大空町 興信所 浮気問題・法律の話

離婚や浮気問題などの

火事紛争における法律の話。

まず、法律は平等ても被害者や弱者の

見方ではありません。

法律は法律を知っている人の見方なのです。

平等についてお話しますと離婚をして

子供の親権を母親が取得し、子供を育てる場合、

母子手当が支給されます。

ですが、逆の場合においては

父子手当などはありません。

また、妻ならびに夫が親権を争った場合、

裁判所の審判は慣例的に母親に親権をつけます。

離婚裁判においてもやはり、

法律を上手に運用する側に優位な判決がでます。

弁護士に全て任せっきりになるのではなく、

当事者であるアナタも法律を学ぶ必要があります。

なにも六法全書を読むということではありません。

インターネットなどで関連する記載を

読むだけで良いです。

最初は何を書いているか分からなくとも

いろいろと読んでいるうちに理解できてきます。

離婚や浮気で悩まれている方へ。

人生において命がけで頑張ることは

何度もないはずです。

今、ガンバルときです。

(株)アイシン探偵事務所 では

 

札幌市・小樽市・江別市・岩見沢市・帯広市 他

 

北海道全域で調査を承っております。

足寄町 興信所 問題から逃げない

当社には毎日、様々な問題で

悩まれている方からのご相談をいただきます。

「夫の浮気」

「妻の家出」

「夫の暴力」

「妻の借金」などなど。

時にどうしてよいのか

分からないこともあると思います。

ですが、問題から逃げると更に

問題は大きくなります。

あえて、問題を先送りすることもあると思います。

そんなときも「あえて」なのです。

問題から逃げることと、

あえて先送りにすることとは違います。

アナタはアナタが思っているより強い人です。

また自分を守ってあげられるのも自分です。

逃げないで下さい。

人生は諦めない限り、幸せに向かいます。

(株)アイシン探偵事務所 では

 

帯広・釧路・根室・旭川・札幌・函館 他

 

北海道全域で調査を承っております。

浦河町 興信所 近年の結婚調査について

北海道は比較的、結婚調査は多くはありませんが

関西圏などは探偵社の調査依頼において

浮気調査に次いで多い調査です。

以前の結婚調査で多いパターンは

「娘の結婚相手を調べて欲しい」

「息子の結婚相手を調べて欲しい」との

親御さんからの依頼でした。

近年はそれに加えて

「彼と結婚を考えているが、本当のところを

調べて欲しい」

「彼女と結婚を約束したのだが、

他の男性とも付き合っているかも」

など当事者からの依頼が急増している。

その背景には出会いの変化が大きく関係しています。

以前は「会社の同僚」や

「学校の同級生」

「知人の紹介」など

交際前に相手の基本的な情報が分かっています。

最近は「出会い系サイト」

「結婚情報サービス」

「インターネット上の出会い」など

交際前の相手の情報が

その相手から聞いていることが全ての場合が多い。

そこには真実とは違うことが

含めれている場合があります。

また安易な出会いには「犯罪性」が

含まれていることすらあるのです。

結婚は人生において非常に重要な

選択になります。

相手に対して不安や疑問などがある場合は

慎重に結婚の決断をして下さい。

(株)アイシン探偵事務所 では

 

札幌市・江別市・岩見沢市・美唄市・恵庭市 他

 

北海道全域で様々な調査を承っております。

興信所 音更町 浮気調査・探偵の力量

我々、探偵が行う浮気調査は

単純に対象者を尾行、張り込みなどをし、

行動を確認するだけの単純なものではありません。

依頼人の調査目的に添った

客観的証拠所得を行います。

例えば、離婚を前提にする場合において

浮気をしている配偶者に慰謝料を請求する。

そのためには浮気相手との「継続的不貞行為」

を証明します。

そのためには継続性(一定期間及び複数回の接触)を

証明しなければいけません。

浮気問題や離婚問題は当事者間においいて

話し合いが付かなければ最終的に

訴訟になります。

最後は裁判官の判断が全てになります。

裁判官がどのような判決を出すのかは

我々、探偵の証拠をどのように捕らえるのか?

