調査事例
case study

調査事例 調査事例
  • HOME
  • 調査事例:函館 旭川 札幌 釧路

知っておきたい調査事例:函館 旭川 札幌 釧路

株式会社アイシン探偵事務所で行った調査事例を紹介いたします。

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

札幌市在住の森本聡さん(57歳)から調査をお受けする。

森本さんは札幌で北海道産の海産物販売の会社を経営している。

会社は札幌に本社を置き、釧路、旭川、函館に営業駐在員を置いている。

森本さんの会社は社員40人の中小企業である。

営業社員の評価を営業成績だけではなく、努力評価をしようと考え、探偵に営業社員の業務実態の調査を依頼されたのだった。

さっそく探偵が調査を開始する。

まずは本社勤務の営業社員4人を調査する。

4人とも外勤にでた際は得意先をまわり、懸命に仕事をしているのが分かった。

次に釧路、旭川、函館に駐在している営業社員の調査をおこなう。

結論からいえば、まったく仕事をしていなかった。

釧路の社員はほぼ毎日、パチンコ店に行っていた。

ほとんど得意先を訪問することもなく、夕方にパチンコ店から外に出てきて、会社に電話で架空の報告をするのみだった。

旭川の社員は毎日、自宅から出てこない。

昼頃に家から歩いてコンビニに行き、弁当を購入する。

この社員も夕方に会社へ架空の内容を電話で報告していた。

函館の営業社員は平日の勤務日に彼女を連れて札幌に遊びに来ていたのだった。

そして、札幌のホテルに宿泊して、翌日に函館に戻っていった。

その社員は札幌に遊びに来ていながら、夕方に札幌の本社に電話をして、架空の報告をしていた。

調査結果を依頼人である森本さんに報告をさせていただく。

森本さんはあまりの内容に愕然とされた。

おもわず「まさかこれほどひどいとは・・・・」とつぶやいておられた。

森本さんは社長である自分の管理責任のなさを痛感されていた。

すぐに各地の営業社員と面談をおこなった。

その後、各社員を本社勤務にすることになった。

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

函館山の夜景がきれいに映る11月。

函館市在住の横道博さん(33歳)から妻 優実さん(28歳)の浮気調査を依頼される。

博さんと優実さんは結婚して4年。

子供はまだいない。

博さんの仕事は公務員、優実さんはアパレル関係のお店に勤めている。

2ヵ月ほど前から優実さんの態度がよそよそしくなり、博さんと会話をしなくなっていった。

そして3週間前に博さんと優実さんはほんの些細なことでケンカになった。

優実さんは「少し独りでこれからの人生を考えたい」と半ば強引に家を出ていった。

「友達の奈央のところで泊めてもらう」と優実さんは言っていた。

博さんもその話を信じていた。

その後、数日たってから博さんが優実さんに電話をかけた。

仕事が終わっている時間に電話をかけても、電話にでない。

そして翌日のお昼休みに折り返しの電話が来る。

「昨日はお母さんと電話で話をしていたから、電話にでられなかったわ」

別の日も夜に電話をかけるが優実さんは電話にでない。

やはり翌日の昼休みに折り返しの電話がくる。

「昨日は友達の明美と電話で話をしていたから電話にでられなかったわ」

さらに数日後、優実さんから電話があり、「自分自身でよく考えたけど、離婚をしたい」と言ってきた。

博さんは戸惑い、友人などに相談する。

友人は「それはどう考えてもおかしい」、「ちゃんと調べてから結論を出した方がよい」とアドバイスをくれる。

博さんは友人のアドバイスもあり、当社へ優実さんの調査を依頼された。

さっそく探偵が調査を開始する。

優実さんは友人の奈央さんのところには泊まっていなかった。

実際は、職場の同僚の佐藤健太さん(25歳)の家で暮らしていた。

浮気をしていたというより、同棲をしていたのだった。

