興信所 留萌 最悪の想定をして、最悪を回避する。

配偶者の浮気問題や夫婦関係で

悩んでいる方。

今、悩んでいる問題においての

最悪な状況を想像し、その対処方法

を考えておきます。

例えば、配偶者の浮気問題。

離婚は回避したい。

そんなときこそ離婚になった時を

想定しておくのです。

具体的に離婚になった後の

収入や住居、仕事、子供の学校など。

その上で最悪な状況を考え、

覚悟を決める。

不安はより問題を悪化させ、

覚悟は解決に向かいます。

自分の人生です。

「なるようになる」ではなく

「なるようにする」のです。

興信所 滝川 親権と母

親権についてのご相談が増えております。

現在も裁判所の審判では

父親と母親で親権を争った時に

母親が絶対的に優位である。

だが、昨今の子供の虐待などの

ニュースを見ていると一概に

そうだといえるのだろうか?

内縁関係の男性に虐待を受ける。

それを止めようともしない母親・・・

この仕事をしていると世の中の

母親の母性の低下を非常に感じます。

父親の方が親権者、観護者として

適切な場合も増えています。

また母子手当てはあるのだが

父子手当てはありません。

国民は法の上では平等のはずなのに。

裁判官の方にお願いです。

離婚後の親権者、観護者は

子供の一生を左右する大切なことです。

陳述書や答弁書をほとんど読まず

子供が小さいうちは母親が適切などの

短絡的判断をせず、

個々の状況をしっかりと精査し

審判を出してください。

興信所 深川 不安に思うよりも怒る

今、浮気や離婚問題で悩まれいる方へ。

相手の見えない部分で不安になり、

その不安がさらなる苦悩を生みます。

例えば配偶者の不審な行動。

「浮気?」「考えすぎ?」

見えない不安。

仮に探偵に調査依頼をする。

見えないものが事実としてわかってきます。

事実を知ることによって

不安が怒りに変わります。

不安は気力を奪いますが、

怒りは時に勇気をくれます。

悩みの不安を怒りに

興信所 江別 依存から共存へ・・・

配偶者の浮気などで悩んでいる方。

どうして良いのか分からずに

苦悩されているのではないでしょうか。

その苦悩の中に相手への依存心が

あるのではないでしょうか。

依存心は自分の心の中に隠れます。

依存心は人の心を弱くしてしまいます。

「もし離婚したらどう生きていけば良い?」

などの依存から

「自分はこの家庭を一緒に築いてきたのだ」

「自分がいなくなったらあの人が困るだけ」と

相手への依存を共存に変えて生きましょう。

「相手とアナタは共存しているのです」

興信所 歌志内 怒りの先にあるもの・・・

浮気や離婚のトラブルで争った時に

考えていただきたいことがございます。

怒りにまかせて感情をぶつけ合い、

自分の優位になる嘘を付く。

審判などで結論が出る。

嘘や脚色を主張し勝利を得る。

その時は相手への怒りで自分の

嘘を自分自身でごまかす。

時が経ち、怒りが消えた時に

アナタは自分自身を攻めないだろうか?