がやはり重要になります。

そのためには調査で判明した事実を

調査目的に沿ったものにする必要があります。

いわゆる「事実強調」です。

何を強調するのかが重要です。

そのような技術は各探偵社の

力量に差が出るところですね。

興信所 雨竜町 交際相手の調査

最近、ご相談の多い内容として恋人の浮気調査。

探偵は夫(妻)であろうと、彼(彼女)であろうと

調査は可能です。

ですが、恋人の調査を依頼される場合、

覚悟が必要です。

夫婦間の調査であれば、配偶者としての

絶対的権利として、浮気相手に

「交際中止命令」や

「慰謝料の請求」ができますが

恋人同士であればその権利はありません。

自分も浮気相手も恋人の一人なのです。

「結婚を約束しているのに、浮気を

しているのであれば慰謝料を請求したい」

との考えも夫婦間と違って難しいです。

法律的に「婚約」の定義が確立されて

いないのです。

恋人間での浮気調査は

自分にとって結婚に相応しい

相手かどうかの確認を目的に

する必要があります。

「もし浮気をしているのなら別れる」

その覚悟が必要です。

興信所 愛別 家出・失踪人の調査での情報収集

探偵は色々な方法を使い、

家出人を探しますが、

ご自分でまずは探されると思います。

その時に重要なことを申し上げますと

「電話を使わない」ことです。

家出人を探す第一歩として、

当人の友人や知人から情報を集めます。

その際、電話で聞くのは問題です。

例えば、その友人が当人の情報を

知っていたとしても、当人から

「家族が来ても内緒にして」と

言われていれば、電話で聞いて

「知らない」といわれたら分かりません。

ですが直接、訪ねていくことによって

話をすると相手が嘘を言っているのか

そうでないのかが分かります。

探偵ですら電話の声だけですと

判別が付きません。

できるだけ直接に訪ねて行き、

情報を集めてください。

札幌 興信所 浮気・離婚問題 話し合いの落としどころ

配偶者の浮気が発覚。

裏切りを受けたアナタは怒りと不安が押し寄せる。

場合によっては「殺してやりたい」と

思われるかもしれません。

結局は被害者であるアナタの落としどころを

見つけることになります。

「慰謝料」

「当面の別居要求」

「婚姻費用」

「養育費」などなど。

裏切った相手に対しての要求は

色々とあると思います。

ですが、一番に考えていただきたいのが、

被害者であるアナタが挫折感を抱かないこと。

やはり裏切った相手からの謝罪をさせること。

また、アナタの人生にとってやはり大切なものは

アナタの充実した「時間」です。

相手を恨んでいる間の時間は

やはり「不幸な時間」です。

そのような事も含んで問題の

落としどころを見つけていただければと思います。

人生は諦めない限り、幸せに向かいます。

旭川 興信所 離婚裁判での演技力

ある奥さんの浮気と親権についての裁判。

探偵の調査により証拠は万全であった。

裁判所での妻は我々、探偵が調査をしてきた

妻とは別人で臨んできたのだ。

実際の妻は子供と外出しても

気にくわなければ子供を殴る。

食事もほとんどがコンビニのお弁当。

夫が出張中には、小さな子供を置いて

夜、男性とデート、そしてホテル。

だが、裁判所での妻はあわてて書いたのであろう

子供の昼食の献立表を出してくる。

「子供と暮らせないのなら死にます」と

涙ながらの訴え。

その演技力に裁判を傍聴していた探偵と

夫は唖然とする。

結局は探偵の客観的証拠と

妻に関わる証人の証言で

判決としては夫の主張がほぼ認められた。

だが、もし証拠が無ければ、妻の演技力に

負けていたのかもしれません。

恵庭 興信所 浮気調査のタイミング

当社は様々な浮気調査の依頼を頂きますが、

時として、調査依頼を躊躇するケースもございます。

遅すぎるのです。

例えば、夫からのご相談である。

別居をして2年。

その間、妻と子供には婚姻費用を

支払っていない。

ある日、自分の妻が男性と一緒にいるのを友人が見た。

その話が自分の耳にも入ってきた。

そこで探偵に調査依頼を検討する。

ですが、遅いのです。

仮に奥さんとその男性の不貞行為の

客観的な証拠を取ったとしても

奥さんは弁護士などを使って

「既に婚姻関係は破綻している」と

主張してくると思われる。

婚姻費用も払っておらず、なおかつ

別居が2年も経過しているのであれば

奥さんの主張が認められる可能性が高い。

逆に調査依頼をするにあたって

「戦う覚悟」ができていなければ

調査依頼は早すぎるのである。

覚悟が定まって証拠が生きてくるのです。

調査依頼は覚悟が出来次第、

遅くならない時期に依頼検討が必要です。

帯広 興信所 浮気問題・覚悟の話

配偶者の浮気などで悩んでいる方へ。

例えば探偵に調査を依頼し、浮気の証拠を取る。

それも非常に有意義であり、

その証拠は浮気問題と戦う大きな武器になります。

ですが、それ以前に必要なものがアナタの覚悟です。

一つ目の覚悟は「戦う」という覚悟。

二つ目は「離婚」という覚悟。

いざというときに覚悟ができていますと、

その覚悟を相手は感じ取ります。

覚悟のできている人は怖いのです。

覚悟と証拠。

浮気問題と戦う武器ですね。