その後も探偵は調査を進めた。

優実さんと佐藤氏はやはり博さんが違和感を持たれた2ヵ月前より親密な関係になったようだ。

そして優実さんは博さんが優しいことを利用して、「浮気がバレないうちに博さんを説得して離婚を承諾してもらおう」と考えていたようだ。

探偵はすべてを博さんにご報告をさせていただく。

博さんは深いため息をつかれ、探偵の報告を聞かれていた。

今後については弁護士に相談しながら、じっくりと自分の答えを出していくと博さんは探偵に話されていた。

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

函館山からの夜景がいっそう綺麗に見える11月。

函館在住の酒井由美さん(38歳)から、元夫である酒井豊さん(42歳)の勤務先調査を依頼された。

由美さん夫婦は3年前、豊さんの浮気問題で離婚された。

調停で慰謝料、長男 拓也君(11歳)の養育費などを取り決めた。

慰謝料は豊さんが父親から借りて離婚前に払ってきていた。

養育費も当初は決められた日にきちんと振り込んできていた。

だが、4カ月前から豊さんからの養育費が途絶えた。

由美さんは豊さんにLINEをしてみたが、既読にならない。

電話をかけてみるが、「現在、使われていません」とガイダンスが流れる。

由美さんは豊さんの家を訪ねるが、引越しをしていた。

幸い住所は由美さんが豊さんの戸籍を取得して判明した。

豊さんは函館から札幌へ転居していたのだった。

そこで由美さんは豊さんの仕事を確認して、給与の強制執行をすることを決めた。

由美さんもフルタイムで働いてはいるが、長男 拓也君も中学生でお金がかかる時期であった。

やはり豊さんの養育費は必要だったのです。

さっそく探偵が調査を開始する。

豊さんの転居先のアパートから豊さんが出てくるのを確認し、尾行をする。

数日間、調査をおこなった結果、豊さんの勤務先が判明する。

豊さんは札幌市内の建設会社で働いていた。

その結果を踏まえ、由美さんは弁護士に委任し、裁判所の手続きをおこない、豊さんの給与の差し押さえをおこなった。

その後、豊さんから連絡があり、養育費は今後はきちんと払うことを約束した。

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

函館も雪解けが進み、春を感じられる4月。

札幌市在住の佐藤豊さん(50歳)から、娘 沙織さん(18歳)の自宅アパートの盗聴・盗撮調査を依頼された。

沙織さんは函館にある看護学校に入学し、札幌の実家から函館で独り暮らしを始めた。

豊さんは沙織さんのことに関してはとにかく心配性であった。

今回の函館の看護学校の入学も最後まで反対をしていた。

沙織さんが函館で独り暮らしを始めて数日がたった。

豊さんはテレビで「盗聴・盗撮被害」のドキュメンタリー番組を見た。

テレビを見終わった豊さんは「もし沙織の部屋に盗聴器や盗撮器があったらたいへんだ」といてもたってもいられなくなった。

そして、当社へ急いて電話をされてきたのだ。

豊さんの要望は一つ、すぐに調査をしてほしいとのことだった。

すぐに探偵が函館の沙織さんの部屋にうかがう。

調査の結果は・・・・・

盗聴器が発見された。

部屋に一つ、トイレに一つの2つが発見された。

盗聴器のタイプは典型的な電源タップ型(三股ソケット型)であった。

おそらくは沙織さんに仕掛けられたというより、前住人の関連で装着されたのだろうと推測される。

沙織さんは驚かれていたが、もっと驚いたのは依頼人の豊さんであった。

探偵の報告を聞いて、翌日には仕事の休暇をもらい函館に行く。

今住んでいる管理会社に赴き、事情を話す。

管理会社も困惑していたようだ。

豊さんはその足で不動産業者に行き、沙織さんの引っ越し先を決めた。

今の部屋より狭いが、新築の未入居物件。

引越しは1週間後、それまで沙織さんはホテルから通学することにしたようだ。

豊さんは引越し先の部屋の盗聴・盗撮調査を探偵に依頼された。

 

