Case study調査事例

家出人・失踪人調査  

愛する二人の別れ・・・そして

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

北大のポプラ並木に秋風が吹き始める9月。

札幌市在住の松山絵美さん(49歳)から内縁関係である竹田清さん(54歳)の失踪調査を依頼される。

絵美さんは看護師、清さんは建設会社で働いている。

絵美さんは5年前に離婚、子供は娘が一人、既に絵美さんと同じ看護師として函館で働いている。

3年前、絵美さんは近所のスーパーで清さんとよくすれ違っていた。

あるとき、そのスーパーで会計を終えた絵美さんが財布を落としたとき、後ろにいた清さんが拾い、渡してくれた。

その数日後、絵美さんは近所のお好み焼き屋に行ったところ、清さんがカウンターでお好み焼きをツマミにビールを飲んでいた。

その際、財布を拾ってもらったお礼などを清さんに言った。

絵美さんと清さんは初めて互いに自己紹介をした。

二人は他愛もない話をした。

絵美さんは5年前に離婚し、長女は看護師として働いていること。

清さんは、福岡生まれで今は札幌の建設会社で働いていること、会社の寮に住んでいること・・・など等。

そしてLINEの交換をした。

互いに時間のあるときなど食事に出かけたり、ときには絵美さんが自宅に食事の招待などをしていた。

そんな関係が続き1年後、清さんは会社の寮を出て、絵美さんの部屋で一緒に住むことになった。

清さんは自分のことはあまり話さないが、福岡の街のことはよく話してくれた。

博多の屋台のこと、ラーメンのこと・・・・

絵美さんにとっては、静かだけれど楽しい時間が続いた。

そうして2年が経った。

1週間前、絵美さんが仕事を終え、自宅に帰ると机の上に一通の手紙が置いてあった。

決して上手な字ではないが、一文字ずつ丁寧に書かれているのが分かる手紙だった。

「絵美には感謝しかありません」

「本当に楽しかった3年間でした」

「自分にとっては、かけがえのない日々だった」

「事情があり、この家を出ていきます」

「最後に本当にありがとう」・・・・  と書かれていた。

すぐに清さんのスマホに電話をするが、既に解約されていた。

翌日、清さんの会社に行ったが、社長も驚きながら、昨日、急に事情があって福岡に帰らなければならないと言って

退職したと教えてくれた。

絵美さんは自分のことが嫌いになって出ていったんだと言い聞かせた。

だが、どうしても納得ができなかった。

絵美さんは疲れ切った心で探偵を訪れた。

そして、探偵に清さんの居所調査を依頼された。
 
 

さっそく探偵が調査を開始する。

探偵の様々な特殊調査を実施する。

3週間後、清さんの居所を確認した。

清さんは福岡市におられた。

探偵は調査状況を絵美さんに報告をさせていただく。

絵美さんは清さんの詳しい状況を知りたいとさらに探偵にされた。

 
幸い、探偵は清さんをよく知る人物と接触することができた。

清さんは、妻 尚子さん(51歳)と暮らしていた。

清さんと尚子さんは結婚して25年。

二人の間には長女 凜さん(24歳)がおられる。

尚子さんの実家は福岡の名家、清さんとの結婚には猛反対された。

だが、反対を押し切って二人は結婚をした。

尚子さんは実家が開業している歯科医院で歯科医をしていた。

清さんは会社員。

収入格差などもあり、夫婦の仲はギクシャクしていった。

あるとき、清さんと尚子さんは口論となり、翌日、清さんは家を出たそうだ。

それから10年の月日が経った。

だが昨年、尚子さんが若年性アルツハイマー型認知症と診断され、長女の凜さんは清さんを探して母との再会を望んだのでした。

その際、凜さんは地元の探偵社に依頼して、住所を確認して、ひそかに清さんと会っていたのだった。

清さんは、凜さんとの再会に喜び、驚いた。

そして、尚子さんの状況を聞いた。

清さんは、尚子さんのことも心配だったが、凜さん一人に尚子さんの世話をさせることに戸惑ってしまった。

悩んだ末に福岡に帰ることを決断し、絵美さんの元を去ったのだった。

以上、すべてを依頼人である絵美さんに報告をさせていただいた。

 
絵美さんは清さん宛ての一通の手紙を託した。

三日後、探偵は再度、福岡市にむかった。

清さんに絵美さんから預かった手紙を渡すと、すぐに手紙の封を切った。

ボロボロと涙を流していた清さん。

探偵は手紙の内容をも知る由もないが、清さんは手紙を読みながら、ボロボロと涙を流されていたのだった。

関連記事

浮気調査(行動調査)8年前の離婚、そして再婚への道・・・

8年前の秋、札幌市在住の吉田美幸さん(44歳)から夫 孝明さん(47歳)の浮気調査を依頼される。 吉田さん夫婦は結婚して20年。 孝明さんは自動車整備士、結婚後に独立して自分の工場を持った。 美幸さんも経理を担当しながら… 続きを読む 8年前の離婚、そして再婚への道・・・

家出人・失踪人調査同棲相手は誰? すべてが嘘だった・・・

札幌駅前も雪解けが進む3月。   阿部美咲さん(33歳)から、恋人である佐藤拓也さん(36歳)の家出人・失踪人調査を依頼される。 美咲さんは看護師、拓也さんは派遣社員で事務職をされていた。 3年前、美咲さんと拓… 続きを読む 同棲相手は誰? すべてが嘘だった・・・

浮気調査(行動調査)夫は転勤などしていなかった・・・

佐々木真由美さん(43歳)から夫 和樹さん(45歳)の調査を依頼される。 依頼の内容は「夫が本当に転勤しているのか?」と少し変わった調査である。   和樹さんは建築資材卸の会社に勤めている。 会社は札幌に本社を… 続きを読む 夫は転勤などしていなかった・・・

Survey area

アイシン探偵 調査エリア

中央区大通公園 中央区大通公園
北海道北海道全域調査
株式会社アイシン探偵事務所では札幌市内、札幌市近郊、北海道全域において様々な興信所・探偵調査に対応しております。
札幌市内
中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区 札幌市近郊

東北・関東・東海・関西全域
グアム・ハワイおよびアメリカ合衆国全域・韓国・シンガポール

ご相談・お問い合わせ Contact

24時間年中無休
ご相談お見積無料

札幌を拠点に北海道全域で調査を承っております。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

Our social media
お電話でのお問い合わせ
011-598-1230 9:00-24:00受付
LINEでのお問い合わせ
LINEでメッセージ 24時間受付