性と半同棲のような生活をしていた。

女性は阿部麻衣さん(28歳)、達也さんの会社に勤務、そして達也さんの部下であった。

麻衣さんは地域採用で保険の外交員をしている。

実家住まいだったのだが、達也さんと交際を始めて通い妻のようになったようだ。

 

以上を依頼人である直美さんに報告させていただく。

直美さんもおおよそは想定していたが、やはり事実を知って唖然とされた。

2日後、一樹君を札幌の実家に預け、青森に向かった。

直美さんは達也さん、麻衣さんと話し合いを持った。

達也さんと麻衣さんは交際を止めることを約束する。

直美さんは一度、帯広に帰り、荷物をまとめて青森に送った。

そして探偵の報告より10日後、直美さんは一樹君を連れて青森に引越しをされた。

 

 

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

帯広市在住の久保田夏子さん(38歳)から夫 武志さん(39歳)の調査を依頼される。

武志さんの仕事は運送会社で業務管理をしている。

夏子さんも建設会社で事務員をされている。

夫婦には長男 洋君(10歳)がおられる。

 

調査のきっかけは週末に武史さんとスーパーに食料品の買い物に行ったとき、

武志さんの車内にコンドームの個包装の切れ端を見つけたこと。

じつは夏子さんは以前から武志さんの浮気を疑っていた。

仕事が忙しいと帰宅時間が遅くなっていたり、休日も仕事といっては外出する。

また、スマホも常に肌身離さずに持ち歩く。

怪しいなと思っていたところに「切れ端」を見つけたのだった。

確信を得た夏子さんはすぐに当社へ依頼された。

夏子さんは洋君もまだ小学生、家庭が混乱する前に浮気をしているなら、早期に対処しようと考えたそうです。

 

探偵がさっそく調査を開始する。

調査初日、武志さんは19時に退勤し、まっすぐに帰宅する。

調査2日目。

武志さんは18時に退勤する。

自宅には帰らず、市内の大型スーパーの屋上駐車場に入場する。

武志さんの車は白い軽自動車の隣に止まる。

すぐに白い軽自動車から女性が降り、武志さんの車の後部座席に乗り込む。

武志さんも運転席よりおもむろに後部座席に移動する。

武志さんの車は3列シートのミニバン。

1時間後、女性が髪をかきあげならが、武志さんの車から降り、自分の車に乗り込む。

その後、武志さんの車、女性の車、それぞれが走行を開始し、駐車場から出ていく。

更に3日後、同じパターンで二人は密会をしている。

 

探偵は夏子さんと協議をして、夏子さんに武志さんの車にボイスレコーダーを設置してもらう。

やはり想定していた状況であった。

武志さんと女性の会話、行為の声などが鮮明に録音されていた。

武志さんと女性は車内で不貞行為をおこなっていたのだった。

その後も調査を進める。

女性は武志さんが勤務している会社のパート社員。

安藤恭子さん(36歳)、既婚者で夫は単身赴任の公務員。

二人は勤務先で親しくなり、このような関係になっていったようだ。

また、休みを合わせては、日中からホテルなどを利用しての密会も確認された。

 

以上を依頼人である夏子さんに報告させていただく。

 

後日、夏子さんは武志さん、恭子さん、恭子さんの夫と話し合いを持ち、

関係を止めること、恭子さんが仕事を辞めることの結論に達した。

 

 

 

 

 

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

帯広市在住の増田麻友さん(33歳)から夫 裕二さん(35歳)の調査を依頼される。

裕二さんは会社員で営業の仕事をされている。

麻友さんは美容師として働かれている。

ご夫婦は4歳の長男 義人君との3人家族。

 

依頼のきっかけは二つあった。

一つは裕二さんがお風呂に入っているときに、裕二さんのスマホの画面にLINEの受信が表れた。

今日は楽しかったよ・・・ありがとう💗 と一瞬見えたそうです。

裕二さんのスマホはロックされており、麻友さんが開くことはできない。

2つめはその3日後、裕二さんのスーツの上着のパケットからファミレスのレシートが出てきた。

裕二さんは営業職のため、お客様と一緒に食事に行き、レシートが入っているのは珍しくはなかった。

だが、そのレシートには「Aランチ」が2つ、お子様プレートが1つとなっていた。

お子様プレート?と麻友さんは不思議に思うとともに、「やっぱり」と思ったそうだ。

 

