興信所 紋別市 家出・失踪人調査~親の思い

下記の調査事例は類似する複数の事例を元に
創作したフィクションです。

家出人・失踪人調査事例

紋別市に在住のA子さん(62歳)から当社無料電話相談室に

お電話を頂いたのは寒くなる今頃の季節、

内容は次男 Bさん(28歳)を探してほしいとのご相談であった。

A子さんは9年前にご主人と離婚をした際、長男、次男がご主人と残り、

A子さんは、三男、長女と共に家を出たのであった。

その後、A子さんは、2つの仕事を掛け持ち、

朝早くから夜遅くまで仕事をして生活を維持してきたようだ。

それから5年後、元夫から連絡があり、Bさんが家出をしたとのこと。

既に1ヶ月間、全く連絡が無く、手がかりもないとのこと。

その連絡を受け、A子さんも必死に探したそうである。

だが、全くBさんの居所は分からなかった。

さらに2年後、A子さんが朝の仕事を終えた帰り道、

大きな交差点の陸橋を渡っている時、

偶然にも下を歩いているBさんを見かけたそうだ。

着ているジャンパーが、離婚の前にA子さんがBさんに買ったものであった。

「間違いない、Bだ」と思ったA子さんは急いで陸橋を渡り、

Bさんを追いかけたのだが雑踏の中、見失ってしまった。

その後、A子さんは時間をみつけてはその陸橋に立ち続けたが、

Bさんを見つけることはできなかった。

その時点で探偵社に調査の依頼も考えたそうだが、

ギリギリの生活をしているA子さんに

調査費用などの余裕はなく諦めていたようである。

A子さんは更に仕事を増やし、調査費用を貯めていたそうである。

その2年後、知人に当社を紹介されご相談を頂いた。

A子さんの想いを受け止め、早速の調査開始となった。

まず、A子さんにBさんの住民票を取得してもらう。

失踪後の9年間、全く住民票は移動をされていない。

探偵も知りえる限りの情報を元に友人、知人に聞き込みをする。

また様々な探偵調査を行う。

1ヵ月後、室蘭市で働いているとの情報が入る。

早速、探偵が室蘭市へ確認に向かう。

Bさんが勤めているであろう会社付近で張り込みを開始する。

夜7時、会社から出てくるBさんを確認。

そのまま尾行し、Bさんのアパートを確認する。

翌日、A子さんを伴って再び室蘭へ。

昨日と同じ、夜7時に勤務先から出てくるBさんを確認し、A子さんが駆け寄る。

一瞬走り去ろうとするBさんであったが、A子さんの呼びかけに立ち止まった。

Bさんの振り返った顔は涙でいっぱいであった。

その後、Bさんの話では9年前、両親が離婚をし、A子さんが出て行った時、

自分は母親に捨てられたとの想いがあったようだ。

また、その時に働いていたアルバイトも人員整理のため辞めさせられた。

何もかもが嫌になり、札幌を出て室蘭に来たようだ。

以前、A子さんが札幌の陸橋から見かけた時は、

たまたま札幌に買い物に来ていたときで、すぐに室蘭に帰ったそうだ。

A子さんが「夫婦は離婚しても、あなたの母親はこの世で私だけなの」と

泣きながら言った言葉がBさんの胸に届いたようだった。

※ 今、家出人・失踪人問題などで悩まれている方の
   解決の糸口になってくれれば幸いです。

(株)アイシン探偵事務所  紋別ホームページ