興信所 北見市 浮気問題~事実婚の場合

最近、当社において事実婚においての

浮気調査のお問い合わせが多い。

例えば事実婚をしている夫(?)が浮気をしてるらしい。

浮気証拠を取って慰謝料を請求し、離婚(?)したいと。

ここで考えなくてはならないことは事実婚においての

浮気での慰謝料が請求できるのか?です。

事実婚においての「法的保護」については

法曹界においても学説が確立していません。

ある学説では事実婚においても

扶養の義務があるとするもの。

また一方では当事者が自分の意思で婚姻(結婚)

しないにもかかわらず、婚姻制度上の保護は

矛盾するとの考えもある。

いずれにしても事実婚においての慰謝料請求は

ケースバイケースと考えた方が良い。

仮に裁判になった時の争点は

1.当事者間(夫・妻)に実質的婚姻の意識があったのか。

2.事実婚の実態的状況(周りからの認識)。

3.担当判事の主観

いずれにしても不確かなものである。

探偵はハッキリと言います。

事実婚はやはり不確かな関係なのです。

どちらかが別れを切り出しても

「恨みっこなし」と割り切ることが必要です。

(株)アイシン探偵事務所では

苫小牧・登別・室蘭・伊達・函館・札幌・北見・釧路 他

北海道全域で様々な調査を承っております。