浮気問題 愛人の名は、

下記調査事例は複数の調査を元に創作したフィクションです。

北海道在住のA子さん(38歳)から、夫 Bさん(41歳)の調査を依頼された。

半年ほど前からBさんの不審な行動が増えた。

帰宅時間が極端に遅くなり、休日も仕事があるといって外出する。

またBさんはA子さんの反対を押し切って、急にクルマを買い換えた。

ある日、BさんがA子さんに離婚をしたい・・・と言ってきた。

まだ、子供も小さいことから、A子さんは「離婚なんてできません」と答える。

そのこともあり、A子さんは探偵にBさんの調査を探偵に依頼された。

探偵が調査を行なうとやはりBさんの浮気が確認された。

相手の女性は会社の部下。

車内不倫をしていたのであった。

調査を終了し、全てを妻のA子さんに報告させていただく。

A子さんは一瞬、考え込み、探偵に言った。

「夫のクルマのナンバー 935 です」・・・・と。

相手の女性の名前は久美子(クミコ)だった。

おそらく夫は部下の年下女性と浮気をはじめ、

その女性にミエをはるためにクルマを買い換える。

そして二人の秘密だね・・・等といって

クルマのナンバーを女性の名前 935にしたのだろう。

妻のA子さんは相手女性に弁護士を通じて慰謝料の請求をした。

夫 Bさんも不倫が会社にバレ、地方に転勤させられた。

そして、A子さんはそのクルマをすぐに売却したのであった。

(株)アイシン探偵では北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴器発見調査・家出人調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  函館ホームページ

カテゴリー: 函館 | タグ: | コメントは受け付けていません。

浮気問題  探偵泣かせのサービスタイム

最近、ラブホテルのサービスタイムを

フルに使う不倫カップルたちが増えている。

例えば、妻の浮気パターン。

午前7時00分  夫が出勤する。

午前7時30分  高校生の息子が登校する。

午前8時00分  妻が外出する。

           近所のコンビニで待っている浮気相手のクルマに乗る。

午前8時30分  男性のクルマでラブホテルへ入っていく。

午後6時30分  クルマがラブホテルから出てくる。

ラブホテルのサービスタイムをフルに使っての10時間滞在。

当然、探偵はいつ出てくるか分からない相手に対して

ひたすらラブホテル付近で待機する。

ホテルから出てくる一瞬のタイミングを撮影するには集中力が必要です。

通常、3時間くらいの集中力は養っている探偵ですが、

10時間の集中力維持はさすがにキツイものがあります。

探偵はハッキリと言います。

ラブホテルのサービスタイム 最大16時間滞在OK・・・のカンバン。

探偵殺すにはサービスタイム・・・ 

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・江別・岩見沢・美唄・砂川・滝川・深川・旭川・釧路・根室・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  札幌ホームページ

カテゴリー: 札幌 | タグ: | コメントは受け付けていません。

浮気問題 ありがちな言い訳

夫の浮気・・・・バレた時の言い訳。

俺はこの家庭で居場所がなかった・・・

仕事のストレスを浮気に逃げてしまった・・・

君は僕が大変な時に支えてくれようとしなかった・・・

寂しかったんだ・・・

妻の浮気・・・・バレた時の言い訳。

アナタは私の苦労なんて知ろうとしなかったじゃない・・・

アナタはいつも仕事が優先だったじゃない・・・

家庭のことは全部、私に押し付けてきたじゃない・・・

子育てに必死だったのよ・・・

ここで共通していることは、なぜ浮気をしなのか?ではなく、

いかに自分が大変だったのか・・・を言い訳としてくることです。

相手の浮気の言い訳を一生懸命に考えることは意味のないことです。

「子育てが大変だった」ことと「浮気をしたこと」は関係ありません。

浮気がバレた時、浮気当事者たちはほとんど同じような言い訳をします。

(株)アイシン探偵では北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・家出人調査・盗聴器調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵  北斗ホームページ

カテゴリー: 北斗 | コメントは受け付けていません。

浮気離婚問題 人は変化を恐れるもの

今がどんなに不幸な状況であっても、

変化を恐れるあまり、その不幸にしがみついてしまうことがあります。

例えば、浮気を繰り返す夫。

ほとんど家にも帰ってこない。

そして、妻やときには子供にまで暴力をふるう。

当然、生活費も入れない。

妻がパートを掛け持ち、寝る間もなく働き、生活費を稼いでいる。

実際、このような状況に置かれている奥さんも多い。

普通で考えれば奥さんは離婚を選択するはず。

でも、中には今の現状を変えたくないと、

必死にしがみついてしまう人もいる。

確かに離婚は不安もありますが、今より悪い状況にはならない。

人は今がどんなに不幸でも、「変化」を恐れてしまうことがあるのです。

探偵はハッキリと言います。

今の不幸にしがみつかないで下さい。

変化を恐れず、あと一歩の勇気を持って未来に進んでください。

(株)アイシン探偵では
札幌市・紋別市・網走市・釧路市・根室市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  網走ホームページ

カテゴリー: 網走 | タグ: | コメントは受け付けていません。

増える熟年離婚の現実

要因はいろいろと考えられますが、

妻の浮気が増えていることも要因の1つだと考えます。

私が探偵になった頃は9割が妻から夫の浮気調査依頼であった。

現在は依頼の7割が夫から、妻の浮気調査依頼です。

通常、家庭のお金の管理は妻がしている。

そのため、夫が依頼費用を捻出することは、ハードルが高いはずです。

それでも、夫からの依頼が多いのです。

世の中の潜在的な浮気の数は妻側の方が

圧倒的に多いと探偵は実感しています。

そして、このような状況(妻の浮気が多い)にも関わらず、

世の夫たちは家計のことに全く無関心なのです。

例えば・・・・

夫はいつも妻から生活が苦しい・・・と言われ続けていた。

そして、夫は定職の他に深夜のアルバイトを始める。

10年の歳月が流れ、妻から突然に離婚を要求された夫。

夫は悩んだ挙句、探偵に妻の調査を依頼する。

すぐに妻の浮気が確認された。

だが、妻は開き直り、逆ギレ。

強引に家を出て、実家に帰ってしまう。

そして、自分から離婚調停を起こしてくる。

自分の浮気のことはウヤムヤにされ、強引に離婚を成立させてしまう。

慰謝料も離婚後、妻は支払い能力がない・・・とのことで終わり。

離婚から1年後・・・夫の元に妻が新築マンションを購入したとの噂が入る。

確認すると現金3000万円で購入していた。

夫が妻(元妻)に確認すると、「アナタに関係ないでしょう」の一言。

おそらく、結婚期間中に相当額のお金を貯め、

離婚後に財産分与をしていなかったお金で購入したのだろう。

上記の例はあくまでもフィクションではあるが、

実際に類似するケースは多いだろう。

世の夫たちはもう少し、家計や家庭のことに関心を持つべきです。

妻に任せていても、無関心ではダメなのです。

離婚後、夫は毎月、ギリギリの生活・・・・

そして、妻は現金でマンションを購入・・・・

こんな現実もあるのです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・登別・室蘭・伊達・函館・旭川・帯広・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  札幌ホームページ

カテゴリー: 札幌 | タグ: | コメントは受け付けていません。