娘のことが心配でならない父親。

だが、その心配性の父が被害を未然に防いだのだった。

アイシン探偵事務所TOPへ

下記調査事例は複数の調査をもとに創作したフィクションです。

函館金森倉庫に観光客が賑わう7月。

函館市在住の森田洋さん(36歳)から妻 裕美さん(35歳)の調査を依頼される。

洋さんは公務員、裕美さんは以前はハンバーガー店で働いていた。

友人の紹介で知り合い、交際2年を経て結婚して1年。

そして、生後2か月の長男 悠馬君を入れての3人家族。

 

だが、先日、裕美さんは育児が負担で鬱になったと言い、実家のある室蘭に帰ってしまった。

洋さんもできるだけ育児に取り組んでいたのだが、裕美さんはだんだんと元気がなくなっていた。

実は結婚後、洋さんと裕美さんの関係はうまくいっていなかった。

裕美さんから離婚を迫られることもあったようだ。

だが、裕美さんの妊娠をきっかけに互いに夫婦関係を立て直そうと約束しあった。

 

裕美さんはゆっくりしたいから、実家にはなるべく来ないでほしいと言っていた。

洋さんも、そういわれ、実家に行くことを遠慮していた。

だが、実家に帰ってから裕美さんから連絡が全く来ない。

LINEをしても返信はなく、電話をしてもでない。

実家のお義母さんに電話をするが、「今、ちょっと具合が悪くて寝ているの」と歯切れが悪い。

室蘭にいる友人に頼んで、裕美さんの実家を見に行ってもらうが、いつ行っても裕美さんの車が止まっていないそうだ。

洋さんは「何かおかしい」と思った。

そして、当社へ裕美さんの所在調査(本当に実家にいるのか?)と生活状況の調査を依頼された。

 

さっそく探偵が調査を開始する。

室蘭の裕美さんの実家付近にて調査をする。

3日ほど張り込みをするが、裕美さんらしき人物が確認できない。

また、裕美さんが乗っていったはずの車もない。

 

その後も探偵は調査をおこなう。

裕美さんは室蘭の実家ではなく、函館にいたのだった。

裕美さんは太田健一さん(35歳)と暮らしていたのだ。

探偵の調べで裕美さんと健一さんは高校時代の同窓生であることが判明する。

そして、裕美さんは洋さんと結婚した後、健一さんと不倫関係にあったようだ。

 

以上を依頼人である洋さんに報告させていただく。

洋さんは愕然とするとともに、「謎がとけた・・・・」とポツリと言いました。

裕美さんが妊娠をした際、洋さんは「エッ」と思ったそうです。

 

翌日、洋さんは裕美さん、健一さんと話し合いを持った。

裕美さんは「悠馬は健一さんとの子供です」と認めた。

そのとき、洋さんは握りこぶしを振り上げないように苦労したそうです。

 

10日後、洋さんはDNA鑑定の結果を得て、悠馬君との親子関係不存在の手続きを裁判所におこなった。

また、裕美さんと健一さんには慰謝料の請求をおこなった。

 

 

 

 

アイシン探偵事務所TOPへ

Area 調査エリア

北海道全域調査可能

株式会社アイシン探偵事務所では北海道の下記地域他、
北海道全域において調査を承っております。

札幌市 留萌市 稚内市 根室市 夕張市 名寄市 釧路市 帯広市 北見市 網走市 旭川市 深川市 滝川市 赤平市 芦別市 富良野市 砂川市 美唄市 岩見沢市 小樽市 恵庭市 千歳市 苫小牧市 函館市 室蘭市 士別市 紋別市 江別市 登別市 伊達市 石狩市 北斗市 歌志内市 三笠市 北広島市

東北・関東・東海・関西全域
グアム・ハワイおよびアメリカ合衆国全域
韓国・シンガポール

年中無休・24時間 ご相談・お見積無料!

札幌を拠点に北海道全域で調査を承っております。
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(9:00~24:00受付)

011-598-1230

メール・LINEでのお問い合わせ(24時間受付)

メールフォーム LINEでメッセージ