興信所 美瑛町 浮気問題~無言の恐怖

例えば妻の不審な行動。

夫は妻に不審な行動を問いただすが

妻は開き直り、逆ギレを繰り返す。

夫は探偵に妻の浮気調査を依頼した。

調査の結果、妻の浮気が確認された。

浮気相手の男性とホテルから出てきたところの証拠を得る。

だが夫はとにかく妻に浮気を認めさせようとする。

ホテルに行って何をしていたんだ・・・

セックスをしたんだろう・・・

いつから浮気をしていたんだ・・・

妻は相変わらず逆ギレ。

ホテルには行ったがカラオケをしていただけ・・・

このような展開は実に多い。

夫は妻に浮気を認めさせようと必死になる傾向がある。

夫は妻の浮気の現実が受け入れらないからだろう。

だか妻に浮気を認めさせようとすることじたい、

相手の言い訳を言わせるだけです。

探偵はハッキリと言います。

客観的な証拠がある場合、

浮気を認めさせる意味などありません。

まずは妻の浮気の現実を受け入れることです。

(株)アイシン探偵社では
室蘭・伊達・函館・北斗・札幌・滝川・深川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 美瑛町 浮気問題~調査終了までに覚悟を決める

例えば夫の不審な行動。

探偵に浮気調査を依頼する。

探偵は調査を進め、夫の浮気を暴いていく。

そしてその「浮気の証拠」は妻の大きな武器になる。

ですが「浮気の証拠」という武器も覚悟がなければ辛いだけ。

仮に妻が夫に「アナタの浮気の事実は知っています」

「浮気をやめなさい」と言ったところで

妻に覚悟がなければ逆襲にあうだけです。

夫が「離婚すればいいだろう」

「俺は浮気をする前から離婚を考えていたんだ」

と言ってきた時に妻の覚悟が必要なのです。

「私はアナタの浮気を許しません」

「ダメなものはダメなのです」

「反省しないのであれば離婚します」と

妻が言いきれた時に「夫の浮気証拠」が意味をなすのです。

もし妻が何の覚悟も持たないまま、

浮気調査をしても真実を知って辛いだけでしかない。

探偵はハッキリと言います。

浮気調査は覚悟があってするものです。

覚悟のない浮気調査はただ辛いだけです。

(株)アイシン探偵事務所では
室蘭・函館・北斗・札幌・旭川・帯広・北見・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。