浮気問題 家庭に笑顔がなくなる

ご主人の浮気調査・・・

探偵にご相談をいただいた時、奥さんにはたくさんの不安があった。

離婚して生活ができるのだろうか?

本当に夫は浮気を止めてくれないのだろうか?

奥さんには夫の浮気問題に立ち向かう気持ちが固まっていなかった。

覚悟のない浮気調査は真実を知って辛くなるだけです。

その時、探偵は奥さんに申し上げました。

「夫との浮気問題は長期戦です」

「焦らずじっくりと戦いましょう」

「一日、一度でも笑っていられば大丈夫です」 等とお話をして終了した。

その後、その奥さんはカレンダーに

「笑えなかった日」を書いていたそうだ。

カレンダーには笑えなかった印の△マークばかり。

そのカレンダーを見返して覚悟を決めて夫の浮気調査を依頼された。

配偶者の浮気問題は家庭から「笑い」を奪います。

笑いあえない夫婦はやはり悲しい関係でしかありません。

(株)アイシン興信所では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・伊達・函館・江別・北見・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン興信所  ホームページ

家出、失踪人調査 残された人の苦悩

現在の複雑な社会、勝ち組、負け組などの風潮。

その中で自分を守る最後の方法として

「家出・失踪」をする方が増えている。

そして探偵は大切な家族が

失踪・家出をしてしまったたくさんの人達からご相談をいただく。

残された家族の方は一様に疲れ果てている。

探偵に相談に来られる前に自分たちで探しあるいたのだろう。

そして残された家族の辛さを感じる。

今、家出・失踪中の人たちへ・・・・

公衆電話からでも一言、家族に連絡をして下さい。

「俺は生きている」と。

アナタも辛いが残された家族はもっと辛いのかもしれませんよ。

(株)アイシン探偵では
札幌・小樽・函館・旭川・帯広・北見・網走・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  北海道ホームページ

浮気疑惑 年賀状チェック

近年、夫の浮気相手の傾向としてライン、オンラインゲーム、

出会い系サイトなどネットを通じての相手が多いのだが、

社内不倫も同様に多い

例えば夫の浮気疑惑浮上・・・

だが妻は「その浮気相手」に検討がつかない。

そのような時、夫宛の年賀状を一枚一枚、チェックしてみてください。

そして夫の会社の同僚の女性や部下の女性からの年賀状の

手書きの部分に「何が書いてあるか?」を見るのです。

去年は公私ともにお世話になりました・・・

今年も公私ともによろしくお願いしまう・・・

今年こと食事でもいきたいです・・・等など。

年賀状を見る妻に対して不倫相手の女性が

小さな言葉の挑戦状を送ってきているケースがあるのです。

夫の浮気疑惑・・・

年初め、まずは年賀状のチェックです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・室蘭・函館・滝川・北見・網走・釧路・根室  他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

浮気問題 DNA鑑定

我々、探偵が調査において関与するDNA鑑定は

数年前から一般的になっている。

この要因については2つある。

1・ DNA鑑定費用費用の低価格化。

以前は海外での鑑定だったのだが、最近は国内での鑑定が可能になり、

鑑定期間の日数が短くなっている。

2・ 妻の浮気の増加

現在、探偵が関与する浮気調査は夫の浮気より、

妻の浮気に関しての方が多い。

夫は妻の浮気発覚によって子供が本当に自分の子供なのか?と

鑑定を依頼されるケースが増えているのです。

また鑑定結果において「親子関係不存在」と出ることも3割を超える。

基本的にDNAのサンプルは口の中の「口内粘膜」が一般的である。

だが特殊サンプルとして毛根、唾液、体液などからでも鑑定は可能である。

父子鑑定の場合は父親のDNAと子供のDNAでの二者間鑑定を行う。

母親のDNAは基本的に不要です。

費用はDNAサンプルの種類(口内粘膜、毛根、唾液等など)や

海外での鑑定、国内での鑑定なのかによって変わってきます。

当然、国内においての鑑定の方が鑑定期間は圧縮できます。

(株)アイシン探偵では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・登別・室蘭・伊達・函館・旭川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  北海道ホームページ

