浮気離婚問題  心の限界、体の限界

例えば、夫の浮気問題に直面している妻たち。

だが、中にはいろいろな理由でひたすらに耐え忍んでいる奥さんたちも多い。

まだ、子供が幼いので、離婚しても働けない・・・・

離婚後の生活が不安だ・・・・

浮気を責めて、夫が怒るのが怖い・・・・ 等など。

そんな状況で妻たちは、「心の限界」と「体の限界」に直面する。

心の限界は自分でも気づきます。

夜、眠れなくなる・・・・

不安が襲ってきて、辛い・・・・

心の悲鳴は自分自身でわかります。

でも、体の限界には意外と気づけないことが多い。

急に汗が出てきています・・・・

不意に涙がこぼれてくる・・・・

食事をした後、嘔吐してしまう・・・・

めまいが酷くなっていく・・・・

視力が落ちてくる・・・・

風邪をひきやすくなってくる・・・

夫の浮気、この世で一番に信頼すべき夫の裏切りは、

妻の心と体に相当のストレスを与える。

夫の浮気問題。

心の限界は気づけますが、同じくアナタの体も限界があります。

夫の浮気問題に耐え忍び、体の限界を超えて、体を壊しては何にもなりません。

体の悲鳴に気づいてください。

(株)アイシン探偵では稚内市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・家出人調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵・興信所  稚内市ホームページ

知らないふりで消耗する精神と時間

夫の浮気に気づいた妻・・・・

だが、妻は夫に浮気を問いたださないでいる。

もし、夫が逆ギレをして、離婚を迫ってきたらどうしよう・・・

私が知らないふりをしていれば、とりあえず夫は何も言わないわ・・・

私さえ我慢すれば、子供が父親を失うことはないのよ・・・・

このように考え、夫の浮気問題を黙認している奥さんたちは多い。

逆に夫の浮気を問いただし、別居や離婚を選択する奥さんもいる。

アナタの浮気、許しません・・・

アナタの裏切りは、子供たちも裏切っていることになるのよ・・・

キチンと彼女と別れないのであれば、私は子供と家を出ます・・・

どちらの対応が正しい?かは、それぞれの考えだと思います。

でも、どちらも辛い。

偽りを受け入れる辛さ・・・・・・・

現実を受け止める辛さ・・・・・・・

でも、このような問題を乗り越えた奥さんたちが決まっていう言葉があります。

悩んでいた時間がもったいなかったわ・・・

もっと早く離婚していれば良かったわ・・・と。

(株)アイシン探偵・興信所では留萌市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・家出人調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  留萌市ホームページ

結婚には向かない3要素

女性にとって結婚は人生を大きく左右する選択です。

できることなら、幸せになれる男性と結婚することが望ましい。

でも、恋愛は判断能力ができなくなる感情でもあります。

一秒でも一緒にいたい・・・・

この人と結婚できなければ、死んだほうがましよ・・・・

なにを捨てても、彼だけは失いたくない・・・・

でも、絶対に結婚してはならない男性の3つの要素があります。

1.働かない男性

2.暴力をふるう男性

3.浮気をする男性

とにかく上記の男性と結婚してはダメです。

恋はとかく、感情が先走ってしまう。

きっと結婚したら、彼は働くようになってくれる・・・

きっと結婚したら、暴力を止めてくれるわ・・・

きっと結婚したら、もう浮気を止めてくれるわ・・・

結婚は幸せになるためにするものです。

最初から不幸になる人とは結婚しない方が良い。

働かない人・・・暴力をふるう人・・・浮気をする人・・・と結婚してはダメです。

(株)アイシン探偵事務所では札幌市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・家出人調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  札幌市ホームページ

