留萌市 興信所 浮気問題~子供も捨てての浮気

近年、浮気調査は圧倒的に妻の浮気調査が多い。

そして妻の浮気調査の顕著な傾向として

簡単に子供を捨てて、浮気に走ること。

浮気がバレルと逆ギレして、

小さな子供を夫に残し、男の元へ行ってしまう。

自分勝手な傾向が高まったのか

母性が低下しているのか。

探偵はいつも思います。

自分勝手な浮気で辛く悲しい思いをするのは

いつの時代も小さな子供たち。

子供を捨てて、男の元にはしる妻に

どのような理屈があるのだろう。

そしてこのような身勝手な妻は

突然、子供のところに会いに来て泣くのである。

探偵はハッキリと言います。

自分勝手な浮気で子供を捨て、出て行き、

そして勝手な再会で涙する母親たちへ。

その涙は自己満足の涙にしか過ぎませんよ。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・千歳・室蘭・函館・北斗・旭川・富良野・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

滝川市 興信所 浮気問題~開き直る相手への対応

最近、夫の浮気調査より

妻の浮気調査が圧倒的に多い。

そして妻の浮気の場合、

極端に開き直る場合が多い。

「私はもう離婚しか考えていないから」

「訴えるなら訴えなさいよ」

「私は逃げも隠れもしないから」等。

女性は直観的に対応してくるケースが目立つ。

このような場合、夫はどう対応していけば良いのか?

答えは一つです。

妻側のリアクションなど考えないことです。

直観的に動いてくる相手に対して

相手方の対応予測など意味がありません。

今、自分ができることを一つ一つ行って行くのです。

1.妻の浮気相手への法的手続き

2.妻への調停申し立て(離婚・円満調停)

3.妻の両親を含んでの話し合い  等など

探偵はハッキリと言います。

浮気をした妻は開き直ります。

そして妻は直感的、感情的にぶつかってきます。

夫側は妻のリアクションなど気にせず、

今できることを粛々と行うことが重要です。

(株)アイシン探偵事務所では
恵庭・千歳・苫小牧・室蘭・函館・北斗・旭川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

深川市 興信所 浮気問題~嫌われる覚悟

配偶者の浮気が発覚した時の

対応は2つしかありません。

見過ごすのか?

戦うのか?

もしアナタが戦うことを決めたのなら

「嫌われること」を覚悟する必要があります。

例えば夫の浮気。

夫は逆ギレと開き直りをする。

ここで妻が「嫌われること」を恐れていたら、

この戦いは勝てません。

こんなことを言ったら夫に嫌われる・・・

相手の女性を訴えでもしたら夫に嫌われる・・・

婚姻費用などを請求したら嫌われる・・・

夫の親に浮気のことを相談したら夫に嫌われる・・・

嫌われることを覚悟できないのであれば

最初から戦わず、見過ごした方が良いのです。

探偵はハッキリと言います。

配偶者の浮気問題との戦いは命がけです。

「嫌われたくない」と思いながら

戦いきれるものではありません。

(株)アイシン探偵事務所では
富良野・芦別・赤平・砂川・釧路・札幌・千歳・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

江別市 興信所 浮気問題~本音で戦う

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は逆ギレを開き直り。

その時、妻は親、兄弟、友人などに相談をする。

絶対に許せない、早く離婚したい・・・・

やり直すことなど考えられない・・・・

一日も早く、離婚したい・・・・ 等など。

この言葉がホンネの自分の気持ちであれば良いのですが

そうではない場合もあります。

本当は離婚したくないのに、

怒りや体裁でホンネの自分の気持ちが見えなくなる。

だが、周りの人たちはアナタが離婚を望んでいると

口に出してしまうとそのように協力してくれる。

そして離婚の方向に流れてしまう。

アナタが自分の本当のホンネに気づいた時には

離婚が成立してしまう。

探偵はハッキリと言います。

配偶者の浮気が発覚した時、

まずは自分のホンネを自分自身で確認してください。

本当は離婚したくないのであれば

「私は離婚したくありません」と

ハッキリと周りに言ってください。

(株)アイシン探偵事務所では
石狩・留萌・稚内・紋別・網走・釧路・札幌・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

