調査事例
case study

調査事例 調査事例
  • HOME
  • 調査事例:浮気調査

知っておきたい調査事例:浮気調査

株式会社アイシン探偵事務所で行った調査事例を紹介いたします。

イブの日の浮気・・・

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

旭川駅に粉雪が舞う12月。

旭川市在住の浅田久美さん(35歳)から夫 勇作さん(34歳)の調査を依頼される。

浅田家は久美さん、勇作さん、長男 隼人君(4歳)の3人家族。

勇作さんは会社員、久美さんは看護師として働かれている。

 

3か月ほど前から勇作さんの帰宅時間が遅くなり、休日も仕事といって外出する。

そして、久美さんが一番に不審に思ったのが、「ニオイ」であった。

勇作さんの上着からコロンのニオイがする。

また、常にスマホを離さず、LINEをしていた。

 

当初、久美さんはさほど気にしていなかった。

ある日、隼人君が保育園で熱を出し、久美さんが迎えに行った。

熱が下がらず、勇作さんに連絡をする。

だが、勇作さんは「今日は仕事で遅くなるから、君が病院に一人で連れてってくれ」と返事をしてきた。

幸いにも隼人君の熱は大事に至らず、お薬を飲んで落ち着いた。

その日、勇作さんの帰宅は23時、やはり「ニオイ」がついていた。

久美さんは翌日、探偵に依頼された。

 

さっそく探偵が調査を開始する。

やはり勇作さんは浮気をされていた。

相手は勇作さんの取引先会社の従業員、安藤ひかるさん(27歳)。

勇作さんは18時過ぎには退勤し、神楽にあるひかるさんの家に行く。

そして、おそらくは夕食をひかるさんの家で食べ、帰宅するのです。

 

おおむね状況が分かり、探偵は久美さんにこれまでの報告をさせていただく。

久美さんは想像はされていたが、この世で一番に信頼すべき夫の裏切りに戸惑っておられた。

 

最終の調査日は24日、イブの日。

24日の朝、久美さんは勇作さんにお願いした。

「今日はイブだから、隼人も楽しみにしているから早く帰ってきてね」と。

勇作さんは「分かった」と短く答えた。

久美さんはこれが最後のクリスマスになるのではとの思いがよぎっていた。

18時、勇作さんからLINEが届く。

「納品のミスがあり、仕事が終わりしたい、お客様に届けなくてはならない」

「少し遅くなるから隼人とケーキを食べていてくれ」と。

 

当日、探偵は勇作さんの会社の前で待機していた。

18時、勇作さんが会社から出てきて、自分の車に乗り、走りだす。

買物公園付近で勇作さんの車が停車、ひかるさんが助手席に乗り込み、走行を再開。

車は旭川で有名な洋食屋さんの駐車場に到着する。

二人は手をつなぎ、店へ入っていく。

探偵も後を追い、店に入るがイブの日のため、予約客しか対応できないと入店できなかった。

二人は予約していたのだろう。

その時点で勇作さんの状況を久美さんに連絡させていただいた。

久美さんは「分かりました」と小さな声で答えられた。

後ろで隼人君が「パパ、パパから電話?」と大きな声で話していた。

そのとき、久美さんは大きな決断をされた。

翌日、隼人君を連れ、実家に帰り、離婚について進めている。

 

 

 

 

タグ:
カテゴリー:浮気調査
                                   

アイシン探偵事務所札幌店TOPへ

Area 調査エリア

北海道全域調査可能

株式会社アイシン探偵事務所では北海道の下記地域他、
北海道全域において調査を承っております。

札幌市 留萌市 稚内市 根室市 夕張市 名寄市 釧路市 帯広市 北見市 網走市 旭川市 深川市 滝川市 赤平市 芦別市 富良野市 砂川市 美唄市 岩見沢市 小樽市 恵庭市 千歳市 苫小牧市 函館市 室蘭市 士別市 紋別市 江別市 登別市 伊達市 石狩市 北斗市 歌志内市 三笠市 北広島市

東北・関東・東海・関西全域
グアム・ハワイおよびアメリカ合衆国全域
韓国・シンガポール

年中無休・24時間 ご相談・お見積無料!

札幌を拠点に北海道全域で調査を承っております。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(9:00~24:00受付)

011-598-1230

メール・LINEでのお問い合わせ(24時間受付)

メールフォーム LINEでメッセージ