婚活サイトでのトラブル

婚活サイトにおける問題点は1つ・・・・

相手の情報の担保がないことです。

例えば、知り合う相手が「会社の同僚」や「同級生」、「友人の紹介」など、

ある程度は相手の情報に信頼性が持てる。

会社の同僚であれば、相手の情報は分かっている。

友人の紹介であれば、その友人はある程度、紹介してくれる人の情報を持っている。

でも、婚活サイトでは、相手の情報は自己申告なのです。

相手の情報の正確性になんの担保もないのです。

探偵が関わった事案において、婚活サイトで知り合った男性。

調べてみると仕事も嘘、年齢も嘘、名前も嘘、そしてなんと既婚者であった。

このような例もあるのです

婚活サイトでの出会い・・・・相手の情報をまずは冷静に判断して下さい

(株)アイシン探偵社では
札幌市・滝川市・赤平市・芦別市・富良野市・旭川市・帯広市・釧路市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵社  旭川市ホームページ

夫の浮気問題 黙認のメリット、デメリット

例えば、夫の浮気が発覚する。

その時、すぐに対応する、あえて黙認する・・・状況によって選択が変わってきます。

まだ子供が小さく、離婚するのは不安だ・・・・

離婚後、仕事がすぐに見つかるか? 不安だ・・・・

そこで、夫の浮気を黙認することのメリット・デメリットを書き出してみます。

浮気を黙認することのメリット・・・・

離婚の準備をすることができる。

問題を先送りにできる。

精神的な負担をいっぺんに受け止めなくてもよい。

夫が浮気をやめる可能性が出てくる。

浮気を黙認することのデメリット・・・・

浮気の関係が深くなっていく。

浮気相手の女性が妊娠をする。

夫が離婚の準備を進めてしまう。

夫の浮気相手の女性が意地になって別れないと言ってくる。

夫の浮気を黙認する場合、そのメリット、デメリットの双方を考えて下さい。

(株)アイシン探偵(興信所)では北海道全域で
浮気調査・不倫調査・素行調査・盗聴器発見調査・結婚調査  他
様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵(興信所)  函館市ホームページ

結婚と交際の大きな違い

なぜ結婚したのだろう・・・と思う人たちを沢山みます。

結婚して1年・・・・ 結婚後にすぐに浮気を始め、離婚を迫ってくる夫。

結婚しても、実家に住み、一緒に住もうとしない妻。

「なぜ、俺が稼いだ給料を渡さなければならないんだ」という夫。

「私はアナタのことなど好きではないのよ」と結婚後にいう妻。

「俺は自由でいたいんだ・・・・」と家に帰ってこない夫。

まるで結婚の意味を理解しないまま、結婚をする人がいるのです。

結婚するということは「互いの人生に責任を持つことの約束」

その約束ができないのであれば、結婚をせずに「交際」という関係でよいはずです。

今、結婚を考えている方へ。

結婚をする前に今一度、立ち止まってください。

なぜ、結婚するのか?を互いに考えてみることが必要です。

(株)アイシン探偵社で
札幌・小樽・函館・旭川・富良野・帯広・根室・釧路・網走・紋別 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  帯広市ホームページ

浮気離婚問題 「俺は何も払わない」

例えば、奥さんから夫の浮気調査を依頼される。

探偵が調査をするとやはり夫の浮気が確認された。

奥さんは夫に何度も浮気を止めるように言う。

だが、夫は逆ギレ、そして開き直る。

文句があるなら、離婚すればいいだろう・・・・

調停でも裁判でもかければいいだろう・・・・

そして、挙句の果てに

「俺は自己破産をするから慰謝料も養育費も払わない」と妻を脅す。

このように逆ギレをする夫が昨今は多いのです。

ですが、このような夫たちは大きな勘違いをしています。

仮に夫に多額の借金があり、自己破産をしたところで、

「慰謝料」や「養育費」 などは自己破産の免責には入りません。

ですから、「俺は自己破産をするぞ」と言ってきたら、

妻は「どうぞ、ご勝手に・・・」と言ってやればよいのです。

ちなみに「税金の滞納分」「交通違反の罰金」なども

自己破産の免責には含まれません。

探偵はハッキリと言います。

今、「俺は自己破産をするから、慰謝料も養育費も払わないぞ」と

言っている人たちへ。

そんなことを言う前に取るべき責任をとりましょう。

(株)アイシン探偵では北海道全域で
浮気調査・素行調査・盗聴器発見調査・家出人調査・結婚調査 他
様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵  釧路市ホームぺージ

