浮気問題 弱ったふりはしても弱らない!

例えば、夫の浮気・・・・

以前の浮気であれば、妻に隠れてコソコソと浮気をする。

罪悪感から妻にいつもより優しくなり、妻が不信に思い、浮気がバレる。

浮気がバレた夫は妻に謝罪する。

当面、お小遣いを減らされ、シュンとなる。

このような展開が多かった。

だか、今の浮気は全く変わってきています。

浮気をして、浮気相手との関係が深くなってくると妻がジャマになる。

そして、妻を弱らせて離婚に持ち込もうとする夫たちが多いのです。

もう、俺はお前を女としては見ることはできない・・・・

もう、お前は子供たちの母親でしかない・・・・

子供が小学校を卒業したら、離婚してくれ・・・・

俺は離婚できないくらいであれば、死んだほうがマシだ・・・・

このような言葉を毎日、妻に投げかける。

そして、あえて家で食事をしないようにしたり、妻を無視したりする。

そんなことを毎日される妻はドンドンと精神的に弱っていく。

夫は弱ってきた妻に離婚を承諾させ、浮気相手と結婚しょうとする。

近年、このような卑怯な作戦を企てる夫も多いのです。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気問題に直面している方へ。

もしかしたら夫は「弱らせて離婚に持ち込む・・・作戦」を

企ているのかもしれません。

だからこそ、夫の浮気には毅然とした態度をする必要があるのです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・江別・岩見沢・美唄・砂川・滝川・深川・旭川・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  旭川市ホームページ

カテゴリー: 旭川 | タグ: | コメントをどうぞ

浮気問題 「謝らせたい」

探偵がご相談をいただく話に

浮気をしている夫に謝らせるために浮気の証拠がほしい・・との内容が多い。

そのような時、探偵はこのようにお答えします。

浮気に罪悪感を持っていない人に謝らせても意味がありません・・・と。

そもそも、不信な行動を取っている夫。

妻が何かを言えば開き直り、逆ギレをする。

そんな夫に浮気の証拠を取って謝らせたい・・・・と思っても無駄です。

仮に「すみませんでした・・・」と表面だけの言葉を言わせたところで

妻の気は晴れません。

もし、探偵に夫の浮気調査の依頼を考えているのであれば

「夫に○○をさせたい」ではなく「自分が○○するため」で検討してください。

探偵はハッキリと言います。

浮気に罪悪感も持っていない夫に謝らせても意味がありません。

まずは夫の浮気問題に自分がどう立ち向かうのか?が重要です。

(株)アイシン興信所では
札幌・小樽・余市・長万部・八雲・函館・旭川・北見・網走・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  函館市ホームページ

カテゴリー: 函館 | タグ: | コメントをどうぞ

探偵も驚くレベル超の浮気

例えば、以前の浮気は、コソコソと不審な行動をする夫。

妻が探偵に調査を依頼するとやはり夫の浮気が確認される。

夫は浮気がバレると妻に謝罪する。

このような展開が多かった。

だが、昨今は人間としてどうなのか?という展開が多い。

浮気相手が妊娠した・・・だからトットと離婚しろと迫ってくる夫。

不審な行動が続いていた妻・・・そして妊娠、出産、

だが、夫の子供ではなかった。

浮気相手の家から帰って来なくなり、家庭に生活費を一切入れない夫。

ありもしない夫のDVをでっち上げ、浮気相手の男性と同棲している妻。

自分の子供に寂しい思いをさせ、浮気相手の子供のきげんとりをする夫

夫の単身赴任中、浮気相手を自宅に招きいれていた妻。

浮気問題というより、アナタはそれでも人間ですか?・・と探偵は思ってしまう。

探偵はハッキリと言います。

浮気問題というより、人間としての問題・・・・・

そんな事案が多くなってきているのです。

(株)アイシン興信所では北海道全域で
浮気調査・素行調査・盗聴器発見調査・家出人調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  苫小牧市ホームページ

カテゴリー: 苫小牧 | タグ: | コメントをどうぞ

家族が病んでも浮気を止めない結婚生活を続けますか

例えば、配偶者の浮気問題。

でも、あえてその浮気を黙認している現実もあります。

ですが配偶者の浮気問題を黙認し、

結婚生活を続けるストレスは相当なものです。

ここで1つの基準を考えてみたいと思います。

結婚は互いに病んだときは支えあう関係・・・・であることです。

例えば、夫の浮気問題。

妻がインフルエンザで41度の高熱が出ている。

でも、夫はそんな妻を置いて浮気相手と食事に行った。

夫が風邪をこじらせて会社から帰宅した。

だが、妻はコンビニのおにぎりを夫に渡し、浮気相手と密会に出掛ける。

探偵は調査を通じ、このような展開をたくさん見てきています。

結婚は互いに病んだときは支えあう関係・・・・

この基本的な関係が壊れているのであれば、

離婚の決断が必要かもしれない。

探偵はハッキリと言います。

今、配偶者の浮気問題に直面している方へ。

アナタの配偶者は、アナタが病んだときに浮気をしていますか?

(株)アイシン興信所では北海道全域で
浮気調査・素行調査・盗聴器発見調査・家出人調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  室蘭市ホームページ

カテゴリー: 室蘭 | タグ: | コメントをどうぞ

浮気離婚問題 迷いの時間が一番辛い

例えば、夫の浮気が発覚する。

そこで夫が素直に浮気をしたことを謝罪してくれれば良いが、

多くのケースでは逆ギレ、そして開き直りをすることが多い。

そのような場合、妻にはどのような選択肢があるのか?

人は迷っている時が一番辛いものです。

だからこそ、今選択できることを整理して考え、

決断すると迷っているより、気持ちは楽になります。

ここで妻が選択できる方向性は3つ。

1.夫と話し合いを継続する。

夫婦の基本的な関係において「浮気」は不法行為です。

ですから、夫がどんなに逆ギレしようが、開き直ろうが、

「浮気は許さない」といい続けること。

また、場合によっては自分の親や夫の親を交えての家族会議を持つ。

それでも夫の態度が酷い場合は、別居をしながら話し合いをする。

2.黙認する。

一切、夫の行動に関心を持たず、夫の浮気を黙認する。

このような選択をする方もいますが、これは妻の性格にもよりますが、

精神的な負担が多いのも事実です。

本来であれば、この世で一番に支えあう関係が夫婦というもの。

その関係を根底から否定し、夫の浮気を黙認する。

3.離婚をする。

夫婦の関係は互いに病んだときに支えあう関係。

その夫が別な女性と浮気をしている。

もし、自分が病気になった時、この夫は自分を支えてはくれない。

そんな夫と長い人生、共に生活はできない。

離婚をして、人生を再スタートさせる。

でも、離婚においてのリスクも当然、あるのも事実です。

夫の浮気が発覚する。

だが、夫は逆ギレ、そして開き直る。

その時のどんなに悩んでも、妻の選択肢は3つしかありません。

1.夫と話し合いを継続する。

2.黙認する。

3.離婚をする。

どれかを選択し、決断する。

人は迷っている時が一番、辛いものです。

(株)アイシン探偵では
札幌・石狩・留萌・稚内・紋別・網走・北見・釧路・根室・富良野 他
様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所   留萌市ホームページ

カテゴリー: 留萌 | タグ: | コメントをどうぞ