まして戦いあった二人の間に

子供がいたとしたら。

夫婦の間で争った時、

お互いに正直に戦う。

やはり必要だと思います。

怒りは持続しません。

未来の自分に恥じないように。

興信所 根室 相手が現れない、心の浮気

探偵社は家庭内の紛争事を

調査によっ全てではありませんが

解決に導くことができます。

たfだ、非常に困難なのが

「心の浮気」です。

以前、ご主人の依頼で奥さんの

浮気調査を行った。

行動からは全く浮気の事実は出てこない。

さらに様々な調査を進めていくと

奥さんには結婚前から連絡を

取り合っている男性がいたのである。

その男性とは訳があって結婚が出来なかった。

その後、ご主人と知り合い結婚に至ったのである。

奥さんとその男性とは食事に行ったり

ホテルに行くなどの密会はなく、

メールや携帯電話などで連綿と

連絡を取り合っているのである。

この状況では法的に不貞行為にはならないだろう。

だが、メールで「生まれ変わったら結婚しよう」

「好きなのはアナタだけ」などの

やり取りをしているのである。

ご主人としては容認できるものではないだろう。

探偵は何度もご主人と協議を行った。

ご主人は最終的に奥さんに

調査を行ったことを告げた。

やはりご主人は奥さんとの

離婚を決断された。

身体の浮気も辛いが、

心の浮気はもっと辛いものです。

興信所 札幌 「幸せ」のコツ

自分の自戒の意味も含めて書きます。

人は不満を持っていると不幸になります。

「これが欲しいが買えない」

「この仕事は自分には向いていない」

「夫のここが嫌だ」

「妻が自分の事を分かってくれない」

などなど。

不満を増やしていくと自分を

不幸に思えてくる。

そこで考え方を変えてみませんか。

「自分にはこの仕事がある」

「夫も働いてくれている」

「家に帰ってら妻が食事を作ってくれている」

いくらお金があっても不幸と

感じていれば不幸です。

お金は幸せの一つの手段でしかありません。

幸せは結局のところ自分の感じ方ですね。

せっかく生きているのですから

「幸せ」を感じましょう。

幸せになるコツ。

日々、すべてのことに感謝・・・

興信所 旭川 時に別居の選択も有りです。

配偶者の浮気などで我々探偵に

調査を依頼し不貞証拠を

取得することは可能です。

そして重要なのが

その後、どうするのか。

配偶者と浮気相手に対して

慰謝料の請求を行い、離婚までを進めるのか?

また、浮気相手に弁護士などから

交際中止書面を送り、交際を遮断する。

また、調査を行い、浮気を確認したことを告げ、

配偶者と話し合いをする。

私は離婚を望んでいないのであれば、

別居を勧めます。

あくまでも個々の状況にもよりますが、

可能であれば別居をし、

その上で話し合いをする。

夫婦はいつの間にかお互いが

空気のような存在になってしまう。

人間は空気がないと生きていけないのに

普段は空気の存在を意識することはありません。

あえて別居をすることで

浮気をした相手に自分の存在を考えさせる。

また、自分も考えてみる。

長い結婚生活の間に時に別居は

お互いを知る良い機会かもしれません。

お互いに感謝しあうことを思い出すためにも。

興信所 富良野 現実を受け入れる勇気

浮気や離婚についての問題です。

客観的にお話を聞いておりますと

明らかに相手の浮気を想定できるのですが、

相談者は現実を見ようとしていないのです。

例えば相手の携帯電話のメール送信に

「好きだよ」

「会いたい」

などを確認しても

それを現実として受け止めないのです。

時に相手の浮気を

あえて問いたださないこともあります。

だがそれは「あえて」なのです。

現実を自分の中で受け入れてのことです。

探偵を使って調査を検討する以前に

まずは自分で現実を

受け入れることが大切です。

夫婦であれば自分に現実を受け入れる

気持ちがあれば相手が

浮気をしているのか、否かは分かります。

問題解決の一歩は現実を見る

勇気を持つことです。

興信所 室蘭 後悔しない選択

毎日、様々なご相談を

いただきます。

その中でよく「後悔しています」と

相談者が言われます。

例えば人生において

AとBの選択があった。

その時にAの選択肢を選んでしまった。

今思えばBを選択しておけば良かった。

だが、果たしてBを選択していれば

現在よりも良かった人生だったのだろうか?

場合によってはBの選択肢の方が

更に悪い結果になっていたのかもしれません。

相手の浮気で悩んでいる方へ。

こんな夫(妻)と結婚してしまい、

失敗だった。

ですが二人の間に子供がいた場合、

本当に後悔してもいいのですか。

今、あなたの前で微笑んでいる

子供もこの世にはいないことなのですよ。