興信所 小樽 問題から逃げない勇気

北海道全域で様々な調査を承っております。

当社には毎日、様々な問題で

悩まれている方からのご相談をいただきます。

「夫の浮気」

「妻の家出」

「夫の暴力」

「妻の借金」などなど。

時にどうしてよいのか

分からないこともあると思います。

ですが、問題から逃げると更に

問題は大きくなります。

あえて、問題を先送りすることもあると思います。

そんなときも「あえて」なのです。

問題から逃げることと、

あえて先送りにすることとは違います。

アナタはアナタが思っているより強い人です。

また自分を守ってあげられるのも自分です。

逃げないで下さい。

人生は諦めない限り、幸せに向かいます。

興信所 登別 浮気調査事情

登別市の浮気調査事情について。

現在の登別市の人口は2万5千人で

ここ数年は横ばいの人口推移です。

当社は過去に登別市の様々な調査を

承っておりますが、やはり多いのが浮気調査です。

浮気の行動パターンとしては

室蘭市での密会が多いです。

また少数ではありますが苫小牧での密会もあります。

登別市は温泉街を除くと、夜は極端に

交通量と人通りが少なくなります。

特に深夜の張り込みや尾行については

細心の注意を払う必要があります。

当社は登別市の調査に精通しております。

登別市の様々な調査はお気軽にご相談下さい。

興信所 富良野 法律は知っている人の見方です。

今日は離婚や浮気問題などの

火事紛争における法律の話。

まず、法律は平等ても被害者や弱者の

見方ではありません。

法律は法律を知っている人の見方なのです。

平等についてお話しますと離婚をして

子供の親権を母親が取得し、子供を育てる場合、

母子手当が支給されます。

ですが、逆の場合においては

父子手当などはありません。

また、妻ならびに夫が親権を争った場合、

裁判所の審判は慣例的に母親に親権をつけます。

離婚裁判においてもやはり、

法律を上手に運用する側に優位な判決がでます。

弁護士に全て任せっきりになるのではなく、

当事者であるアナタも法律を学ぶ必要があります。

なにも六法全書を読むということではありません。

インターネットなどで関連する記載を

読むだけで良いです。

最初は何を書いているか分からなくとも

いろいろと読んでいるうちに理解できてきます。

離婚や浮気で悩まれている方へ。

人生において命がけで頑張ることは

何度もないはずです。

今、ガンバルときです。

興信所 室蘭 探偵社の広告について

当社に依頼をいただいた依頼人

インターネットで調べて数社の探偵に問い合わせをした。

ある成功報酬調査の広告をしている探偵社に

電話をしたところ、成功報酬の契約については

担当者と面談をして費用の案内

になると言われたそうです。

後日、最寄りの駅でその探偵社の方とあったそうだ。

その地域の探偵社と広告には書かれあったが

実際は全く違い、その担当者の方は汽車に乗って

数百キロを移動してきたようだ。

また、契約についても成功報酬はできないと言われ、

むこうの用意した契約書をもとに契約を強要された。

検討すると言ったのだか、

 

 

わざわざここまで来たんだと凄まれたそうだ。

皆さんにとって探偵は通常、関わりのない仕事です。

そのため、どこに依頼をしてよいかわからないですね。

まず、できるだけ複数の探偵社に

問い合わせをしてください。

いろいろ話を聞いていると探偵社の質が見えてきます。

また、広告内容と実際の説明が

 

 