浮気問題  婚姻関係と同棲関係

探偵が承るご相談の中で同棲中の相手の浮気問題があります。

同棲中の彼が浮気をしている・・・・

同棲中の彼女の行動が怪しい・・・・   等など。

でも、同棲関係の場合、仮に相手が浮気をしていたとしても、

法律的な請求(慰謝料)は無理だと考えたほうがよい。

当然、結婚関係であれば、夫が浮気をして離婚する場合、

妻は夫と夫の浮気相手の女性に対して慰謝料を請求できます。

ですが、同棲をしている彼が浮気をした場合は、

結婚関係のような慰謝料を請求する権利はありません。

同棲はあくまでも双方の同意で共同生活をしているに過ぎないのです。

また、世間的にも結婚関係と同棲関係は全く違います。

例えば、片岡愛之助氏が熊切あさ美氏との同棲関係を解消した。

原因は片岡氏が藤原紀香氏との

新しい恋愛をスタートしたためと言われている。

だが、世間は「ふ~ん」 くらいの反応です。

藤原紀香氏を責める風潮はほとんどない。

一方、ベッキー氏はどうだろうか?

相手の川合氏が結婚関係にあったため、

ベッキー氏は「不倫女」と責められている。

仮に川合氏が結婚関係ではなく、同棲関係であれば、

ほとんど問題視はされなかったであろうと思う。

ですから、法律的にも世間的にも

「結婚関係」と「同棲関係」は全く違うのです。

探偵はハッキリと言います。

今、同棲関係にある方へ。

同棲を始める時も、同棲を解消する時も、

全て自己責任であることを理解してください。

(株)アイシン探偵では北海道全域で
浮気調査・素行調査・盗聴器発見調査・家出人調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  函館市ホームページ

浮気、許されない愛

浮気問題において「愛」という言葉をよく聞く。

彼を愛してしまったのだから、しょうがないじゃない・・・と開き直る妻。

もう、君のことは愛せない・・・と、浮気がバレ、離婚を迫ってくる夫。

愛した相手にたまたま、家庭があっただけ・・・と、うそぶく女性。

自分の身勝手な行動に「愛」という言葉で正当化しようとする人たち。

でも本来、愛は自己犠牲を持っていえるもの。

誰かを不幸にしてしまう言い訳の言葉に

「愛」という言葉を使うのは間違いだと探偵は思います。

探偵はハッキリと言います。

「愛」という言葉を浮気を正当化する言葉として使わないでほしい。

身勝手な浮気で、自分の子供が悲しい思いをする・・・ 

それは「愛」ではありません。

(株)アイシン探偵では
札幌市・小樽市・余市町・函館市・滝川市・深川市・北見市・釧路市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  釧路ホームページ

浮気問題  二度目の涙はもっと辛い

例えば・・・・

妻の浮気が発覚する。

妻は反省していると言っているのだが・・・・

夫は妻の浮気という現実を受け入れられず、ただひたすらに涙が出た。

そして、夫は妻と離婚しないことを決断する。

半年後、また妻の浮気が発覚する。

その浮気相手との関係が続いていたのだ。

夫の浮気が発覚する。

妻はまだ子供が小さいため、離婚についてはためらいがあった。

そして夫は開き直り、逆ギレをしている状態であった。

1年後、夫の浮気相手の女性が妊娠をする。

夫はそのことをふまえ、妻に離婚を要求してきた。

どちらのケースも浮気をされた方は、二度目の涙を流すのです。

探偵はハッキリと言います。

二度目の涙は、一度目の涙より何倍も辛いのです。

(株)アイシン興信所は北海道全域で
浮気調査・素行調査・家出人調査・盗聴器発見調査・結婚調査 等など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  室蘭ホームページ