歌志内市 興信所 浮気問題~相手の考えに合わせない

例えば妻の浮気が発覚する。

その時、アナタはたくさんのことを考えなくてはなりません。

離婚をするのか・・・・

親権・観護権はどうするのか・・・・

慰謝料の請求はどうするのか・・・・

養育費はどうするのか・・・・

財産分与などはどうするのか・・・・

ここで大切なことは「相手が何を考えているのか」を

考えないことです。

まずは自分がどうしたいのかです。

浮気問題において相手の腹を

読むことも時には必要です。

だが問題の責任が相手側にある場合、

相手の腹を読むより、

自分の主張を強く押し出す方が先決です。

親権・観護権は絶対に譲らないぞ・・・・

慰謝料は絶対に払わせるぞ・・・・

浮気相手の男も裁判にかけるぞ・・・・

自分の要求を強く主張することが

アナタの気迫につながるのです。

(株)アイシン探偵事務所では
稚内・留萌・石狩・札幌・千歳・函館・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

根室市 興信所 妻から突然の離婚調停

例えば妻がお正月休みに子供をつれて里帰り。

予定を過ぎても妻が家に戻ってこない。

夫が妻の実家に電話をすると妻に取り次いでもくれない。

夫は何が何だかわからないうちに数日が経過する。

そしてある日、夫の元に裁判所からの手紙が届く。

妻からの「離婚調停」の申し立て書であった。

内容は夫のDVが原因での離婚申し立て。

夫は全く寝耳に水の話。

もちろん妻に手を挙げたことなど一度もない。

探偵が依頼を受け、調査をしてみると

妻には親密に交際している男性がいた。

妻は浮気相手と関係が煮詰まってきたため、

具体的な行動を考えた。

そして実家に帰るタイミングで別居に持ち込み、

でっちあげのDVで離婚を要求してきたのだ。

恐ろしい計画であった。

今回は幸いに探偵が妻の浮気の確証を得て、

妻のこの計画自体をあからさまにしたため、

思い通りにはならなかったのだが。

近年、探偵の依頼において

このような案件が増えているのです。

探偵は思います

一体、誰を信じていいのか分からなくなります。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・千歳・苫小牧・室蘭・函館・北斗・旭川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

札幌市 興信所 浮気妻の陰謀

最近、悪質な浮気妻が多い。

例えば妻の浮気疑惑。

夫は悩んだ末に妻の浮気調査を探偵に依頼する。

探偵が調査を行うとやはり妻の浮気が確認できた。

そして夫が妻にその浮気を問いただすと

逆ギレと開き直り。

「探偵まで使ってやり方がキタネーんだよ」

「テメエのそういうところが嫌なんだよ」

「とにかく離婚するからな」 等など

妻はヤクザ言葉で夫をはやし立てる。

翌日、妻は実家に帰ってしまう。

その10日後、夫の元に裁判所から

妻に対しての「保護命令」の通知が来る。

夫が自分に近づかないようにである。

もちろん、夫は妻に暴力など一度もふるったことはない。

逆に妻は気に入らないことがあると

夫に物を投げつけることはあったが。

全く呆れた妻である。

自分の浮気がバレルと逆ギレと開き直り。

夫に責められるのが嫌だと

でっち上げのDVでの保護命令の申請をする。

幸い、このケースは探偵の助言によって

妻の開き直りの音声を

ボイスレコーダーで録音していたため、

妻からの保護命令については

異議申し立てが認められた。

だが通常、妻からDV保護命令が申請され、

例えそれが虚偽であっても覆すことは困難である。

いずれにしても妻が浮気をして

その浮気を妻に問いただす時は

ボイスレコーダーで音声を録音するなり、

身内などに同席してもらうなりした方が良い。

探偵はハッキリと言います。

裁判所は夫婦間のDV保護命令には

慎重に対応すべきである。

裁判所の乱発する保護命令において

冤罪を被っている夫たちが非常に多いことを

裁判官は認識すべきなのです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・函館・北斗・江差・旭川・北見・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