違うところは当然、問題です。

最後に依頼についてのトラブルは

契約を強要されたなどは最寄りの警察署の生活安全課、

契約後の問題については国民消費者センター

に連絡をしてください。

興信所 夕張 浮気問題と戦う・舵とりはアナタです。

離婚や浮気で悩んでいる方に

我々、探偵社の調査は非常に有意義な

ものであるのは確かです。

ただその前にその問題と戦う覚悟を

アナタが持つ必要があります。

例えば調査を行い、相手の浮気証拠を

取得したとします。

その証拠はアナタにとって大きな

武器になります。

ただその武器を使って先頭で戦うのは

アナタなのです。

当然、我々探偵も協力しますし、弁護士を

使って交渉をさせることもできます。

だけど、その先頭に立つのはやはりアナタです。

相手と戦うというよりも、

その問題と戦うのです。

希望という道を切り開くのです。

絶望することも泣くこともできます。

だけど未来の笑顔のために戦ってください。

アナタを守れるのはアナタ自身です。

興信所 士別 日々感謝の勧め

当社は北海道全域で調査を承っているため、

北海道各市町村を走り回っております。

今日は朝早くおきて江別まで行ってきました。

とにかく働かせていただけることに感謝です。

最近、幸せについて考えます。

人によって幸せの価値観は違いますよね。

僕はよく「ありがたい」と言葉に出します。

感謝することが幸せなんだと自分では

思っています。

仕事に感謝・・・・・

友人に感謝・・・・・

家庭に感謝・・・・・

妻に感謝・・・・・・・

親に感謝・・・・・・・

感謝上手は幸せ幸せ上手・・・・

興信所 名寄 浮気の対処法

配偶者が浮気をしている。

夫婦であれば、相手の言葉やしぐさで

分かるものです。

そんな場合、相手の性格や

その時点での状況によって対処方法を

考えることが必要です。

仮に探偵社に調査を依頼した場合、

不貞(浮気)証拠取得や

浮気相手の身元・素性など

全て調べることができます。

その上で離婚を考える前に夫婦の再構築を

検討していただきたいです。

一つの方法として、然るべき証拠が

ある場合において、弁護士を使って

浮気相手に対して「交際中止勧告」を

してみることもできます。

また、婚姻費用を取り決め、

当面の別居をしてみることも

検討してみてはどうでしょう。

相手の浮気で怒り、不安などで

すぐに離婚を考えるのではなく

再構築を試みてほしいです。

興信所 千歳 離婚の覚悟

当社は北海道全域で調査を承っているため、

北海道各市町村を張りし回っています。

 

今日は浮気問題で悩んでいる方の覚悟の話。

 

 

相手の浮気などで悩み、

 

 

怒りや不安に押しつぶされせうになったとき、

覚悟を持っていただきたい。

 

一生を誓いあって結婚をした夫婦。

 

自分だけを見てくれていた相手が他人を見ている。

 

不安になり相手にすがってしまう。

 

「離婚なんか怖くないわ」と口では言っていても

一人になってしまうかもしれない不安が

自分を襲ってくる。

 

だけど、そんなときだからこそ

離婚の覚悟を持ってください。

 

離婚を回避するための離婚の覚悟。

 

自分の覚悟が決まっていないと

相手も身勝手な言い分を

通そうとしてきます。

 

自分の覚悟は相手にもわかります。

 

浮気問題の話し合いは真剣勝負です。

 

いざとなったら離婚。

 

その覚悟が勝負の分かれ目になります。

興信所 北見 盗聴・盗撮事情

昨今、インターネットなどによって

 

匿名で盗聴器や盗撮器などが購入できるようになり、

 

盗聴・盗撮被害は確実に増えています。

 

また、盗聴などを直接的に取り締まる法律もないため、

 

警察が検挙にいたるケースもほとんどありません。

 

そこで自己防衛が重要になります。

 

まず、盗聴器・盗撮器をしかけられないようにすること。

カギをセキュリティーの高いものに変えることもポイントです。

ですが、盗聴・盗撮の犯人は配偶者や恋人が最も多いのです。

そうなりますといくら外部侵入者を警戒しても

 

配偶者や恋人の場合は無駄になります。

 

基本的に配偶者や恋人が犯人の場合は

 

他人の場合より安心ではありましが、

 

気分のよいものではありませんね

 

若い一人暮らしの女性などは

 

引っ越しをする前にその部屋の盗撮器、盗撮器の

 

調査をしておくことが望ましいですね。

 

前住人が仕掛けていくこともあります。

 

簡易盗聴・盗撮器の発見器が電化販売店などで

 

販売されていますが、確認できる周波数が限られているのと

 

誤差等などの精度はやはり不安が残ります。

 

我々、プロに依頼をすることが望ましいです。

北斗 興信所 調査しておけば良かった・・過去は調べられません

毎日、様々なお問い合わせをいただきます。

 

たいていのご相談は当社の過去の事例や

法的根拠などのアドバイスをさせていただくのですが、

どうにもならないのが離婚後の浮気発覚についてである。

 

離婚するときはまさか浮気をしているとは思わなかった。

 

そして協議離婚をした。

離婚が成立した後、いろいろな事実が判明した。

相手が離婚を言ってきた時は

「性格が合わない」などの理由であったが、

実は浮気相手と関係が煮詰まっており、

そのための離婚要求であったのだ。

それを知ってしまうと怒りが湧いてくる。

 

当事者にとっては当然である。
だが、結論はどうにもならない。

 

厳密に言えば過去の状況を客観的に証明し、

不貞行為と離婚の因果関係を証明できれば

少額の慰謝料は請求できる。

 

だが、裁判までいくと思うような審判はでない。

また、過去にさかのぼっての調査は困難な側面もある。

 

離婚をする際は後の後悔がないように

十分に様々なことを点検してください。