家出、失踪人調査 開き直る勇気

病気を苦にして・・・ 会社が倒産・・・ 離婚・・・  等の

ふりかかってきた大きな不運に耐えきれず、家出、失踪をする方もいるが

小さなことが重なり、人生を落胆しての家出、失踪をする方もいます。

例えば

会社の人間関係も少ししっくりこない・・・

ボーナスも思っていたより少なかった・・・

シートベルトを忘れて交通違反で捕まった・・・

彼女と何となくうまくいかない・・・

大きな問題ではなく、小さな問題が重なり、

現実から逃避するために家出、失踪をしてしまうケースも多いのです。

探偵はハッキリと言います。

今、何となく人生がうまくいっていない方へ。

人生、良い時もあれば、ツイテない時もあります。

開き直ってツイテいない今を乗り切って下さい。

(株)アイシン探偵社では
家出人調査・失踪人調査・素行調査・浮気調査・ストーカー調査など
様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵社  北海道ホームページ

離婚裁判においての男女不平等について

日本においては全ての国民は法の上には平等とうたわれている。

だが離婚裁判においては明らかに男性(夫)が不平等な扱いをされている。

確かに昭和においては男性(夫)が収入を掌握し、

女性(妻)は離婚時においては虐げられていた時代はあった。

だが時代とともに運用される法律が広がり、女性の権利確保がなされてきた。

そして平成になり、男性にとっては逆差別が起こってきている。

例えば妻の浮気に耐えきれず、夫は離婚を決断する。

だが浮気した妻が親権を主張すれば、

夫がいくら親権を主張しても裁判所は基本的に妻を親権者にする。

そして夫は妻の浮気が原因で離婚になり、子供は妻に取られ、

養育費も払わされる。

妻の浮気に対しての慰謝料は

妻の支払い能力がないとの理由でウヤムヤになる。

また「子供の親権者は母親が適任である」との

画一的な裁判所の判断も夫(男性)にとっては納得のいくものではない。

探偵はハッキリと言います。

法の上では国民は平等?

離婚裁判においては男性(夫)は明らかに不平等な扱いを受けます。

だからこそ男性(夫)は離婚においては

法的な知識と入念な準備をしなければなりません。

(株)アイシン探偵事務所では北海道全域で
浮気調査・家出人調査・盗聴調査・ストーカー調査など
様々な調査を承っております。
(株)アイシン探偵事務所  北海道ホームページ

浮気問題 別居を強行し、給与の振込先変更

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は逆ギレをして開き直る。

俺は浮気をする前から離婚を決めていたんだ・・・

文句があるのなら調停でも裁判でもすればいいだろう・・・

俺はこの家を出ていくからない・・・ と。

そして夫は家に帰らなくなる。

妻は時間をかけて夫と話し合おうと考える。

このようなケースの場合、妻はすぐにしなければならないことがあります。

婚姻費用の請求準備です。

妻が「夫の給料は銀行振り込みだから当面、お金の心配はないわ」 などと

考えていたら大変なことになります。

家を出ていった夫は給料振り込みの口座を変え、

妻が管理する口座には振り込まれなくしてくるのです。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気が発覚。

そして夫は家を出ていく。

その時、妻がまずしなければならないことは「婚姻費用の請求準備」です。

(株)アイシン探偵では
北見・紋別・網走・釧路・根室・旭川・札幌・千歳・室蘭・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  ホームページ