翌日、麻友さんは当社へ相談され、依頼となった。

さっそく探偵が調査を開始する。

やはり裕二さんは浮気をしていた。

相手の女性は浅田千里さん(28歳)、帯広市内のクラブで働いている女性。

裕二さんがお客様の接待で利用しているお店に勤めている。

おそらく店に通ううちに親密になったのだと思われる。

千里さんはシングルマザーで長男 優斗君(4歳)がおられる。

千里さんは実家で住まわれ、優斗君の子育てを手伝ってもらいながら、仕事をされている。

更に調査を進めると詳しく分かってきた。

裕二さんが「今日はお客さんの接待で遅くなる」と言っていた日のほとんどが、

千里さんのお店にプライベートで行っており、ときに閉店後にホテルに行ったりもしていた。

また、裕二さんは千里さんと優斗君の3人で何度も食事に出かけていたのだった。

 

以上を依頼人である麻友さんに報告させていただく。

麻友さんは浮気をしていたことも許せないが、義人に寂しい思いをさせて、

浮気相手の女性の子と食事や遊びに行っていたのが、一番許せないと話されていた。

 

麻友さんは義人君を連れて実家に戻り、裕二さんと今後について話し合いをしている。

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

帯広市に在住の斎藤正美さん(35歳)から夫 仁志さん(33歳)の調査を依頼される。

夫婦には長男 隼太君(8歳)がおられる。

仁志さんの職業は警察官。

2年前に帯広に転勤になり、同時に私服警察官(刑事)となった。

 

仁志さんは長年、希望していた刑事になれ、はりきって仕事をしていた。

当初は普通に帰宅をしていたのだが、刑事になってからの仁志さんはだんだんと顔つきも変わっていった。

正美さんが「今日は何時くらいに帰って来れますか?」と聞くと、

仁志さんは「刑事の俺に帰宅時間を聞くな、帰宅は事件しだいだ」と出かける。

日曜日も「今日は仕事だ」と外出。

正美さんが「忙しいのね、どんな事件なの?」と聞くと

仁志さんは「事件のことを話せるわけないだろう」と怒って答える。

正美さんは日々、変わっていく仁志さんに不安を覚えていた。

 

そんな日々が続いていた。

日曜日、仁志さんはいつものように仕事といって外出をする。

正美さんは隼太君を連れ、自宅から少し離れた音更町のスーパーまで向かった。

正美さんが車で木野大通を走っていると、仁志さんの車とすれ違った。

助手席には茶髪の若い女性が乗っていた。

夜、帰宅した仁志さんに助手席に乗っていた女性は誰?と聞いたが、仁志さんは「事件関係者だ」と答える。

そして、「いちいち仕事に口出すな」と仁志さんは正美さんを𠮟りつけた。

後日、仁志さんのスーツのポケットにラブホテルのレシートが出てきた。

 

正美さんは迷った末に当社へ依頼されたのであった。

さっそく探偵は仁志さんの調査を開始する。

午後6時、仁志さんは思ったより早く退勤をしていた。

まっすくにパチンコ店に行く。

午後11時、パチンコ店から帰宅する。

翌日も午後6時に退勤する。

仁志さんは車を勤務先の駐車場に置いたまま、タクシーに乗り込む。

飲食店ビルに入っていく。

午前1時

仁志さんは女性と一緒にビルから出てきて、タクシーに乗車。

女性のマンションと思われる建物に二人で入っていった。

午前4時。

マンションより仁志さんがでてきて、タクシーに乗車し、帰宅する。

 

その後も探偵は仁志さんの調査を続ける。

仁志さんには交際していた女性が4名いたのだった。

探偵はすべての女性を調べた。

女性たちは帯広市内の飲食店に勤務する女性。

仁志さんが生活安全課の刑事であったため、仕事を通じて知り合ったと思われる。

 

探偵はすべてを正美さんに報告させていただく。

正美さんはある程度、想像していたようで、深くため息をついた。

 

一週間後、正美さんは隼太君を連れて家を出た。

離婚に向けて話を進めている。

 

 

 

 

アイシン探偵事務所TOPへ

Area 調査エリア

北海道全域調査可能

株式会社アイシン探偵事務所では北海道の下記地域他、
北海道全域において調査を承っております。

札幌市 留萌市 稚内市 根室市 夕張市 名寄市 釧路市 帯広市 北見市 網走市 旭川市 深川市 滝川市 赤平市 芦別市 富良野市 砂川市 美唄市 岩見沢市 小樽市 恵庭市 千歳市 苫小牧市 函館市 室蘭市 士別市 紋別市 江別市 登別市 伊達市 石狩市 北斗市 歌志内市 三笠市 北広島市

東北・関東・東海・関西全域
グアム・ハワイおよびアメリカ合衆国全域
韓国・シンガポール

年中無休・24時間 ご相談・お見積無料!

札幌を拠点に北海道全域で調査を承っております。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(9:00~24:00受付)

011-598-1230

メール・LINEでのお問い合わせ(24時間受付)

メールフォーム LINEでメッセージ