Case study調査事例

所在調査(人探し)  

突然、自分に兄がいることを知った・・・

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

テレビ塔からの眺めも春色になる4月。

札幌市在住の阿部義男さん(60歳)から依頼をお受けする。

義男さんのお母様 阿部キヨさん(88歳)が亡くなった。

キヨさんが亡くなる3日前に義男さんに告げたことがあった。

「お前には5歳上の兄 一郎がいるんだ」

「私が若いときに産んだ子だ」

「当時、育てられなかった私は、養子に出してしまった」

「もし一郎に会えたのなら、母さんが謝っていたと伝えておくれ」・・・・と。

義男さんは初めて聞いた事実だった。

葬儀も終わり、母が言ったことが頭から離れなかった。

親戚から聞いた話だと、キヨさんは若いこと未婚で男の子を産んだが、すぐに養子に出したということだった。

それ以上の詳しいことは分からなかった。

市役所にも行き、母の戸籍をたどると、確かに一郎という子を養子に出している。

だが、戸籍を集めても、兄 一郎さんの居所は分からなかった。

そして、当社へ兄 一郎さんの所在調査を依頼されたのだった。
 
 
さっそく探偵は調査を開始する。

探偵は様々な調査を実施する。

1ヵ月後、一郎さんの住所が判明した。

高田一郎さん(65歳)は、札幌市中央区に住んでおられたのだった。

驚くことに、義男さんの自宅のすぐ近くに住んでおられた。

おそらく、道路やコンビニなどですれ違っていても不思議ではない距離感であった。
 
 
探偵の報告を受けた義男さんは、一郎さんに手紙を書いた。

「母 キヨが亡くなったこと」

「兄の存在を最近、知ったこと」

「母がアナタに謝っていたこと」

3日後、義男さんの家に一郎さんが訪ねてこられた。

一郎さんは、義男さんの顔を見るなり、満面の笑顔で「君が僕の弟 義男君なのかい」と言ってくれたそうです。
 
 
それ以来、離れていた時間を埋めるように義男さんと一郎さんは会うようになった。

そして、毎週土曜日の夜7時に二人の家の中間にある銭湯で待ち合わせて風呂に入っているそうです。

関連記事

家出人・失踪人調査娘の家出・・・なんともあの男は・・・・・

札幌に初夏が訪れる6月。 埼玉県在住の山口良一さんから娘 美香さん(19歳)の家出人・失踪人調査を依頼される。 美香さんは実家に住んでおり、仕事は介護施設で働いていた。   1週間前に美香さんが「探さないでくだ… 続きを読む 娘の家出・・・なんともあの男は・・・・・

企業信用・法人調査会社の情報が洩れている・・・

札幌市で不動産会社を経営する細田久さん(63歳)から、情報漏洩に関する調査を依頼される。 細田さんは会社を20年前に起業された。 業績も順調に伸び、現在は社員20人をかかえる。 探偵へ調査を依頼された経緯は、細田さんの会… 続きを読む 会社の情報が洩れている・・・

浮気調査(行動調査)息子が浮気・・・ 父が土下座・・・[札幌 浮気調査]

札幌市在住の小林吉雄さん(62歳)からご相談を頂いたの、 札幌で雪祭りがおこなわれていた2月。 ご相談の内容は息子 晃さん(33歳)の浮気についてであった。 晃さんは妻 友美さん(32歳)、長男 智也君(5歳)の3人家族… 続きを読む 息子が浮気・・・ 父が土下座・・・[札幌 浮気調査]

Survey area

アイシン探偵 調査エリア

中央区大通公園 中央区大通公園
北海道北海道全域調査
株式会社アイシン探偵事務所では札幌市内、札幌市近郊、北海道全域において様々な興信所・探偵調査に対応しております。
札幌市内
中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区 札幌市近郊

東北・関東・東海・関西全域
グアム・ハワイおよびアメリカ合衆国全域・韓国・シンガポール

ご相談・お問い合わせ Contact

24時間年中無休
ご相談お見積無料

札幌を拠点に北海道全域で調査を承っております。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

Our social media
お電話でのお問い合わせ
011-598-1230 9:00-24:00受付
LINEでのお問い合わせ
LINEでメッセージ 24時間受付