夫の単身赴任中に妻が浮気

単身赴任中に妻が浮気をするケースが非常に増えている。

探偵が幼いころはお父さんの転勤で子供が転校するのは普通だったと思う。

だが最近は子供が小学校に入学すると

父親が単身赴任するのが当たり前になってきた。

夫は慣れない赴任先で家族を想い、一生懸命に仕事に励む。

そして妻は浮気をしている。

例えば・・・・

夫は急に休みが取れ、妻と子供を驚かせようと黙って自宅へ帰る。

夫が静かにドアを開けて自宅へ入っていく。

なんとそこには見ず知らずの男が朝ごはんを食べていた。

妻はとにかく大声で叫ぶ・・・・

「なんで突然、帰ってくるのよ」と。

夫は状況が飲み込めず、茫然としてしまう。

このようなケースも実際に多いのです。

単身赴任、家族を想い一生懸命に働く夫。

そして夫がいないことを利用し、自宅へ浮気相手を招き入れる妻。

これでは夫はあまりに夫は悲しい。

(株)アイシン探偵では
千歳・苫小牧・室蘭・伊達・函館・札幌・帯広・北見・網走 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  ホームページ

浮気問題 DNA鑑定

下記の調査事例は類似する複数の調査を元に創作したフィクションです。

北広島市在住のAさん(32歳)から妻 B子さん(28歳)の浮気調査を依頼された。

ご夫婦には長男(4歳)、次男(2歳)の子供がいる。

奥さんは奔放な性格で常に男性の友人?と遊んでいる。

当然、Aさんは何度もB子さんに注意するのだが、

B子さんは「友達と遊びに行って何が悪いの?」と逆ギレをする。

そんな生活が5年間、続いた。

Aさんは悩んだ末に離婚を決断する。

そしてAさんはB子さんの調査を依頼された。

探偵が調査をするとやはりB子さんの浮気が確認された。

結果として3人の男性との性交渉を含む交際であった。

探偵の報告にAさんは愕然とされた。

その結果を踏まえAさんは子供たちのDNA鑑定もおこなった。

まさか・・・ まさか・・・ との不安な思いで鑑定結果を待つ。

鑑定結果が送られてきた。

書かれていた文字は「DNAデータは生物学的関係を支持しません」

つまり2人の子供の父親はAさんではなかったのです。

この結果にもAさんは戸惑ってしまった。

妻の浮気・・・

そして2人の子供は自分の子供ではない・・・

この2つの苦悩を受け入れなければならない

Aさんの苦悩は計り知れないだろう。

だがB子さんは最後まで逆ギレをしていた。

「勝手に浮気調査などして卑怯なヤツだ」

「DNA鑑定なんてインチキよ」 等など。

最終的にAさんは弁護士を立てて離婚に至った。

(株)アイシン探偵事務所では
浮気調査・家出人調査・盗聴調査・ストーカー調査 など
様々な調査を承っております。

無料電話相談 TEL011-784-2977


(株)アイシン探偵事務所 ホームページ

離婚話がでたら、浮気を疑ってみましょう

例えば突然、妻から離婚をしたいと言われる。

夫は困惑してしまう。

そして何度も話し合いを重ねるが妻の離婚の意思は固い。

妻はなぜ離婚したいのか?を切々と話す。

私とアナタは目指している場所が違うわ・・・

これ以上、アナタと一緒にいると楽しい思い出までが汚れてしまう・・・

お互いに愛しているうちに別れましょう・・・ 等など。

夫もこれ以上、妻を苦しめては可哀想だと離婚を承諾する。

そして離婚が成立し、妻は家を出ていく。

その後、夫には色々な話が入ってきた。

友人 『今まで黙っていたが、奥さんと男が

    腕をつないで歩いているのを見た』

近所の奥さん 『頻繁に男の人がクルマで迎えに来ていたわ』

友人、知人、親戚など離婚する前には変な波風を立ててもと思い、

黙っていた事実が、離婚をした途端に夫の耳に入ってきた。

夫はそこで気づいた。

妻は浮気していたんだ・・・ 俺は騙されて離婚されたんだ・・・ と。

夫に怒りと悔しさがこみ上げてくる。

だが基本的にはもうどうすることもできない

離婚後では何もかもが遅いのです。

探偵はハッキリと言います。

その離婚・・・ 騙されてはいませんか?

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・江別・岩見沢・美唄・砂川・滝川・旭川・釧路・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 北海道ホームページ