旭川市 興信所 浮気・離婚問題~調停に期待しすぎない

例えば、夫の浮気が発覚する。

夫は逆ギレをして、開き直ってしまう。

夫婦の話し合いはこう着してしまい、

妻は家庭裁判所に調停を申し立てる。

妻の主張は夫婦の再構築においての

「夫婦円満調停」であった。

だが夫は調停で強く離婚を主張してくる。

一回目の調停は主張が対立して終わる。

二回目の調停で妻は戸惑ってしまう。

明らかに調停員が離婚に向けての話をしてくるのである。

法律的な観点で言えば有責性は夫にあり、

妻側の主張が優先されるべきなのだが。

調停員はあくまでも双方の対立意見をまとめようとする。

ですから強く意思を主張する側の意見を取り入れようとする。

逆に言えば説得しやすい方を説得してくる。

探偵はハッキリと言います。

配偶者の浮気問題で調停に臨む時には

自分の主張を強く、ハッキリと言って下さい。

「自分が被害者なのだから、調停員は分かってくれる」などの

楽観的な心構えでは調停に臨んでも良い結果にはなりません。

(株)アイシン探偵事務所では

札幌・石狩・留萌・江差・函館・紋別・網走・釧路・根室 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

恵庭市 興信所 浮気問題~結婚意識の崩壊

探偵は最近、どんどん結婚意識が崩壊しているのを感じます。

結婚は互いの人生を背負いあうことを約束。

そして夫婦の間に生まれてくる子供に

責任を持つ覚悟をすること。

だが結婚に対しての意識について

呆れる感覚を持つ人が増えている。

「結婚したけどやっぱり無理だから離婚しよう」と迫る夫・・・

「子育ては無理だから離婚する」と言い張る妻・・・

「俺にはやはり自由が必要なんだ」と言い張る夫・・・

「結婚したからってなんで浮気したらダメなんだ」と

言い張る夫・・・

「彼氏と旅行に行くから」と平然と出かける妻・・・

夫が出勤すると浮気相手を家に入れて浮気する妻・・・

結婚式の翌日に元彼女と同棲を始める夫・・・

浮気相手の子供を夫の子供として産む妻・・・

探偵はハッキリと言います。

結婚は決して恋愛の延長でするものでも、

できちゃった(子供)から結婚するものでもありません。

結婚の自覚と責任を持てないのであれば

結婚などするべきではないのです。

(株)アイシン探偵事務所では

士別・紋別・網走・釧路・根室・札幌・留萌・稚内・函館 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

帯広市 興信所 浮気問題~血を流す覚悟を持つ

例えば夫の浮気が発覚する。

素直に自分の非を認め、

妻に謝罪をしてくれれば良いのだが、

逆ギレをして開き直るケースが多い。

妻は離婚するにしても、離婚しないにしても

その浮気問題と一度は戦わなくてはならない。

その時、妻は自分の血を流すくらいの覚悟がなくては

浮気問題を切ることはできないのです。

探偵 『まずは相手の女性に交際中止を促す

  内容証明郵便を送りましょう』

妻   『そんなことをしたら、すぐに夫に知れてしまいます」

探偵 『別居も考えてみましょう』

妻   『そんなことをしたら本当に離婚になってしまいます』

探偵 『調停をかけてみてはどうでしょう』

妻   『夫は調停など出てこないと思います』

探偵 『自分のご両親に相談してみましょう』

妻   『そんなことをしたら問題が大きくなります』

探偵 『いずれにしてもご主人に

    浮気は止めなさいと言って下さい』

妻  『そんなことを言ったら夫は家を出て行くと思います』

ここで考えていただきたいことがあります。

浮気問題は夫婦の一大事なのです。

ここで覚悟を決められなければ浮気問題など解決しません。

探偵はハッキリと言います。

浮気問題と戦うにはアナタにも「血を流す覚悟」が必要です。

無傷で終わる戦いなどないのです。

肉を切らせて骨を断つ・・・・

(株)アイシン探偵事務所では

北広島・恵庭・千歳・苫小牧・函館・札幌・帯広・釧路 他

北海道全域で様々な調査を承っております。